白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

6万円台まで値下がり Exynos8890版Galaxy S7 edge(SM-G935F)の輸入価格相場

2ヶ月前に日記で海外モデルのGalaxy S7 edgeのCPUでSnapdragon820とExynos8890搭載モデルの違いについて書いたことがあります。あれから為替相場の変動と発売からの時間経過によりS7 edgeが割安になってきているみたなので、2016年8月時点で輸入できるショップ価格をチェックしてみましょう。

過去記事:スナドラ820版より性能が高い?Exynos 8890搭載Galaxy S7 edgeが買えるショップ

Exynos 8890が買えるショップは国内でもいくつかあります。まずはお手軽なところから。

☆「イオシス Samsung Galaxy S7 edge Dual SIM SM-G935FD」/ 86,800円(税込み)

かなり早期から仕入れをしていたイオシスも2ヶ月前に比べて13000円ほど値下がりしています。日本未発売のシルバーもありますし、Snapdragon搭載版のG9350も取り扱われています。オンラインではどの在庫でも注文できますし、店頭にも一部置かれているためすぐに入手したい場合はイオシスが一番お手軽でしょう。

(SIMフリー) Samsung サムスン Galaxy S7 Edge Dual G935 (Dual デュアル SIM) (並行輸入品) (32GB, ブラック)

新品価格
¥75,000から
(2016/8/12 02:10時点)

アマゾンでもグッと値下がりが進みました。マーケットプライスでは出品者によって仕入れ地域が違う可能性があるのでよく注意して仕様を確認してください。特に並行輸入として注文を受けてから海外から発送するタイプの業者だと届くまでに1ヶ月くらい掛かったりしますので。

☆「Amazon.com Galaxy S7 edge

アメリカのアマゾンでは、USモデルとグローバル(Asia,EU)の在庫が入り混じっています。USモデルはスナドラ版なのでご注意。日本へ直送できる在庫は見当たりませんが、価格は636ドル=およそ6万5千円まで下がっていますね~。転送業者のコストが発生すると単品での輸入はちょっと割高になってしまう可能性もありますが、現地で買うならかなり安いです。

☆「eBay New Samsung Galaxy S7 Edge SM-G935FD Duos」/619.88ドル

こちらのeBayの出品も、2ヶ月前に紹介したショップがそのまま今も新品即決では最安ですかね。前回調査時は670ドル→620ドルまで下がりました。これで6万3千円ほどです。

☆「eBay Samsung Galaxy S7 Edge SM-G935F」/ 569.99ドル

もう一つ別のアメリカでのトップセラーで、570ドルという超特価での出品もあります。日本へ輸入する場合は送料が25.81ドル+Import chargesが34.16ドル=合計で630ドルくらいになってしまうので上のセラーの方が多分安くなります。配送地域によってはこちらのほうが安いケースも・・・あるかもしれません。

☆「Etoren Samsung Galaxy S7 Edge Dual SIM G935FD」/682ドル

イートレンにもSnapdragon版とExynos版の両方があり、日本円で税込み69,196円です。送料は別途2300円弱掛かるため、トータルで71500円くらいで買えるはずです(支払いはドル建てなので、支払い確定時の為替相場によって変動します)。

ちなみにイートレンとよく並びで紹介しているExpansysにはスナドラ版のSM-G9350しかないので、Exynos版が欲しい方は間違えて注文しないよう気をつけて下さい。


海外サイトを使って輸入する場合、本体が600ドル前後=6万円くらいであれば関税はおよそ関税はプラス3000円くらいになるはずです。

また、値下がりしたとはいえGalaxy S7 edgeはまだまだ高級品なので、保証も気になるところだと思います。ショップごと・出品者ごとに異なりますので購入前によくチェックをする必要があります。

例えばイオシスは未使用品なら6ヶ月保証・イートレンは1年のショップ保証、上で紹介したeBayの出品では1つ目のセラーがメーカー1年保証、2つ目のセラーは30日のショップ返金・交換保証などが商品説明に書かれています。価格と安全度をチェックして信頼のできる相手から購入できるように頑張りましょう。6万円台半ばでは個人輸入転売をしても利益はもう殆ど無さそうですけども^^;


日本でのGalaxy S7 edgeの発売日は5月19日でした。過去記事でチェックしたのは発売から2週間経った時点でしたので、そこから2ヶ月で1割~2割くらい安くなったと言えます。次々と新しく、高性能なモデルが登場しているので値下がりのペースは今後もこんな感じになるのでしょう。

GalaxyシリーズではもうすぐGalaxy Note7が出ますけれど、そちらはまだ9万円ほどでの事前予約が行われています。同じように進めば10月~11月くらいにはNote 7もリーズナブルな価格で買えるようになるかもですね。

海外モデルをいち早く試したい人、安くなってから買いたい人はこうした「値下がりのペース」を念頭に置いて、いつ手に入れたいのかを計画しながら売買をしてみると良いかと思います。並行輸入転売なら1ヶ月後は遅すぎますし、自分用にするなら発売から2-3ヶ月経ってからのほうが端末の評判を確認する時間と節約の面で有利です。


by ke-onblog | 2016-08-12 07:33 | 端末輸入 | Comments(2)
Commented by にぱいあーる at 2016-08-13 09:24 x
最近は端末は現地購入してます。台湾か香港です。
現地購入価格はだいたいネット最安値と同じくらい。送料分得な感じです。
それでも中華端末が国際展開してる場合は、中華ネット最安値近くで純正国際ROM版が手に入りますから。
先日は台湾でMi MAXとZenfone3買ってきました。安いからとつい2台もw
(実際年末に香港でNote5を7万円超で買ってますし、それとくらべると2台でも安い!)
2-3日の観光旅行を兼ねて、今回は何を買うか、というのが最近の楽しみです。
Commented by ke-onblog at 2016-08-13 13:57
> にぱいあーるさん

うわ~、羨ましいです!観光ついでに安くスマートフォンを仕入れるって理想的ですね~(´∀`) 

海外通販も慣れてしまえば失敗は減るかもしれませんが、やっぱり無事届くかどうか・本物が届くかどうかという不安がつきまとい、安いとはいえ数百ドルのモバイル端末を買うのは今だに勇気を出さないと買えません^^;  実物を現地でみて、質感や動作も確認してから買えるのが一番ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン