白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Galaxy S7 edge Injusticeの転売状況その後 au・海外モデルの価格相場

国内ではauからわずか100台のみ販売されたGalaxy S7 edge Injustice Editionは、7月4日にオンラインで予約が開始となり3分で売り切れ、転売が始まっているようです。
d0262326_23122511.png
どのあたりまでキャンセルが進んだのかのも気になるところですが(笑)、予想以上に瞬殺だったのでどのような価格帯になるのか気になっていたところでした。

本申し込みから3日以内に手続きをしないと自動キャンセルになるはずなので、もうキャンセルによる繰り上げ当選も終わっているはず(私は101番以降の順番待ちにすら入れませんでしたけど^^;)。すぐに手続きを済ませた人には商品が手元に届いており、オクには仮予約状態ではなく実機写真のついた出品も見られます。

auモデルの価格は143,640円。クーポンやポイント割引などを考慮しても、かなりの価格で手放さないと足が出そうにも思うのですが・・・。

10日時点ではヤフオクではまだ完了した出品は無いようです。でも入札は12万円は超えていますね。即決で20万円以下の出品も見られますが、そこまでの入札は入らないようです。シリアルナンバーが良い数字なら高値が付く可能性もありそうでしたが、普通のナンバーでは13-15万円くらいが相場になりそうです。

メルカリでは22,222円。

・・・さて、国内モデルはもう少し様子を見ないと状況が判然としないところですので、海外モデルの転売状況をチェックしましょう。

日本では100台のみの発売でしたが、 海外では500台・1000台という数で販売された国もあるようですね。Injustice Editionが販売された国のリストが見当たらなかったのですが、以下の国では販売されたようです。
China, Hong Kong, Indonesia, Japan, Kazakhstan, Kenya, Korea, Malaysia, Mexico, Nigeria, Russia, Saudi Arabia, Singapore, South Africa, Taiwan, Turkey, Ukraine and Vietnam -Injusutice Edtion Events Samsung
eBayを見ると、上記のリストに入っている各国のモデルが買えそうです。

☆「eBay Galaxy S7 edge Injustice Limited Edition

以前一部のモデルが20万、30万、そして140万円もの超プレミアム価格が付いているというお話もしましたけど、それはやっぱりごく一部。最近の売買履歴をチェックすると、

・在庫あり SM-G9350 117,585円, 120,785円, 113,613円, 120,551円

・7月9日 160,869円 
マレーシアモデル
・7月7日 136,647円
・7月5日 
114,183円

海外モデルの価格はやっぱり12万円前後(送料・関税は別)ですね。各国での販売価格はよく判らないのですが、これは定価割れしているものもありそうです。何十台と売っているアカウントがあるのは何故でしょうね(苦笑)

ただ、オークションをみるとほとんどのモデルが「G9350」です。このモデルはDual SIMなのですが、CPUは日本のモデルと同じSnapdragon820のはずです(関連記事: スナドラ820版より性能が高い?Exynos 8890搭載Galaxy S7 edgeが買えるショップ )。

Etorenには両方のモデルが売られており、スナドラ版が1199ドル・Exynos版が1399ドルと200ドル(約2万円)もの価格差が付けられています。

☆「Etoren Injustice Limited Edition Galaxy S7 Edge

ヤフオクでもこのG9350版の落札歴がありますね。23万円超で売れているものもありますが・・・まぁ、それで納得して買っているのならとやかく言うつもりはありません。良いシリアルナンバーだったのかもしれませんし。

Exynos8890搭載版のモデルはグローバル向け・EU向け・韓国向け・カナダ向けなどがあるはずです(韓国モデルでもスナドラ版になっている?ようです)。もしCPUの違いを重視して輸入する場合は型番に気をつけて下さい。Etorenの価格設定を見ても判る通り、絶対的な価値の差が出ます。

Exynos版のInjustice Editionは出荷数が少ない(あるいはこれから発売される国がある?)のかもしれません。

日本で売られるコラボスマホは残念なことになる機種が多いという印象がどうしても脳裏をチラつくところですけれど、販売台数を100台まで絞るとどうなるのかという事例として、今後もう少し見守りたいと思います。


by ke-onblog | 2016-07-10 23:58 | 白ロム転売法 | Comments(2)
Commented at 2016-07-11 02:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ke-onblog at 2016-07-11 09:49
> ななしさん

選挙へのお出かけが思わぬ幸運につながりましたねw 高確率で独自施策なので、あとは間に合うかどうかだけですね^^ 間に合わなくても美品1万円ならそれはそれでお得かもですが(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。