白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

[注意]スマーケットのiPhone買取増額キャンペーン上乗せが適用されないトラブル事例

先日ブログで紹介したiPhone買取に関するキャンペーンについて、読者様から重要な問題事例をお伺いしましたので、注意喚起&同様のトラブルが発生した場合における対処の参考用に書き残しておこうと思います。

今回問題となっているのはゲオグループが運営している中古携帯・スマートフォンの買取サイト「スマーケット(Smarket・運営 株式会社ゲオ)」で実施されている、買取額増額キャンペーンについてです。

関連記事:iPhone7発売&旧モデル値下げで白ロム買取相場が崩壊の危機 ゲオは6s高額買取も

スマーケットでは、2016年10月31日までの期間中にウェブからiPhone各種シリーズの買取申込を行うと最大で10000円(6s/6s Plusの場合)を通常の査定額に上乗せして支払うという施策をやっています。

通常のスマーケットの査定額はさほど高くないのですが、このキャンペーンを使うことでauのiPhone6s 16GBモデルの査定が業界でも現状でトップランクの高額になるため、なかなかオイシイと思ったのですが・・・

実際にこのキャンペーンが適用される端末の買取申込をされた方によると、申し込み時にはキャンペーン適用の上乗せ価格情報が記載されていたのにもかかわらず(これは実際に私も試しました)、査定後の価格提示時には「通常価格の査定総額」のみが表示され、その後の「査定結果の承認・返品・破棄」の最終選択画面においても一部の申し込み分しかキャンペーンの上乗せが行われていなかった、というものです。

スマーケットのサイト上でキャンペーンの内容を確認してみても、たしかにこのあたりの詳しい説明が書かれていないのですよね・・・(9月26日時点)
d0262326_14475329.jpg
査定画面では上記のように「通常買取額」と「キャンペーンのボーナス(上乗せ)」は別で表示されます。これはまぁいいのですけど、振込金額の基準となる「査定後の承認画面」でこの上乗せ分が想定よりも低かった場合、システムトラブルによって価格が反映されていないケースが考えられます(全ての買取申込みで査定に差異が生じているというわけではないと思います)。

買取の流れの各時点で、以下のように価格が表示されるそうです。

1. 申し込み時: 通常買取額 + 買取注文ボーナスの表記(上記の画像の状態)
2. 査定終了後: 通常査定結果額のみ (査定完了メールに記載された専用ウェブ画面上)
3. 買取承認時:
 通常査定結果額+注文ボーナスの上乗せ分の合計(*今回はこの金額が間違っていた)

もしボーナス分が正しく反映されていないと判断される場合には、下記の公式サポートまで問い合わせてみて下さい。
Smarketサポートセンター
平日(月〜金)11:00〜18:00
電話番号 0587-65-3159
お問い合わせメールアドレス support@smarket.geo-online.co.jp
※土日祝日、年末年始・5月連休・その他休業期間についてはお休みさせて頂いております。
→ Smarket お問い合わせ(フォーム)はこちら
読者様から教えて頂いた事例では、サポートセンターに電話をすることによって上乗せ分が反映されていないことを確認させ、振込時に修正するとの言質を取ることができたとのことです。

(おそらく、システムでは「1モデルに付き1台分」しか上乗せ分が反映されないようなエラーがあったのだと推測していますので、特に「キャンペーン対象機種を複数台申し込んだ人」は要注意です)。

該当キャンペーンでのエラーが現在の申し込み・査定でも発生しているかどうかは未確認(すでに修正されている可能性もあります)ですが、心当たりのある方は査定後のウェブ承認画面の買取額をよく確認してから申し込みを確定させて下さい。


ついでにもう少しスマーケット利用時に気をつけるべき注意点を挙げておくと、以前はスマーケットは同一モデルの未使用品は同一名義で1台しか買取をやっていなかったと思っていたのですが、今はそのような制限が無くなった?みたいです。
未使用品や同一商品を複数台お申し込みの場合、入手経路を確認させていただく場合があります
こんな注意書きはありますけど(苦笑) 同じ機種を不連続で何度も買取に出すことも利用規約で禁止されています。

また、ネットワーク制限が△(×は論外。ドコモ・SBの「--」もNGです)となっている分割支払中の端末もスマーケットでは通常品と同じ査定が出るはずですけれど、万が一赤ロム化させるような自体になると、「損害賠償を買取額の5倍」請求されることになるので、売る前には一括払いをしっかりとしておきましょう。

26日時点でもスマーケットのiPhone買取キャンペーンはモデルによって他店に比べて有利な査定が期待できる(6s 16GBは特に強い)ことがあるので、しっかりと買取相場を把握してから買取申し込み・本査定後の承認を行って下さい。6sの買取相場は今後もまだ動きそうです。

関連記事 iPhone7機種変更購入時の下取り比較 3キャリア機種別下取り額と白ロム買取のおトク度チェック


by ke-onblog | 2016-09-26 18:05 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。