白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

発火スマホGalaxy Note7販売・生産中止を受け、輸入ショップからも在庫が消える

結局ここまで来てしまいました。Galaxy Note7の全世界での生産・販売停止が確定し、回収・返金対応が始まるようです。

細かい経緯などはニュースにもバシバシ流れているので改めてここで書く気はありませんが、Galaxy Note3, Galaxy Note Edgeに続いて日本での発売が予定されていたであろうNoteシリーズの最新作国内投入を楽しみにしていた人も多いと思いますけれど・・・
前回リコール・回収騒ぎになったときには「回収の対象モデルであるかどうか」という判定があったはずですが、今回は全回収ですかね。確か以前は韓国だか香港版だかのモデルは対象外になっていたと思います。しかし今回は「修理したはず・安全なはず」のモデルが爆発・発火したという事態を受けての再回収になってしまったので・・・

販売・生産の「中止」であって、「終了」なのかどうかはまだ判らないそうですが、こうなってしまったからにはすぐに販売再開というわけにもいかなそうです。Galaxy Note7はハイエンドのファブレットモデルであるためすぐに世代落ちをするシリーズでは無いのかもしれませんけれど、Note7への機種変更を待っていた方には残念な状況です。

海外版のスマホが日本へ簡単に輸入できる有名ショップ各店も、10月12日時点で販売を再開していた分のGalaxy Note7も全てウェブサイトからページが無くなっています。エクスパンシス・イートレン・1shopmobile・amazon・イオシスでの購入は不可能となりました。さすがに危険物を売るのはマズイという判断でしょう(苦笑)

こうなってくると逆に今後Note7が「幻のスマホ」みたいにプレミアム化するのでは・・・と思わなくもないですけど、どうでしょう(´∀`;) その場合はどうやって爆発物を安全に保管するかがカギになりますが。たかがスマホ1台のために身を危険に晒すのはどうかと思いますけれど、ちょっとそんな邪な考えも浮かんでしまいました。

今買おうと思うと、個人売買が出来るオークションしかないですかね。ヤフオクを見ると10月に入ってからでも10万円超の高値で売買が続けられています。まだ何台か出品もあります。

eBayではさらに多くの在庫がありますね。輸入すると「危険物」ということで関税に差し押さえられたりするかもなのでなんとも言えませんが(でもそれならサムスン自体も回収が困難になってしまうでしょうから、輸出入運送くらいは出来るのですかね)、ある意味で伝説になりそうなGalaxy Note7を買い集めておくのもアリ・・・いや、ナイです\(^o^)/

サムスンにとって数百~数千億円単位(とあるニュース記事では1900万台分=1兆円超えの試算もあるようですけど)での販売機会損失になりそうですけれど、該当モデル向けの専用アクセサリーを売買していたサードパーティメーカーも危ういですね~。再販の可能性がゼロではないとは言え、他のモデルと共通でないアクセサリーの在庫は行き場を失うことになりそうです。

Galaxy Note7難民はどこへゆくのですかねぇ。Note5回帰? Apple Pencilは使えませんが防水ファブレットならiPhone7 Plusへ流れる可能性もあるでしょうか。

5.7インチというサイズだけなら候補はたくさんあり、LGV10, Nexus6P、中華スマホならXiaomi Mi5s Plus、Le Max2、Meizu Pro5, Elephone P9000 edge, Doogee F7 Pro, Huawei honor V8, そしてZenfone3 Deluxe(ZS570KL)も同サイズ。5.5インチなら更に候補は増えます。

でもやっぱりNote愛好家はペンが使えることを重視するのかな?となれば旧モデル。日本での発売はありませんでしたが、Galaxy Note5は完成度が高かったと言われていましたし、価格的にお手軽感が出てくる頃合いでもあります。

新型モデルがダメになって旧モデルが高騰した例はXperia Z4発売時におけるZ3でも観測された現象なので、今輸入するのならデンジャラスなNote7よりNote5でしょう。



by ke-onblog | 2016-10-12 02:04 | スマホニュース | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン