白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

mineoのエントリーパッケージより安い!SIMフリー完全ガイド本が734円で売られる

もうすぐIIJmioのエントリーパッケージ兼プリペイドSIMとしても使える特典付き雑誌・MONOQLOの12月号が発売となりわだいになっていましたが、同じくau系MVNOをやっているケイオプティコムのmineoのエントリーパッケージ付きSIMフリースマホ本が本日17日より発売されています。

すでに一部ショップでは売切れ始めているようですが、まだ店頭にあるかな?

【完全ガイドシリーズ156】 SIMフリー完全ガイド (100%ムックシリーズ)

新品価格
¥734から
(2016/10/17 11:58時点)

これ、すごいお得感が高い特典ですね。通常mineoの事務手数料は3千円(税別)が掛かるところ、一般的には節約のために「エントリーパッケージ」または「エントリーコード」と呼ばれる事務手数料の代わりとなる(申し込み時に入力することで事務手数料が無料になる)商品をショップや通販で買ってから、mineoを申し込むとお得になることはすでに常識のようになっています。

mineoのエントリーコードはアマゾンで現在909円で売られていますので、このSIMフリー完全ガイドを購入した方が、普通にコードだけを入手するよりも安いのです。これはmineoを申し込もうと考えている人にはバカ受けでしょう。雑誌がタダで付いてくるどころではないお得さ。

雑誌の中身はまだ私は見ていませんのでよくわかりませんが、たぶんいろんなSIMフリースマホのカタログのようにスペックのチェックくらいならできる程度の情報は載っているのでしょう。

mineoでは現在1000円のアマゾンギフト券が貰える紹介キャンペーン、マイネ王の登録して引くことのできるパケットおみくじ、音声SIMの申し込みなら800円×半年割引キャンペーンもやっており、このエントリーコードとの併用も可能です。

mineoの詳しい申し込み方法、紹介キャンペーンの申し込みURLなどは下記サイトを参照ください。

参照:mineoの申込み手順、SIMが届くまでの日数、利用開始までの全方法解説

特典のエントリーコードは1年間の有効期限があるそうなので、将来的に回線を増やす予定がある方はとりあえず買っておけばよいでしょう。もし不要になったときにも、このエントリーコードはオークションなどで比較的簡単に売れるのでロスも少ないでしょう。

by ke-onblog | 2016-10-17 12:10 | キャンペーン情報 | Comments(2)
Commented by XYZ at 2016-10-17 17:33 x
あれ?iijのモノクロ、mineoのガイド本、同じ出版社みたい。共通の記事が多そうですね。

15年7月?にデジモノステーションで、mineoの500mbプリペイドSIMが付録されてましたね。当時の記事では、Zenfone2が最高評価のスマホとしてオススメされてました。それが今や、一万で叩き売られてるなんて…。(この完売後、11~12月には禅3の安売りがはじまるかな?)

あ、同時期発売のDIMEのUmobileエントリーコードが未使用だった…。使えるかなぁ?
Commented by ke-onblog at 2016-10-17 20:36
> XYZさん

批判の対象が家電かスマホかの違いなのですね~。記事の内容はともかく、やっぱり人気が高いみたいなのでコラボ企画・マーケティングとしては成功していそうです。XYZさんのように使う予定がない方ですら特典目当てで買ってますよね(笑)

ZenFone2も1年経つとさすがに最前線で戦えるモデルではなくなりましたが、コスパだけならいまも(楽天のセールレベルなら)負けていませんね。でもそろそろ市場から退場して、ZenFone3へ世代交代してほしいものですよね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。