白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

5.7インチになったGalaxy Note7 SM-N930FD 約9.2万円で予約販売開始

Galaxy S7 edge初登場時より若干安いでしょうか。
d0262326_11503785.jpg
つい先日発表され、8月19日に海外では発売されることが決まったサムスンのファブレットシリーズ最新作、Galaxy Note 7の事前予約転売がeBayで始まっています。

重要:2016年9月に、Galaxy Note7はバッテリーの不具合によるサムスン電子によってリコール対象となりました。問題解決前に製造された製品の利用は非常に危険ですので、販売再開まで購入を見合わせることを推奨します】

複数の出品者からプレオーダー状態で販売されており、安いところでは約910ドル=日本円でおよそ92000円で受けているセラーがいますね。過去24時間で20台以上が売れているようです。

☆「eBay  Samsung Galaxy Note 7 SM-N930FD Duos」/ JPY 91,879

って、これ昨日Xperia XAの安売りをしていたショップをチェックしたときに出てきた商品と同じですね。昨日より5000円以上値下げされてます(笑)

他の出品者では9万円半ば~12万円くらいまでプレミアム価格をつけているセラーも見られます。

Galaxy Note7ではモデルによって対応周波数に違いがあります。GSM Arenaによれば、以下のように地域ごとに細かい型番があるようですね。
N930F (Europe); N930G (India); N930V (Verizon); N930A (AT&T); N930P (Sprint); N930T (T-Mobile), N930R4 (US Cellular); N930W8 (North America)
eBayで出品されているのはN930FDとなっています。これはグローバル向けモデルのデュアルSIM版のはずです。このモデルはLTEの対応バンドも豊富です。
LTE 2100 (B1), 700 (B17), 850 (B5), 1700/2100 (B4), 1800 (B3), 2600 (B7), 1900 (B2), 800 (B18), 900 (B8), 800 (B20), 700 (B12), 800 (B26), 800 (B19)
また、Galaxy S7 edgeの時もそうでしたけれど、Note 7にもCPUにSnapdragon 820を使っているものと、Exynos 8890を搭載したモデルがあるようです。アメリカ向けはスナドラですが、N-930FDはExynos。S7 edgeの時にはExynosの方が発熱・バッテリーの持ちも良いと言われていましたので、輸入するなら930FDが良いでしょう。

性能としてはGalaxy S7 edgeから大きく進化しているという感じはありませんが、5.5インチから5.7インチへサイズアップし、それでいて重さが169グラムというのは軽いですね~。同じ5.7インチのNexus6Pが178グラムです。

Noteシリーズでは初となる防水・防塵対応なので、Sペンを使ってより快適に、どんな場所でも活躍する最強クラスの一台になりそうですね。

今Galaxy S7 edgeがおよそ6万円後半くらいが相場(海外から輸入した場合)なので、あとはこの価格差をS7 edgeとNoteの違いに見いだせるかどうかというところでしょうか(´∀`)

☆「eBay Samsung Galaxy S7 Edge SM-G935FD」Exynos版、619.88ドル(新品即決、送料無料)


by ke-onblog | 2016-08-04 12:09 | ebay | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。