白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

[クーポンあり]300ドル以下でスナドラ820 RAM4GB,3500mAhのレノボスマホ ZUK Z2

LenovoのSIMフリースマートフォン、ZUK Z2もなかなかのコスパみたいなのでXiaomi Mi5と比較しながらチェックしてみたいと思います。

ZUKシリーズには「ZUK Z2 Pro」という上位モデル(5.2インチ~RAM 6GB,ROM128GB) があるのですけれど、一般利用向けとしては一回り小さくなったZ2を選んでも十分に利便性がありそう。
d0262326_00431162.jpg
ハイエンドなZUK Z2 Proも4.5万円くらいで買えるのですが、ZUK Z2は300ドルくらいで買えます(価格・割引情報は後述します)。

ZUK Z2は5インチのフルHDディスプレイです。5インチを”コンパクト”と表現して良いのかどうかは微妙ですけど、縦141.7 × 横68.9 × 厚さ8.5 mmとファブレット機種に比べて持ちやすいサイズですね。5インチモデルとして特別コンパクトなわけではないです。

CPUはハイエンドのSnapdragon 820で、Mi5のエントリーモデル(RAM3GB, ROM 32GBのモデル)のようにクロック制御は掛けられておらず2.15GHzのクアッドコア。Antutuのベンチマークスコアは12万を超えます。

CPU,RAMがここまで高性能で3万円程度というだけならXiaomi Mi5でも変わらないのですが、ZUK Z2の長所はバッテリー容量の大きさにあります。この機種、5インチモデルながら3500mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

今夏Galaxy S7 edgeが国内では電池容量最大クラスとして3600mAhの電池を使っています。しかし、あちらはディスプレイが5.5インチでサイズ感が違います。電池容量のみに特化したモデルなら4000mAh,6000mAh,中には10000mAhという変態機種もありますが、Snapdragon 820搭載のハイエンドかつファブレットサイズではないのに電池容量が大きい、というところがユニークです。

Quick Charge 3.0にも対応しており、30分で83%まで充電出来るというのも良いですね。接続はType-C USB。

ただ、電池が大きいせいで本体重量も149gと軽量とは言いがたいレベルですかね。

Mi5の場合は5.15インチで3000mAh, 重量は129グラム。連続利用しているとバッテリーはやはりガリガリ減りますが、スタンバイ時の電池消費は小さくて保ちが良いですね~。ほとんど使わなければ10日くらいは普通に待機できます(最新のGlobal ROMに更新してから特に電池持ちが良くなった気がします)。

ZUKのカメラはメインが13Mピクセルでサムスン製、フロントも8MPで海外スマホらしいセルフィー仕様。

防水・防塵はありませんが、指紋認証はホームボタン式で搭載されています。

ZUK Z2のSIMスロットはnano SIMのデュアル。対応周波数は以下のとおりです。
Band:
FDD-LTE: Band 1, 2, 3,4,5,7,8
TDD-LTE: Band 38, 39, 40, 41
TD-SCDMA: Band 34, 39
WCDMA: Band 850, 900, 1900, 2100 MHz
CDMA2000: 800 MHz
GSM/EDGE: 850, 900, 1800, 1900 MHz
CDMA( 800MHz)-http://www.zukmobile.cc/
まずまず対応バンドも多いですね~。Dual Standbyも可能です。ただ、この機種はmicroSDカードなど外部ストレージが使えません。SIMスロットでSDカードを認識できる機種もありますが、ZUK Z2は容量は増やせないようです。

さて、では最後に価格面。Mi5も今は安くなって320ドル~くらいで買えるようになっていますけれど、ZUK Z2は定価がたぶん330ドル、クーポンを使うと300ドルを切れます。

☆「Geekbuying ZUK Z2」/ 通常価格307.99ドル

通常価格だけなら「Fastcardtech.com」が295ドルで最安なのですが、Paypalで支払うと手数料が3%掛かるので、、、まぁ、それでもほとんど最安値ではあると思われますけれど、GeekBuyingでは8月22日まで使えるクーポン【LNZUKZ2】で10ドル引きになります。
d0262326_00431171.png
これで298ドル、約3万1千円くらいですね(1ドル105円計算)。最近は一気に円安方向に戻ってしまったため、先週に比べるとちょっとお得感は減っていますがこのスペックで3万円ちょいなら、やっぱり格安です。

【追記】:さらに安く買いたい場合はアリエクを使うと、270ドルで出品されています。

☆「AliExpress.com Product - Original Lenovo ZUK Z2 Snapdragon 820 Fingerprint ID 4GB RAM FDD LTE 4G 5.0" 1920x1080P 13.0MP 3500mAh Android 6.0 Mobile Phones」/Fantacy 269.99ドル

2016年8月時点で、1ドル102円としておよそ2万7千500円まで値下がっています。

軽さ重視ならMi5をオススメしますけど、Mi5はRAM 3GB/ROM 32GBモデルでも300ドルはまだ切れないでしょう(私が以前購入したAliexpressのDreamiでも現在318ドルです。「Gear Best」の会員セールだともう少し安い)。ZUK Z2はRAM, ROM, バッテリー容量でMi5を上回りながら、価格も300ドルを切れるというのはなかなかのレベルかと思われます。

Snapdragon 820搭載機の高コスパモデルとして、Mi5, LeEco MAX2 X820, One Plus3, Zenfone3 Deluxeなどもありますが、いずれもZUK Z2よりディスプレイサイズが大きくなっています。ZUK Z2は5.0インチというサイズ感に特徴があるので、そのあたりをポイントに購入の比較検討をしてみると良さそうです。

by ke-onblog | 2016-07-15 17:28 | 端末輸入 | Comments(6)
Commented by ブラックサンダル at 2016-07-19 08:17 x
le max2に乗り換えて、幸せになりました😁最初はショップのromは怖くて使えなかったですが、自分で調べて、カスタムrom入れて、ウイルススキャン何回も掛けた。やっと幸せになりました。(
三台くらい売りましたが)俺の使い方だと特にゼン3デラックスいらないかも、どうせ高いです、、、
le max2すこい電波の感度いいです、電子レンジに入れて閉じても圏外にならないです(LTE1本、3gに関しては3本。全体表示は4本ですが)
ゼン3デラックス安くなるまで、しばらくはLEmax2だな






Commented by ブラックサンダル at 2016-07-19 08:34 x
honor6プラスが圏外の処、lemax2 Lte2本立ってます(3G圏外)
Commented by ke-onblog at 2016-07-19 12:06
> ブラックサンダルさん

おぉ~、いいですね~Le MAX2! スペック良し・価格良し・電波良しですか^^

honor6+はもともと国内向けSIMフリースマホのなかでもBand適合がイマイチなところはありましたが、やっぱり全然違うものなのですね。LeEco(LeTV)が日本に進出してくればいい線いきそうですね(笑)
Commented by ブラックサンダル at 2016-07-19 12:21 x
東名阪に関してはBAND1/3はまんべんなく飛ばしているはずですが、以前トイレと建物の奥でhonor6プラスはほとんど圏外ですが、le max2はスペックシード上は同じみたいな対応BANDです。ですがちゃんと受信できるですよ(スピードテストでちゃんとスピード出ます)。初めて、受信感度でこんなに違うの実感出来たです。
Commented by ブラックサンダル at 2016-07-19 12:38 x
受信してるBANDを調べたいだか、アプリを試しても駄目でした、ちなみにroot済みです。
Commented by ke-onblog at 2016-07-19 17:57
> ブラックサンダルさん

確かにX820は禿や庭のバンドの方が相性が良さそ・・・ゲフンゲフン(苦笑) まぁ、アンテナと本体素材の相性だけでも受信感度に違いが出ることは実際にあるそうなので(Xperia X Performanceが良い例)、使ってみないと判らない、Le MAX2の良さなのですね^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。