白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

下取りで貰ったdポイントも課税対象? ポイント・マイルで荒稼ぎした場合の確定申告

従来白ロム転売に関係するところではショップから貰えるキャッシュバック・商品券が大量に付与されると、ある一定額を超えたところで確定申告が必要になるという話をしたことがあります。

過去記事:MNPキャッシュバックも注意 転売MNP乞食の確定申告

日記の日付は2年前ですか~。あの頃は良かったですねぇ(´∀`)

今では効率よく回線を転がすことも困難になり、ショップからのキャッシュバックだけで確定申告が必要なレベルになる人は滅多に居ないと思われますが、最近では現金ではなくポイント制度による還元が流行です。

すでに過去のものとなりつつありますが、、ドコモで行われていた下取り祭りでもスマホの値引きではなくdポイント付与という形が取られました。

もちろん1台や2台下取りに出すくらいでは全く関係ないのですが、年間で数十、もしかしたら数百という台数を下取りできてしまったという人がいる可能性も無くはないのでしょうか。

また、dポイント以外でも現在話題の某クレジットカード会社がやっている例のマイルキャンペーンでも、かなりの額に上るポイントを稼ぐことが出来るのだとか。

下取りもポイントキャンペーンも常識の範囲内で運用している間は、普通は課税対象にはならない・確定申告の必要は無いと見られますが、荒稼ぎした人はちょっと気をつけたほうが良いのかもしれません。

携帯キャッシュバックだけではなく、現金ではないポイントやマイルも課税対象になる可能性があります(個人で一般的な使い方をしていればまず関係ありませんけど)。

参照:国税庁 企業が提供するポイントプログラムの加入者(個人)に係る所得税の課税関係について

上記の公開情報はあくまで「研究」として書かれた文書のようですが、ここではポイントを「課税されない「値引き」としてではなく、課税される経済的利益」として考えることも出来るという趣旨の項目があります。

得られたポイントは事業によって生じたものであれば「事業所得」、その他の場合は「雑所得」、そして個人によるものの大半は「一時所得」に分類されるべきものであるとなっていますね。これはまさに携帯のキャッシュバックの場合と同じです。直接現金に換金できないポイントであっても、何らかの形で経済的利益を生むものであれば所得としてみなされる可能性がある、ということのようです。

個人に付与されるポイントなんて所得として調査されないとは私も思いますし、たぶん税務署に聞きに行ってもケース・バイ・ケース、とか言われて終わりでしょう。しかし、ポイント・マイルが尋常ではない価値になっている場合は気をつけたほうがいいかも、ということですよね。私の調べた範囲では「所得として絶対に申告が必要」としているものは見つかりませんでした。

心配するべき具体的なボーダーラインは、やっぱり一時所得の特別控除上限50万円相当を超えた場合、でしょう。

ポイントを現金や品物にして換金しなければ、金銭の出金記録が残らないのでバレないような気もします。でも、ポイントを付与したサービス側はおそらく付与したポイントを経費として計上しているはずです。もしそこに異常な金額の経費計上が見つかれば、そこから芋づる式に・・・という可能性も無くはないのかなと、素人考えで思い到るところです。

実際に個人レベルでのポイント所得で脱税を指摘されたなんて話はネットで探してみても見たりません。普通はポイントを貰っても何もしなくても良いはずなのですが、キャンペーンを活用してたくさんポイントやマイルをゲットして心配な方は税務署・税理士に問い合わせてみたほうが良いのかもしれません。

とはいえポイントで100万円相当を稼いだところで、一時所得として実際に課税対象となるのは(100万円-控除50万円)×1/2 = 25万円となるはずなので、万が一悪質な脱税とされて重課税が課されたところで10数万円程度の支払いで済むはずですから、やっぱりスルーでも良いのかな~とも思います(´∀`;)  そもそも1ポイントが正確に1円、というわけでもないのでしょうから、普通の計算方法とは異なる可能性がありますね(税務調査が入った時に納得させられるだけの「合理的に説明できる価値での換算」をすべきなのでしょう)。

一時所得はポイントやキャッシュバックだけではなく、保険金の受け取りや単発での法人からの贈与なども入るので、関係しそうな方はよく勉強しておきましょう。

参考:https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

一方、事業として個人事業・法人レベルでポイントやマイルをたくさん集めた場合、おそらくそれに伴う出費もしているはずです(iPhone5を買い集めたりとか)。その場合はちゃんと使った経費を記録しておかないとある種のマネーロンダリングみたいになっちゃいますので(経費でiPhoneを買い、下取りに出して貰ったポイントを個人で使うのはさすがにNGかと思われます)、受け取ったポイントもしっかりと処理したほうが良いでしょう。


by ke-onblog | 2016-07-11 13:50 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。