白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ふるさと納税返礼品率50% 外食が出来る有効期限無しのふるなびグルメポイント

ふるさと納税、奥が深いですね~。つぎつぎとお得な返礼品やサービスが出てきます。

ふるさと納税について過去にブログで何度かiPadやノートパソコン、カメラなどのデジタル商品をピックアップしてお得どころを紹介したことがありますが、また新しい返礼品のシステムが追加されています。
d0262326_10383820.jpg
ふるさと納税と言えば普通は指定した納税地の特産品が「素材」で貰えることが多いですけれど、高級な食材を貰っても自分で料理するスキルが無い・時間がないという人向けに、高級食材を扱う有名店の食事の料金に納税額の半額相当が使えてしまうという、「ふるなびグルメポイント」という制度が2016年8月から始まっています。

運営は以前紹介した焼津市のiPadのふるさと納税が出来る「ふるさと納税サイト「ふるなび」」と同じです。

システムとしては、ふるなびのサイトから任意の金額のふるさと納税をクレジットカードで払い込むことにより、その半額分に相当する「グルメポイント」というのが付与されます。

グルメポイントは1pt=1円として、提携した東京・大阪・名古屋になる老舗の松阪牛取扱店のディナーコース等に使える、というもの。要は返礼品還元率50%で、松阪牛のステーキやしゃぶしゃぶが食べられるということです。

納税額の50%を超える価値がある商品は他にも少なくはありませんが、このグルメポイントのキーポイントは使えるお店のエリアが固定されていないこと」と「有効期限が無いことでしょう。これって結構斬新です。

先ほど書いたように普通はふるさと納税で貰える商品は素材がそのまま送られてくることが多いので、料理が出来ない方が高級食材を最高の状態で味わえるというのは良いでしょう。

それだけならば他県でも「お食事券」や「地域のお店で使える商品券」みたいなものはあったはずですし、50%の還元率自体は低くないものの、特筆するほど新しい返礼品ではないでしょう。

でも、グルメポイントでは提携店はそれほど多くはないものの、東京・大阪・名古屋の3大都市のどこでも予約が出来てしまいます。納税先は「三重県明和町」になるのですが、その見返りを他都道府県で使えるというのはなんだか不思議な感じですね~(食材を提供しているという繋がりなのでしょうけれど)。

ちなみに提携店でのポイントを使ったコースの一例としては「東京の銀座しゃぶ通 好の笹 日本橋店:松阪牛・黒豚・合鴨 3種肉のしゃぶしゃぶコース6000円~」というようなものがあります。

三重県明和町の普通のふるさと納税返礼品だと3万円で松阪牛希少部位のステーキセットを選べるのですが、3万円分の寄附で15000円分のコース料理(しゃぶしゃぶなら2人分。3人で15000ポイント+3000円の現金追加払いなども可能)を選択したほうが便利だと考えることも出来るでしょう。

そして、もう一つの特徴「ポイントの有効期限無し」です。これはつまり、今すぐには欲しい返礼品が見つからない場合や、なにか特別な日に美味しい料理でも食べに行こうかな~と具体的な予定が立っていない人が税金をポイントに変換しておくのに非常に便利になります。

☆「ふるさと納税の控除シミュレーションはこちら

もちろんポイントは「グルメポイント」なのでその先の換金率・汎用性が高いというわけではないのですが、ふるさと納税の返礼品はそもそも降って湧いたようなボーナスみたいな性質がありますし、貰いたいものを貰った後にまだ余剰の控除額枠があるな~という方は、よく計算してグルメポイントに変えておけば無駄なくふるさと納税のメリットが享受できるでしょう。


by ke-onblog | 2016-08-21 13:38 | キャンペーン情報(携帯以外) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン