白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Xiaomi Mi5をEtorenが取扱開始 超コスパハイスペックスマホが個人でも簡単に輸入可能

先日エクスパンシスでのXiaomi Mi5の取扱についても日記を書きましたが、Etorenでも取扱が始まっていますね!海外から個人輸入をすればもっと安く手に入れることが可能ですが、お手軽に購入したい方はEtoren、Expansysで仕入れるのも良いでしょう。

過去記事:エクスパンシスでXiaomi Mi5やOne Plus3などハイエンドスマホ特集

エクスパンシスでは私も持ってるMi5 3GB/32GB(Snapdragon820 1.8GHzモデル)が42,655円~で販売されているのですが、Etorenの方が今の相場だとかなり安くなりますね。

☆「Etoren Xiaomi Mi5

価格は色によって異なるのですが、最も安いホワイトで369ドルを基準として、税込み38,807円(7/28時点)とされています。送料が別途2300円ほど掛かり、トータルコストは41300円くらいになります。

エクスパンシスでの購入コスト概算は4万6千円くらいになりますので、5千円くらいイートレンの方が有利です。アマゾンの並行輸入品を買うよりも安いでしょう。

ちなみに中華サイトを活用して買う勇気があるのなら、さらに1万円弱安く買えるでしょう。私が購入したアリエクのHK Dreamiでは今は318ドル(約3万4千円くらい)です(過去記事:AliExpressで海外のSIMフリースマホを激安で輸入する方法 )。

☆「AliExpress.com Hong Kong Dreami Xiaomi Mi5

このHong Kong Dreamiは非常に評価が高く、私も無事に購入できたのでオススメできますが、他の出品者を使うときはよく注意して下さいね。

Paypalが使える「Geekbuying」では316.85ドルなので、ここがたぶん最安値です(今はMi5に使えるクーポンはありませんでした)。

Mi5は2016年夏モデルのXperia X PerformanceやGalaxy S7 edgeと同じCPUを積み、エントリーモデルのRAM3GB版でも十分に高性能です。こんなモデルが簡単に3~4万円で買えてしまう時代が来たのですねぇ。まぁ、技適は無いので海外で使ってくださいね( ゚∀゚)アハハ

私がMi5を気に入っているところは、スペックの高さもそうなのですが、軽さ・持ち易さもポイントです。5.15インチモデルで本体は129グラムはかなり軽く感じます。背面がちょっと曲面になっており、片手での操作がしやすいんですよね。

それから、Mi5はバッテリーの持ちも良いです。連続操作をするとやっぱりそれなりに減りますが、待機させておくだけなら10日以上余裕で保ちます。最新のMIUIにしてから特に持ちが良くなったような印象があるので、古いバージョンの場合はGlobal ROMの7.5.~というところまで更新することをオススメします(Mi5向け MIUI Global Stable ROM V7.5.2.0 MAAMIDEが配信中)。

あとは・・・私はXiaomi純正のガラスフィルムとフリップケースも購入しましたが、どちらもかなりオススメです。ガラスフィルムは当然ながらサイズはぴったりで、指ざわりも硬質で高品質。操作にも全く問題ありません(関連記事: シャオミ Mi5純正ガラスフィルムを貼ってみた(Q/HDXMT0001-2015) )。アリエクで購入した時には無料のケース・フィルムもあったのですが、やはりそちらは無料なりの品質でしたので(苦笑)

エクスパンシスやEtorenでは純正アクセサリーの取扱がないみたいなので、高額な本体を中華サイトで買うのが不安という方は本体はエクスパンシスやEtorenで買っておき、まずはアクセサリーから個人輸入にチャレンジするのもありかもしれませんね。先ほど紹介したGeekbuyingには0.22mmの純正ガラスフィルムがあります(約1千円)。


by ke-onblog | 2016-07-28 09:36 | 端末輸入 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン