白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ソフトバンクエアーも対象 スマホセット割のギガ特盛の割引が7月1日より1522円に増大

「ギガ特盛」が7月1日から増強されていたことに今気付きました。キャンペーン価格は7月に入ってからも見ていたはずなのに(苦笑)

ギガ特盛りはソフトバンクの固定回線(SB光、SB Air)とスマホプランの両方を契約していると使える割引「おうち割 光セット(旧スマート値引き)」に1年間割引とデータ通信容量が上乗せされるキャンペーンとして5月から行われていました。

6月30日までの申し込み分だと、「通常のセット割+[1080円×1年間の割引上乗せ] or[2GB×12ヶ月付与] 」という特典内容(新規・MNPユーザー向け)だったのですが、これが7月分から「[1522円×1年間の割引上乗せ] +[2GB×12ヶ月付与]」に大幅に特典が改善されているのですね~。
d0262326_15011693.png
以前は割引かデータのどちらかだったのが、7月からは割引が増えた上にデータも貰えるのです。auのスマバリバリキャンペーンも大したものだと思いましたが、SBのギガの特盛りも確かにインパクトは強いですね。

光セット割ではスマホ側のプランによって割引額が変動しますけれど、ネット側のソフトバンクエアーは追加オプション無し(Yahoo BBの基本プランへの加入は必須)でセット割引の対象となります。エアータミナル2のレンタル契約時の月額料金は5670円(割引なしで考えると超高いですねw)ですから、標準プランを家族で2回線契約しているのなら、ソフトバンクエアーの月額料金は1年間実質無料(月額3044円×2回線)ということすら出来るでしょう。

2GBのデータ容量価値は金額にはしづらいですけど、5GBプランを契約しながら実質7GB使えると思えば月1000円分くらいの価値があるでしょう。さらに今だとネット申し込みをすればTポイントがもれなく26000円分貰えます(過去記事:ソフトバンクエアー ウェブ限定26000Tポイント還元キャンペーン開始)。

TポイントCPとギガ特割は併用出来ますので、1回線のみ1年間分の値引きだけを考えても最大【3522円×12ヶ月+26000Tポ】=68264円相当の値引きという計算です。レンタル契約ならエアーターミナルの分割代金は支払わなくても良いので、ちょっと強引に1年間分だけ使う計算をしてみると、

・初期費用3000円
・1年のSB Air料金(レンタル)5670円×12ヶ月分= 68,040円(基本料金+レンタル料金)
・違約金 9500円
・値引き額 -68,264円(Tポ26k分を含む)


合計実質12,276円負担(料金側が税別、セット割の値引きは税込み相当、ギガ特盛りも加入月からすぐ始まるわけじゃないので、本当に1年の維持費がこの金額になるわけではありません。ここでは細かい計算をする意味が無いので大雑把な目安としてのみ参考にしてくださいね)。

現状でソフトバンクの大容量系プランを使っているのなら、月額平均で+1000円くらい支払えば容量無制限の固定回線が自宅に置けるという計算になります。2回線対象があればマイナスになりますね(SBの子回線は対象にならないので注意して下さい)。ソフトバンク回線側で大容量プランの高い金額を支払っているのでやっぱり支払い金額的には格安というわけじゃないのですが、スマホ+自宅回線をソフトバンクでセットにすれば確かに1年分は割安でしょう。

7月のトレンドはMNP時の月サポでの割引増額ではなく、新規・MNPユーザーのみを対象に「ネットセットで割引増額」というわけです。「スマホの行き過ぎた割引」ではないのでOKという判断なのでしょう(´∀`)

スマバリバリもギガ特盛も1年間だけとはいえ、自宅に固定回線が必要な家族にとってかなりお得感が高いことは間違いないでしょう。SB Airはレンタル契約が出来るというメリットを活かして上記計算のように1年のみ契約(SB Air自体は2年契約なので短期解約扱いですけど。店頭で分割契約して1年解約をすると残債が4万円くらい発生するので間違っても短期解約しないように)という無茶な使い方をしても、元が取れそうなほどに。

☆「SoftBank Air


by ke-onblog | 2016-07-05 15:42 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。