白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

[夏休み企画] ゲオジャンクを探しに全国行脚しよう!(東京編)

当ブログ経由でマイネオの紹介キャンペーンURLを使って頂いたギフト券を倍返しでレビューや企画を行うと言いつつ、ここしばらく何も出来なかったのですっかり忘れ去られていそうですけれども、夏休みでようやくまとめる時間が出来ました(´∀`)

企画についてのアンケート結果で、「全国ゲオモバイル行脚の旅に出る」という項目に意外と多くの投票を頂いていたので、とりあえず行けるところから行ってきました。

最初に軽く「ゲオモバイル」および「ゲオジャンク」について解説しておくと、2014-15年くらいからゲオの店舗のなかでも専門的に携帯・スマホ・タブレットの販売を行う「ゲオモバイル○○店」と店舗が全国各地に次々と出店されています。

なお、「ゲオモバイル」ではなく通常の「ゲオ」店舗の中にも携帯販売・格安SIMの取扱を併用しているショップも多数あります。

携帯関連の業務を取り扱っているショップのリストは公式サイトにもあります → http://geo-mobile.jp/storelist/kanto/


「ゲオジャンク」とは、ゲオで販売される「わけあり品」のジャンク扱いで安売りされている端末を指す俗称です。お店で「ゲオジャンクください」と言っても通じないかもしれないのでご注意下さい(笑)

ジャンクの理由はさまざまで、製品の欠落がある場合やネットワーク利用制限が掛かったためにWi-Fi専用端末として販売されるものなどがあります。店舗によりますが、ジャンク品はワゴンセールとして雑多に配置されて売られる低価格なものと、ショーケースに入れられていることもあります。

ゲオジャンク品の価格はピンキリです。通常では考えられないくらい格安の掘り出し物もあれば、何考えて値段つけてるの?というくらい割高な在庫が置かれているショップもあるので、ゲオジャンク狩りは商品をみて瞬時に価格相場を判断する目利き能力が求められます(多くの場合、値札には機種の型番や名称は書かれていない)。そして掘り出し物はすぐに売れてしまい、入荷のタイミングを事前に知ることも出来ませんので、やや上級者向けのハンティングとなります。

ちなみにお店によってはジャンク品もその場で動作確認を出来るところもありますので、「電源が入らない・操作が出来ない」というレベルのジャンク品を掴まされる心配は少ないです。

さて、前置きはこれくらいにして、訪れたショップを紹介していきましょう(*私が行った日にはロクな在庫がなかったので、購入はしていません(´∀`;))。
d0262326_00334845.jpg
まずは最も東京駅から近い店舗、 ゲオモバイルアキバ店(営業時間AM10:00-PM10:00)です。JR秋葉原駅から100mも離れておらず、周囲にはたくさんの携帯ショップがあります。

1階が携帯の買取、格安SIMの契約カウンターになっています。2階にiPhoneとiPad、3-4階はAndroid、5階にタブレットとガラケーという具合に、フロアごとにカテゴリーが分かれているので探しやすいですね。

d0262326_00412316.jpg
いきなりゲオ以外の話になりますが、ゲオモバイルアキバ店から西に進み、万世橋から続く大通りを北に向かって200mくらい歩くとイオシス中央通り店があります。ここもスマホやパソコンの中古在庫が豊富です。

さらにイオシスの系列店であるビートオンも中央通から少し東に入ったところにあり、ここにも白ロム・SIMフリースマホが置いてあります(価格はイオシス準拠?なのか、同じ機種が同じ価格で売られているのがあったようです)。
d0262326_05050755.jpg
もっと大手で白ロムを買いたいのなら、ソフマップの秋葉原モバイル館がゲオモバイルとイオシスの中間くらいの位置にあります。
d0262326_05072580.jpg
ミクスペリアがいっぱいありますねw 価格はともかく、やっぱり在庫数はソフマップは多いですね~。

他にも徒歩圏内にエコモバイルAKIBAラジオ会館店があったのですが、2016年8月7日に閉店しました・・・
d0262326_00445816.jpg
東京にはエコモバイル新宿店もあります(営業時間 11:15-20:00)。スマホはイマイチ安いものがありませんでしたが、ガラケーが結構たくさんあったような気がします。
d0262326_00452668.jpg
続いて掘り出し物が多いという、ゲオ池袋北口店(営業時間10:00-25:00)です。その名の通り山手線の北口(路線からみて西側)からすぐ近くです。auショップも隣接していますね。
d0262326_00550477.jpg
d0262326_00590500.jpg
入り口周辺にはやたらと自動販売機があります(笑)

訪問時にはジャンク品はショーケース入りのわけあり品、ワゴンセールの両方がありましたが、、、
d0262326_01003026.jpg
まぁ、売れ残り品ばかりでした^^; 写真左上に写っているのはauのFJL22だと思いますが、ノジマなら美品の通常中古品が1万円くらいです(関連記事:mineoで使えるau ARROWS Z FJL22 ノジマの中古白ロムで激安購入)。

池袋駅の反対側にはビックカメラ池袋本店。そこからさらに東に行くとブックオフの池袋サンシャイン60通り店があり、そこにも中古携帯・スマホが結構いっぱいあります。
d0262326_01060633.jpg
携帯コーナーは2階です。
d0262326_01070065.jpg
HTL22が4980円(7980円から?3000円引きだったと思います)というのがちょっと気になりましたけど、使いみちがないのでスルーしました(´∀`)

どんどん行きましょう。池袋から南に下ります。
d0262326_01101413.jpg
ゲオモバイル渋谷センター街店(営業時間11:00-21:00)はSHIBUYA109のちょっと北側にあります。
d0262326_01121107.jpg
商品は1階と地下1階にあり、ここもワゴン・ショーケースにジャンク品あり。

ゲオ(およびゲオモバイル)は店舗ごとに結構営業時間がバラバラです。先ほど「入荷のタイミングは不明」と書きましたが、ネットを見ていると木曜・金曜日に入荷することが多い傾向があるようです。

ゲオジャンクはあくまで「ジャンク」ですので、その意味をしっかりと理解した上で購入・使用用途を考えなければなりませんが、掘り出し物は本当に安いです。中には何故ジャンク扱いになっているのかよく判らないほど状態の良いものまで混じっていることがあるので、宝物探し気分でお出かけするのが良いでしょう。

次回後編に続く

ゲオのスマートフォン買取サイト「Smarket(スマーケット)」

by ke-onblog | 2016-08-18 06:04 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン