白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Mi Band2を1週間使ってみての感想 目覚まし付き腕時計としては重宝

スマートウォッチ・・・という分類では無いのかもしれませんけれど、私にとって初めてのウェアラブルなデバイスとなったXiaomi Mi Band2を輸入して早1週間。バッテリーの減り具合・センサー類の精度なども大体把握出来ましたので、感想をまとめて書いてみたいと思います。
d0262326_00001453.jpg
Mi Band2は「健康管理用フィットネスデバイス(活量計)」+「デジタル時計」の機能を持ったアイテムで、中国から輸入すれば4000円ほどで購入が可能な低価格なモデルです。機能としてはドコモが発売しているムーヴバンド3と似ています。

時計表示・歩数計・心拍数測定、スマホと連携して電話やメールの受信通知・アラーム通知、測定したデータのグラフ化(Mi Fitアプリ、その他サードパーティ製のアプリもあり)して、健康管理をするというものです。

ムーヴバンドは定価15000円ほどですので、その1/3の価格でほとんど同じことが出来ます。

☆「Gearbest Xiaomi Mi band2

ちょっとデザインは野暮ったいのですが、防水性能あり・バンド込みでおよそ15グラムという軽量さは一日中身につけ続けるためには必要ですね。私はお出かけ用にメタルベルトを今中国から取り寄せ中なのですが、少なくとも睡眠時はオリジナルのシリコンバンドが良いでしょう。

ピタっと肌に密着させて使う必要があるので、夏場に汗をかいてもシリコンバンドだと手軽に水洗い出来るのは楽でいいです。

時計表示が出来るディスプレイは常時点灯ではなく、本体にあるタッチセンサーに触れるか、腕を傾けることによって点灯させることが出来ます。慣れればこれも便利なもので、デジタルパネルで真夜中に目が覚めた時や屋外で全く明かりがない場所でもすぐに時間が見られるのは気に入りました。秒単位での時間確認は出来ないのですが、秒単位で時間が気になることなんてまずありませんし。

時間はスマホと連携させるときに同期するのか、そういえば初期設定で時間設定をした記憶がありません。電波時計と比べて1秒の狂いもなくアラーム振動が動作するのはチェック済みなので、時計としての精度はバッチリです。

2日ほどスマホと同期させてメール受信と通話の通知を使ってみましたが、ぶっちゃけ、わたしはこの機能は要らないですね(´∀`) スポーツ・運動中にスマホをカバンやポーチに入れたまま、バンドだけで通知を知ることができるというのは確かに便利なのかもしれませんが、日常生活では普通にスマホの着信音・バイブだけで困ることはありませんし。むしろスマホとバンドの両方が振動して鬱陶しかったので、通知機能は今は使っていません。

Mi band本体にはタッチセンサー1つしか付いておらず、全て設定はスマートフォンのアプリ経由で行います。アプリを使うと各種アラームを記録させることが出来るので、私はもっぱら目覚まし腕時計として使うことになりました。普通のアラームならスマホでも十分ですが、手元でバイブが動作するとドキッとして目が覚めます(笑)

バッテリーの持ちは非常に良いです。ムーブバンド3が約5日連続利用時間であるのに比べて、Mi band2は20日くらい行けます。1週間、毎日同じ時間に電池残量をチェックした結果は以下のとおりです。

0h 100%
24h 100%
48h 89%
72h 84%
96h 81%
120h 76%
144h 73%

最初の24時間では全く表示が減りませんでしたが、144時間=まる1週間の利用でまだ7割も残っています。通知機能を後半から使わなくなったので利用頻度としては少ない方だと思いますが、およそ3週間に1回充電すれば十分ですね。
d0262326_00372965.jpg
充電にはUSB経由で給電出来るのですが、端子が特殊なため一旦バンドから外さないと充電出来ません。普通にmicro USBあたりで充電出来ると更にラクなのですが、20日に1回なら許容範囲でしょうか。長期出張でもない限り、専用充電ケーブルを持ち歩く必要は無いでしょう。

歩数計機能・心拍数測定機能はなかなか優秀です。その場で足踏みをしてカウントすれば、誤差は1-2%で正しく測定します。ただし、測定原理は振動を感知したものなので、歩いた歩数ではなく「振動した回数」になるので、わざと腕を振らないように歩いたり、立ち止まって腕を振り回すと誤差が増えるので注意です。

睡眠時間測定では、浅い睡眠・深い睡眠を自動で判定してアプリで表示する事が出来ます。個人的には睡眠時間を記録することに意味を見いだせないのですが・・・ストイックに生活を管理したい人には何か役に立つのかな?寝る時間をどれだけ正確に把握出来ても、忙しくて寝る時間が無ければ意味が無いです。

心拍数を測定するのも、数値が見られるのが最初は面白かったのですが、だから何?と言う感じです(´∀`;) 効率的に運動するには一定の心拍数になるように調整すると良いらしいと聞いたことはあるので、もっとちゃんと運動量管理をしたい人には便利なのかもしれません。


1週間Miband2を使ってみて、オフィスで仕事をしているだけの日常にはそもそもフィットネスバンドは要らないな~と気づいただけでした。ただ、それでもMiband2は日常生活中でも最低限時計として使えるため、身につけていて困ることはありません。

スマートウォッチならばその機能を活用し、スマートウォッチじゃないと出来ない使い方に価値を見いだせない人はきっとすぐに使わなくなってしまうでしょう。毎日充電しないと使えない時計なんて欠陥品です。

今後日常的にMiband2を使い続けたいかどうかと言われれば「NO」です。でも、運動やトレーニングをしたい時には装着して運動量を把握するのに役立てたいな、と思えるくらいにはフィットネスデバイスの良さが判ったような気もします。

この手の商品は、デバイスに特に問題がなければあとは連携させるアプリの使い勝手がモノを言うのでしょう。Xiaomiの公式アプリ「Mi Fit」ではちょっとトラブルもありましたが(過去記事:専用アプリ Mi Fitがバッテリーを消費しまくる)、それ以外は特に問題なく動いています。健康管理機能を求めていないので、表示機能の良さはイマイチ把握できていないですが、運動や睡眠のログを取るだけなら、特に問題無さそうです。

もっとしっかりとバンドを使っている方には「Tools & Mi Band」というアプリが評判だそうですので、純正アプリで物足りない機能がある方は使ってみるのも良いかもしれません。私は・・・特に健康管理にもアプリ通知にも興味がないので、もう良いかな(苦笑)

以上、私は特にフィットネスデバイスに価値を見い出せなかったので利用頻度は今後減りそうですが、Miband2は低価格ながら動作・機能は一通り問題なく、他社の同類製品に比べても遜色なく使えるのではないかと思われます。何と言っても価格が安いので、健康管理デバイスにちょっとだけ興味がある、という方のお試し用には丁度いいアイテムだと思います。もし活量計としての利用をしなくなっても、目覚まし時計として活躍します(笑)

Xiaomi Mi Band 2 最新 OLEDディスプレイ タッチ操作 スマート心拍計 フィットネストラッカー 軽量 IP67防水防塵 活動量計 歩数計 睡眠計 Bluetooth4.0ワイヤレススポーツブレスレット連続動作20日間 Android4.4/IOS7.0対応 アプリ[並行輸入品]

新品価格
¥4,999から
(2016/8/7 01:09時点)


by ke-onblog | 2016-08-07 07:44 | 端末輸入 | Comments(12)
Commented by あぁぁぁぁ at 2016-08-07 09:08 x
通知機能はLINEやメール通知はほぼ100%振動なりますか?
Commented by ke-onblog at 2016-08-07 10:12
Bluetoothが届く範囲にあれば100%動作しています
Commented by あぁぁぁぁ at 2016-08-07 12:56 x
初回で通知が着たとき、振動は1回のみですか?
Commented by ke-onblog at 2016-08-07 17:20
> あぁぁぁぁさん

プッシュ通知=通知なので、複数回は振動しませんね
Commented by もっこりきんにくん at 2016-08-07 18:24 x
中国輸入ってどこから安く買えますか
心拍数正しいですか
Commented by ke-onblog at 2016-08-07 18:30
>もっこりきんにくんさん

上記Gearbestで、今ちょうどセールになっていて34.6ドルで買えます(数量限定)。心拍数は正しいです。
Commented by むぎ at 2016-08-16 11:47 x
はじめまして、この商品をお持ちの方に聞きたい事があるのですが、スマートアラーム機能は搭載してましたか?
設定した時間の30分前位から起きやすいタイミングでアラームが作動する機能のようなんですが。
Commented by ke-onblog at 2016-08-16 15:12
>むぎさん、はじめまして~

レム睡眠やノンレム睡眠の状況を判断してアラームが鳴る、というような機能ですよね?残念ながらMi Fit(公式アプリ)にはそのようなアラーム設定は無いようです。スヌーズ機能(アラーム操作時にタッチ解除をしないと、また振動する)はあります。
Commented by ke-onblog at 2016-08-16 15:15
>むぎさんへ追記

公式のMi Fitアプリでは出来ないのですが、サードパーティ製のアプリ「Tools & Mi Band」を使うとスマートアラームが出来るそうです!
Commented by むぎ at 2016-08-16 17:40 x
ありがとございます!!
Commented by 通りすがり at 2016-11-03 17:43 x
先日これを買ったのですが、腕を傾けても時間が表示されず、どうやったら設定できるのか全くわからない状況です。よろしかったらお助けください
Commented by ke-onblog at 2016-11-03 17:54
> 通りすがりさん

傾き感知によるディスプレイ点灯は公式アプリのMi Fitから設定できるはずです。

Bandとスマホを連携させた状態で、アプリのトップ画面右下にある「Profile」のアイコンをタップし、「My Devices」に表示されているBandを選びます→表示されたメニューに「Lift wrist to browse info」というのがありますので、これにチェックを入れるとすぐに設定が変更され、使えるようになると思いますので試してみて下さい^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン