白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Zenfone3の日本販売価格予想用 海外の価格データまとめ

日本でも9月28日に登場することがほぼ確定となったASUS ZenFone3。ZenFoneシリーズは複数のモデルが1~2ヶ月に1種類くらい出て続けているような印象すらあるものの、「ZenFone2」からの本格的な新モデルの投入は1年半振りとなるため、期待が高まるところです。

国内でZenFone2が発売されたのが昨年5月16日であり、当時はRAM容量4GBで低価格な「モンスタースペック」機種として話題にもなりましたが、MVNOの市場拡大と他社の低価格SIMフリーモデルの後追いにより、ZenFoneのライバル機種も今は豊富にあります。

昨今の格安スマホ市場は「コスパ戦国時代」とでも言うべきほどに、1~2年前の感覚では信じられないほどに高性能・多機能なスマートフォンが安く買えるようになっています。このような状態で、ASUSのZenFone3がどのような価格設定をしてくるのかというのはZenfone3を購入検討している方は誰もが気になるところですよね。

9月28日以降になれば正式な国内価格の案内があるはずですが、海外ではもう各種ZenFone3シリーズは販売済みなので「現地の定価」は判っています。ここからおよその日本販売価格を予想することも出来るはずなので、今回は台湾のASUS公式サイトから各モデルの販売価格をピックアップしてきたものを整理しておきたいと思います。

各モデルのスペック・対応LTEバンドについては「ASUS ZenFoneシリーズ 機種スペック・価格一覧」に表にまとめておきました。

ZenFone3 5.2インチ (ZE520KL) 3GB/32GB : NT$7,990=約26,207円
ZenFone3 5.2インチ (ZE520KL) 4GB/64GB : NT$9,490=約31,127円

ZenFone3 5.5インチ (ZE552KL) 4GB/64GB : NT$9,990=約32,767円

ZenFone 3 Deluxe 5.7インチ (ZS570KL) 4GB/32GB:NT$15,990=約52,447円
ZenFone 3 Deluxe 5.7インチ (ZS570KL) 6GB/64GB:NT$17,990=約59,007円

ZenFone3 Ultra 6.8インチ(ZU680TL) 4GB/64GB:NT$17,990=約59,007円


*1台湾ドル=3.28円で計算しています(公式サイト http://store.asus.com/tw/category/A22572)。

今台湾で価格が出ているZenFone3シリーズは以上です。台湾の価格をそのまま今の為替相場で買えるのならリーズナブルで嬉しいのですが・・・残念ながらそれは難しいでしょう。日本で販売するためのコストがどうしても上乗せされてしまいますので。

これは少し前の日記でも書いた気がしますが、例えば台湾でNT$5,990=19,700円ほどで販売されているZenfone Selfie(ZD551KL, 3GB/16GB)モデルは、日本の公式サイト「ASUS ZenFone Shop」では32,800円(税別)で販売されています。

日本でも比較的安く買えるZenfone GO(ZB551KL, 2GB/16GB)ならNT$4,990=16,367円→国内価格は19,800円です。

同じようにZenFone3も台湾価格をベースに日本販売価格を推測してみると、一番安い5.2インチZE520KLの3GB/32GBモデルでも3万円台を切ることはまず無いでしょう。私の予想は安くて32000円~高ければ3万円台後半くらいです。29,800円(税込み32,184円)なら上出来ですね。

ZenFone3は5.7インチ・6.8インチという大画面モデルが追加されていますので、こちらの販売を期待している方も多いでしょう。しかしこれらはやっぱり現地価格×2~3割増しと考えると、国内で販売されたとしても6~7万円台は避けられそうもありません。スペックは高いので長く使えるモデルを買うと考えれば良いのかもしれませんが・・・ここまで来ると「高コスパ」と言える価格帯ではないでしょう。

Zenfone3 Ultraは特にそのサイズ感に魅力を感じる人も多いと思うのですが、今海外から輸入しようとするとeBayを使っても7万円オーバーです。

☆「eBay ASUS ZenFone 3 Ultra ZU680KL

現地価格6万円→転売で7万円強なら仮に日本で発売された場合でも、もっと高くなる可能性すらあるのでこの価格なら悪くないとも言えるのですが、、、大画面モデルが欲しいなら私ならばXperia Z3 Tablet compactをオススメしたいです(´∀`) サイズはワンサイズ上がって8インチですが、防水付きですし。

☆「eBay Sony Xperia Z3 Tablet Compact SGP621

お~、今は360ドルで輸入できますね!送料・関税込みでも4万円くらいです。Z3TCは8インチ270グラム、Zenfone3 Ultraは6.8インチで233グラム。

Zenfone3シリーズの一部は海外でも品薄状態になっていると読者様から教えていただいたので、おそらくeBayやその他海外サイトで転売・輸入されているアイテムも高騰化していると判断されます。もっと在庫が豊富になればもう少し輸入価格も落ち着くかもしれないですね。

ASUSのスマホは発売から時間が経つと公式で値下げされることもあるので、あえて発売直後のZenFone3購入は見送っておき、来年くらいに買うと安く手に入るかもしれないというあたりまで想定して購入計画を立てるのも悪く無いと思います。ファーウェイのP9みたいに発売後数ヶ月で楽天モバイルの半額セールに登場する可能性もありますし。

Zenfone3待ちの方はあと3週間の辛抱です。その時に今回取り上げた「台湾での価格設定」を一度思い出してから購入するかどうか検討してみるのも良い判断材料になるかと思います。


by ke-onblog | 2016-09-07 06:18 | 白ロムコラム | Comments(2)
Commented by ぜっと at 2016-09-07 15:55 x
我慢出来ずにAmazonで5.2インチホワイトいっちゃいました。。
33150円です。

円高のときに、台湾に弾丸で買いにいったほうがよいのではないかと画策しましたが、面倒で断念しました。
複数買って、ヤフオクで売りさばけば旅費がある程度稼げるかと。

Commented by ke-onblog at 2016-09-07 18:24
> ぜっとさん

お~、良いですね~!技適的なアレは別として、たぶん端末の仕様は全く日本版も同じでしょうからアマゾンの方が安くて手っ取り早いですね(笑)

オクでもたくさん取引がありますね~。あまりいっぱい持ち込むと免税範囲を超えそうですが、旅行ついでに買ってくるなら不良在庫になることなくすぐに売れそうですよねw
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。