白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

[値引きクーポンあり]Xiaomi Redmi Pro登場 5.5インチのハイスペックモデルで約3万円

まだ発表されたばかりの新ファブレット、Redmi Proについてお勉強しましょう。

中国の大手スマホメーカー、小米科技(Xiaomi シャオミ)では国内でもミドルスペック価格の「Redmi」シリーズの並行輸入品を見かけることがあります。低価格で高品質なモデルが多く、特に最近は「Redmi Note 3 Pro」とRedmiシリーズではないですが「Mi5」が人気が高いです。このブログの読者さんにも、この2機種だけで数百人単位のユーザーさんがいらっしゃるようで(笑)

今回は発表された「Redmi Pro」はこのRedmi Note 3 Proの後継機ということですかね。ディスプレイサイズは5.5インチの大きめで、背面には縦に並んだ2つのカメラレンズがあるのが特徴的。ハイエンドとは呼べないかもしれませんが、十分に「ハイスペック」な領域のスマホでしょう。
d0262326_18033178.jpg
デュアルレンズというだけならすでにHuaweiのhonor6 Plus, 最近ではP9もありましたし、次世代のiPhoneにもデュアルレンズモデルがあるとかないとか。一方がソニー製の13メガピクセルで、他方はサムスン製の5メガピクセルのカメラユニットという、変わった仕様ですね~

その他は特別に際立った機能を備えているわけでもなさそうですが、スペックは結構高いようです。

CPUはHelio X20 MTK6797のデカコア。日本ではこのCPUを積んだ機種はたぶん無いと思いますが、中華端末シリーズだと過去に紹介したアポロがそうですね(過去記事:デカコア(10core)搭載IGZOファブレット VERNEE APOLLO LITE)。

RAMは3GBと4GBモデルがあり、Antutuのベンチスコアは10万くらいとされています。2015年冬モデル以上、2016年夏モデル未満といったパフォーマンスが期待できるでしょう。

バッテリー容量は4050mAhと5.5インチモデルにしては大きめですね~。ただ、これはNote3 Proの頃からは余り変わっていません。本体重量は174グラムと若干重め。

フロントのホームボタンは指紋認証搭載です。

OSはAndroid 6.0 MarshmallowベースのMIUI8がデフォだそうです。私はまだMIUIの7.5までしか使ったことが無いので8だとどうなるのかはちょっと良くわかりませんけれど、マシュマロならDozeモードによる節電機能が活かされているかもしれません(Mi5にはChina ROMならMIUI8もあるのかな?)。

対応バンドは以下のとおり。SIMのサイズはnanoとmircoで、スロットはmicroSDを兼ねています。
2G GSM:900/1800/1900MHz, CDMA: BC0
3G WCDMA:850/900/1900/2100MHz, TD-SCDMA: B34/39; EVDO:BC0
4G FDD-LTE:850/900/1800/2100/2600MHz, TDD-LTE: 38/39/40/41MHz
もう中華サイトでは事前予約が始まっており、クーポン情報も届いています。

☆「Geekbuying Xiaomi Redmi Pro」/3GB+32GBモデル:289.99ドル

クーポンコード【REDMIPRO】を使うと6ドル引きになります。有効期限は8月11日まで。ギークバイングはXiaomiに強いですね。今朝方書いた記事でも、Mi5が最安値クラスでした。
d0262326_18181099.png
これで284ドルですから、1ドル105円として29820円くらいです。新型なので中華スマホにしてはちょっと高いですが、国内の3万円のスマホでは太刀打ち出来ないコスパの高さはあります。現地価格は1499元=2万4千円弱でしょうか。2割位高いですが、まぁ初期在庫の輸入販売品なのでそんなところでしょう。

追記: 2016年8月24日時点で、アリエクでは2割ほど安くなって、250ドル前後が相場になりました。

☆「AliExpress.com Original Xiaomi Redmi Pro 」本体249.99ドル、フリップカバーなどを付けて260ドルくらい


ただ、コスパを求めるのなら現状ではまだRedmi Note 3の方が・・・という気もしないでもないです。スナドラ650なのでちょっと処理能力は落ちるのかもしれませんが、上記のRedmi Proの3GB/32GBモデルと同じクラスでRedmi Note 3は同じくGeekbuyingで162ドルですからね。

旧モデルが半額近い低価格なので、新型のカメラやデザイン性に魅力を感じる人でないと、ちょっと3万円でも高いと感じるかも。RAM4GBモデルはNote3には無いので、より上位のモデルを選べるようになったという新規性はあるのでしょう。

Redmi Proが悪いというわけではなく、Redmi Note 3のコスパの良さが尋常ではなく良すぎるので相手が悪いですね^^;

☆「Sale for Xiaomi Redmi Note 3 Pro 5.5 Inch FHD 3GB 32GB Smartphone

by ke-onblog | 2016-07-28 18:33 | 端末輸入 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン