白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ワイモバ版Android One 507SH予約受付開始 au版AQUOS Uより安い実質108円~

日本向け初の「Android One」スマホ、507SHの発売日が7月29日に確定し、本日22日よりワイモバイルのオンラインストアで予約が始まりました。
d0262326_08152144.jpg
507SHはauから発売されているAQUOS U SHV35にそっくりなモデルで、実質価格は1~2万円になると機種発表時にも伝えられていましたが、MNPの場合はauモデルの実質負担となりました。

auでの販売価格は一括定価52,920円、スマートパス加入時の最大毎月割は新規・機種変・MNPすべて月額-1155円の、実質価格25,200円です。

一方でワイモバイル507SHの価格設定は51,948円。一括価格には差がないもののMNP時に優遇があり、月額割引適用時で1万2100円(税込みで13068円)となります。さらにSHV35にはiPhone SEのようなイチキュッパ割はありませんが、507SHはワンキュッパ割の対象になるため、月額コストにはかなりの差が出ますね~

Mプラン(3GB×2倍の6GB)へMNPした場合、通常の月割が1620円×24回+ワンキュッパ割分1080円×12回=51840円引きとなり、実質負担は108円、2年分だと月額4.5円(笑) 本体一括で購入していれば、最初の1年は6GBプランが1,598円/月~と、格安です。

507SHの月額割引は、

新規 Sプラン 540円、M/Lプラン 1080円
機種変 スマホ・PHS/旧イーモバ機種の、変更前の機種によって540円~1620円に変動
MNP Sプラン 1080円、M/Lプラン 1620円


となっています。実質108円で使うためには月額割引が1620円のパターン+ワンキュッパCP適用が必要となりますが、いずれの契約でもauプランよりは随分と安いでしょう。まぁ、auのSHV35は将来的には投げ売られそうな端末ですので半年後~来年春に期待しましょう(笑)

507SHとSHV35の違いについては下記の記事にまとめています。

☆「ワイモバイルから格安スマホAndroid One 507SH発売 AQUOS U(SHV35)と比較

スペックは大して高くもないので面白みがある端末ではありませんが、Google手動によるOSアップデートが期待でき、さらにワンセグ・防水スマホとして維持費・実質価格が安いというところは、悪くはないでしょう。

価格を考えるとSIMフリー機種+MVNOより高く、2年縛りで自由度もありませんが、お昼でも格安SIMのように大混雑することもなく、シャープ製で安心して利用できるというメリットを重視する人に向いているのでしょう。低速な格安SIM、保証・サポートが期待できない格安スマホと、3大キャリアの高額スマホ・プランの中間位置という住み分けが良く出来ていると思います。

☆「ワイモバイル Android One 507SH詳細ページ


by ke-onblog | 2016-07-22 10:31 | スマホニュース | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン