白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

指紋認証が横にある最新ベゼルレススマホ Ulefone Future 約2万3000円でRAM4GB

中国メーカーのスマートフォンでは2万円前後で指紋認証センサー付きの機種も少なくありませんが、今回ピックアップする新機種 Ulefone Futureはちょっと珍しい仕様。

iPhoneは前面パネル下のホームボタンに指紋認証が内蔵され、Galaxy S7 edgeやXiaomi Mi5も同じくフロントセンサータイプです。昔だと背面にセンサーを搭載したARROWSの印象も強かったのですが、最近の主流はフロントタイプでしょう。
d0262326_08343537.jpg
一方でUlefone Future本体の右側に指紋認証機構があります。Xperia Z5シリーズや2016年夏モデルのXperia X Performance, AQUOS ZETA(Xx3, SERIE)なども本体の右側にセンサーが搭載されていますが、中華スマホではあまり見ないタイプです。

スマホのデザインはやっぱりiPhoneっぽさが全面的に押し出されているものの、センサーを横に持ってきたことで本体におけるディスプレイの専有面積が非常に広いモデルとなっています。
d0262326_08360725.jpg
ベゼルレスデザインになっており、画面のギリギリまでパネルになっています。

Ulefone Future 5.5 inch 4G Phablet

5.5インチサイズのフルHDディスプレイで、サイズは151.5×73.5×8.6mm。横幅はスリムですね~。重さは185グラム。

持ちやすさを重視したというGalaxy S7 edgeが72.6mmでしたので、それに匹敵します。同じ5.5インチで比較すればXperia Z5 Premiumは76mm、iPhone6s Plusは77.9mmです(5.5インチサイズのスマホ比較→5.5インチスマートフォンが大量発生!iPhone6s PlusからXperiaまで12モデルを比較)。

残りのスペックはそれほど目を見張るほどものはありませんけれど、2万円前半で買えるスマホとしては必要十分なレベルにあると思います。

CPUはMT6755でAntutuのベンチマークスコアは5万前後、RAM 4GB, バッテリーはソニー製で3000mAh(連続待機200時間)。メインカメラは16MP(Samsung製)、フロントが5MP。

OSはAndroid6.0、Type-C USB接続です。言語設定には日本語もあります。

SIMスロットはmicroとnanoのDual SIM, Dual Standby。デュアルアクティブではありますが、一方を4Gにすると他方は2G固定になります。

対応バンドは以下のとおり。
WCDMA: 900/2100 (band8,band1)
FDD-LTE: 800/1800/2100/2600 (band20,band3,band1,band7)
TDD-LTE: 2300 (Band40) -Ulefone Future
さて、このUlefone Futureは公式サイトには9つのオンラインショップが正規取扱店として登録されていました。各ショップの価格は以下のとおりです(2016年7月9日調べ)

Gear best 242.00ドル
CooliCool.com 239.99 ドル
HongKong BangGood 239.99ドル
geekbuying 239.99ドル
Everbuying.net Ulefone Future 5.5 inch 4G Phablet 239.99ドル
TinyDeal.com 268.55ドル 
Dealsmachine.com Ulefone Future 5.5 inch 4G Phablet 239.99ドル
TOMTOP 229.99ドル

もう一箇所ポーランドのサイトで取扱があるのですがまず文字が読めませんでした(笑)通貨も「ズウォティ」を使っていて日本円で3万円以上だったので、わざわざポーランドから輸入するメリットはなさ気です。

Fastcardtech Ulefone Future Preale - $235.99

他にも各海外サイトでの取扱がありましたが、現状ではTOMTOPが最安値でしょうか(クーポンでの更なる値引きは不可でした)。各サイトで使えるクーポンもあるのですが、相場より10ドル安いTOMTOPより安くはならないかと思われます。幾つかのサイトで試しましたが、プレセールで割引販売になっているので共通クーポン系は適用外になることが多かったです。

CooliCoolは16GBのmicroSDが無料で付いてきて、7月31日まで使える【FUTHER5】のクーポンコードを使うと5ドル引き。235ドルでSDカード付きなので若干有利ですけれど、SDカードが不要ならTOPTOMのほうが良さそうです。

現状でストック販売をしているショップもあるものの、まだ予約状態になっているショップもあります。発売日は7月9日が予定されていたようですが、一部ショップでは入荷が遅れているとのこと。Gear Bestには月曜日に大量入荷をしていて、各ショップ今週(7月11日~)に本格的な発送が始まるとの情報が公式Facebookから読み取れました。

スペック的には2万3千円という価格も中華スマホとしては標準的ですが、「5.5インチにしては細めの横幅+ベゼルレスディスプレイ+サイドフィンガープリント」という特長を持つ面白いモデルです。

by ke-onblog | 2016-07-10 09:31 | 端末輸入 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。