白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

au iPhone6s買取相場 CP適用でスマーケットは16GB買取額37500円の高額査定を維持

キャリアによるiPhone6sの一括購入値引きが開始され、iPhoneの買取相場が動き始めています。

ここ数日だけみてもiPhone6sの買取額を下げるショップが多数出ており、この勢いはもうしばらく続くと予想されます。どこまで下がるのかという予想をするならば「9月上旬のiPhone6シリーズの価格相場」を想定していた方が良いかもしれません。このシーズンは本当にそのくらい一気に価格が動きます。

一旦相場が下がった後に回復することも無いわけではないのですが・・・最近の販売傾向は昔のように3月・9月・12月に一気に集中するものではなくなってきているため、予想が難しいですね。

今後最も大きく相場が下がりそうな機種が「au iPhone6s 16GBモデル」です。ご存知通り、9月21日からこのモデルだけがMNP au 購入サポートに入れられたからですね。

関連記事:au iPhone6sのMNP契約で一括値引き(MNPau購入サポート) 違約金発生条件や購入価格について

今週末も多くの携帯ショップで「一括0円+キャッシュバック○○万円」なんて広告が飛び交っていますが・・・総務省の覆面チェックはもう怖くないということですかね(笑)まぁ、きっとショップもノルマと在庫処分でそれどころじゃないですよね。

今日9月24日時点で、幾つかのau iPhone6s 16GBモデルの買取額を調べてみると、以下のような感じです。

・37k (ローズ減額2k)
・36k
・36k
・34k(黒・銀減額2k)
・36k
・37k(ローズ以外減額1k)
・28k
・37k (ローズ・金以外減額2k)
・37k (ローズ・金以外減額2k)

他に一店舗だけ55kと表示しているところもあった(16日時点で40kのはずなのに)のですが・・・更新してないだけっぽいのでスルー。

やっぱりアジアンな買取店でも37kが今の買取相場のようですね。ヤフオクの落札相場は未使用品で43k~48kくらいでしょうか。手数料を考慮しても通常は買取店よりも高く売れるはずですが、もちろん手間暇が掛かります。

で、表題のスマーケットの価格を見てみると、こちらも数週間でズルズルと買取額は下がっているものの、10月31日までやっているiPhone限定買取額アップキャンペーンの効果で、アジアンな買取店に負けない高額査定が期待できます。

9月24日時点のau iPhoneシリーズの通常査定額は以下の通りです。

・iPhone6s 16GB 27,500円
・iPhone6s 64GB 35,200円
・iPhone6s 128GB 41,800円
・iPhone6s Plus 16GB 35,200円
・iPhone6s Plus 64GB 40,700円
・iPhone6s Plus 128GB 49,500円

・iPhone6 16GB 20,900円

スマーケットでは色に依る査定額の差はありません。この査定に今は6sシリーズで査定1万円上乗せ・6シリーズで5000円上乗せです。

有名買取店の相場が37k前後なので、スマーケットならローズやゴールドで無くても最高37500円になりますので、高額買取店が近くにない場合・交通費・時間の節約、「見えない傷」を疑われるリスクを避けたい人にはスマーケットの利用はオススメです。

スマーケットでは基本的に「申込時の査定額が基準」になるので、今後さらに下がりそうな相場の今は早めに申込んだほうが有利な可能性が高いです。査定・郵送買取の送料も無料ですが、もし申込時にカラーや容量などを間違えて申請した場合は査定時の買取額が基準になったり、返品は自己負担になるので気をつけて申し込みフォームの入力を行いましょう。

by ke-onblog | 2016-09-24 14:44 | キャンペーン情報 | Comments(1)
Commented by 一括 at 2016-09-25 23:15 x
遅くにすいません。iphone6Sの買い取り相場下落は懸念材料ですが、久々に「家電量販店」で契約してきました。超久々。
維持費以上のキャッシュバックがありましたので端末買い取り代+αが利益となりそうです。
旧端末は安売りOKなのかは知りませんが流れが今週から変わった印象です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。