白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

GeekbuyingでLeEcoのオリンピックセール Le2 X620が155ドルなど

リオ五輪が盛り上がっていますが、中華サイトではそれに便乗したセールが多数見られます。そのうちの一つ、Geekbuyingでは中国のLeEco(LeTV)シリーズの特設セールをやっており、なかなか安いです。LeEcoのスマホはアリエクが多くのモデルで最安値を記録しますが、それに近い・あるいは一部モデルはアリエクよりも安そうな在庫もありますよ~
d0262326_15130727.jpg
LeEcoの端末は見た目がよく似たモデルでいずれもファブレットサイズです。複数のバリエーション・新旧モデルがあるので用途とコストに合わせて選べますね。詳しいセール内容を紹介する前に、各モデルの特徴を軽く頭に入れておくと良いと思いますのでピックアップしてみましょう。

・Le1 X600 5.5インチ Helio X10 RAM 2/3GB 120-130ドルくらい
・Le1s X500 5.5インチ Helio X10 RAM 3GB 150ドルくらい
・Le1 Pro X800 5.5インチ スナドラ810 RAM 4GB 190ドルくらい
・Le2 X620 5.5インチ Helio X20 RAM 2/3GB 150-180ドルくらい
・Le2 X520 5.5インチ スナドラ 652 RAM 3GB 180-200ドルくらい
・Le2 Pro X620 5.5インチ Helio X20 RAM 2/3/4GB 150-250ドルくらい
・Le MAX X920 6.3インチ スナドラ810 RAM 4GB 260ドルくらい
・Le MAX 2 X820 5.7インチ スナドラ820 RAM 4/6GB 260-400ドルくらい

それぞれにストレージ容量違い、Le2 X620にはHelio X25を搭載した上位モデルもあるようです。

MediaTek Helio X10は海外で発売されているXperia XA, XA Ultraなどに搭載されているものと同じです。Antutuベンチなら5~6万くらいのスコアが出るそうなので、2014年モデルのスマホくらいの能力でしょうか。

MediaTek Helio X20, X25はX10の上位モデルでAntutuスコアは8万~9万くらいまでアップし、2015年夏モデルのスナドラ810クラスです。そしてLe MAX2 X820に搭載されているSnapdragon 820は2016年夏モデルのハイエンド機種と同等で、Antutuベンチなら12-14万くらいのスコアを叩き出します。

いずれのモデルも圧倒的なコストパフォーマンスを持つスマホですが、今買うのならやはり新しい「2」がついたシリーズですかね。

Geekbuyingのセールで最安値クラスになっているモデルは以下のようになっています。

・Le 2 Pro (4GB/32GB) 218.99ドル
・Le MAX2 (6GB/64GB) 389.99ドル
・Le 2 (3GB/16GB) 154.99ドル
・Le 2 (3GB/32GB) 185.99ドル

Le MAX2の4GB/32GBモデルはアリエクスプレスの方がかなり安いです。

☆「AliExpress.com Original Letv Le Max 2 4G LTE Mobile Phone Snapdragon820 Quad Core 2.15 GHz 5.7" 2560x1440 4/6GB RAM 32/64GB ROM 21.0MP Touch ID」/ 260.77ドル

アリエクではこの価格でガラスフィルム付き。Geekbuyingではセールでも275ドル。

アリエクと比べてしまうと普通のサイトでは勝ち目が無いところですけれど(苦笑)、例えば186ドルのLe2 X620 3GB/32GBモデルは国内のアマ○ンでは2万円後半で並行輸入品が出品されています。自分で海外から購入すれば2~3割くらいは安く買えるはずです。

セール期間はオリンピックに合わせて8月20日までとなっていますので、お試しレベルの1万円台のモデルからハイエンド中のハイエンドモデルまでコスパをチェックしてみると、中華スマホと日本のスマホに隔たりがあるのかよく解るでしょう(´∀`)

☆「Geekbuying LeEco Deals

by ke-onblog | 2016-08-14 22:20 | 端末輸入 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。