白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

[Mi5sレビュー]新しくなったホームボタンと指紋認証の精度・速度について

旧モデルのMi5からMi5sでのモデルチェンジで、もっとも使い勝手が変わっているのが「ホームボタン」です。

私はiPhoneの第1世代(iPhone SE)とTapticエンジン搭載の第2世代(iPhone7)、旧モデルのMi5、さらには指紋・生体認証をお家芸としている富士通のarrowsシリーズ(F-10D,FJL22)なども持っていますので、それらと比べてMi5sの指紋認証を使ってみた感想を書いてみたいと思います。
d0262326_08010477.jpg
上記の写真で上に乗っているのがMi5, 下にあるのがMi5sです。旧モデルはシルバーの枠がついた細長い物理ボタンでしたが、新型ではガラスディスプレイが凹んだ位置にセンサーが埋め込まれています。デザイン的には旧モデルの方がカッコいいですかね(´∀`;)

ホームボタンの部分は完全にシームレスで枠もありません。たぶん画面が割れるときは一緒にホームボタンもダメになるでしょう。

しかし、隙間が全くないのでボタンに埃や汗が入って故障する可能性が無くなり、物理的な耐久性からフリーになるということです。

iPhone7同様、物理ボタンではなくタッチパネル的にしているかどうかを判断し(導電性のないもので触れても反応しない)、ガラス面の下に埋め込まれたセンサーが超音波を出し、その反射で指紋をチェックするという「Ultrasonic Fingerfrint Scanner」が搭載されました。

指紋認証の設定や登録については普通なので端折りますが、設定をするとスクリーンロック画面をスキップして画面オフ→解除済みホーム画面へ一気に表示が出来ます。

第一世代のiPhone SEだと、ボタンを押すことでディスプレイオフ→一瞬ロック画面が見えてからホーム画面へ遷移することが多いですが、iPhone7だとディスプレイが付く頃にはホーム画面へ遷移してしまうので、ロック画面が表示されません。Mi5sもiPhone7同様、あまりにも一瞬で認証が終わるのでロック画面が見えませんね。

iPhone7とMi5sでどちらが早いかと言われると「どちらも早すぎて目視では判らない」というレベルです。強いて言えば、iPhone7の場合は「指を載せるだけ」では指紋認証が始まらず、感圧式であるため少し指を押さえつけなければならないのに対し、Mi5sはそっと指を添えるだけで解除出来ます。この感覚の差がある分、Mi5sの方が早く・楽に解除出来ると感じました。

旧モデルのMi5との比較も同様で、「ボタンを押してから認証開始」という差がある程度。Mi5の指紋認証もかなり素早いので、センサーの速度に関しては Mi5s≒iPhone7≒Mi5(≒iPhone6s/6s Plus) > iPhone SE(6,6 Plus)というところでしょうか。

iPhoneの第一世代の指紋認証システムはiPhone5sの頃からのものなので、中華端末であってもさすがに最新のセンサーシステムには及ばないという感じです。

指紋認証の精度も特に問題ありません。指の先端だけを触れた時などはたまに失敗しますが、普通に中央に指を置いたときに失敗することはありません。失敗するときは逆に「指を押さえつけなくても解除してくれる」という思い込みのせいでしっかりと指を触れさせていないことが原因でしょう(苦笑)


もう一つMi5sのホームボタンについて書いておきたいことは、iPhone7/7 Plusで体感できる「疑似クリック感」がMi5sにはないことです。

Mi5sではホームボタンをタッチしたときにバイブレーションは作動しますが、これは普通の本体バイブであり(オフにすることもできます)、あのiPhone7の不思議なクリック感とは全く違います。この点ではiPhone7シリーズの「操作を行った体感」はすごい技術だな~と思いますね。必要かどうかはともかくとして、iPhoneのホームボタンの体感の方が圧倒的にスマートです。

Mi5sのホームボタンバイブをオンにしておくと、静かな環境では振動音が気になるかもしれません(強弱の設定もできますけど)。一方でiPhone7シリーズのクリックは非常に小さな作動音ですよね。

8万円のiPhoneと3万円のMi5sを比べること自体が無理があるのかもしれませんが、Mi5sのホームボタン・指紋認証について簡単にまとめると、

・認証速度はiPhone7シリーズにも劣らない瞬速
・認証精度も問題なし(ただし油断して適当に指を置いてしまうとミスる)
・ボタンに隙間が無いので、故障が起きにくいというメリット
・ホームボタンの操作体感はiPhone7に及ばない


「物理ボタン」→「タッチ式ボタン」という変化は結構大きいです。ほんの少し触れるだけで動作するというのは先述のようにメリットもデメリットもありますので、どちらが良いという評価は出来ない感じです。

慣れの問題かもしれませんけれど、バイブによるチープな操作体感以外は何の問題もなくMi5sでやっていけると思います。

Mi5→Mi5sで抜群にホームボタンが使いやすくなったとも感じませんが、すでにiPhone7で感圧式を体験していた身としてはそこまでの違和感も感じませんでしたので、「ホームボタンがダメダメでMi5sは使えない」ということにはならないでしょう。

私が輸入したショップはこちら→「AliExpress MC Mart - Original Xiaomi Mi5s smartphone 5.15''

無料プレゼントが付いてこなかったときはクレームを入れると次回の値引きを提案されると思います

関連記事:アリエクスプレスでトラブル事例 商品説明に書かれた同梱品が無かった話
by ke-onblog | 2016-10-21 08:54 | 端末輸入 | Comments(2)
Commented by にぱいあーる at 2016-10-21 09:48 x
ボタンなし画面下の指紋認証は国内販売品だとHTC10に近い形ですかね。まああちらはiPhoneみたいにホームボタンエリアが凹んでますが。
最近の指紋認証はほとんど不満ないですね。Huawei各機種やZenfone3、MiMAX等の背面も慣れると使いやすいですし。
あ、ただ背面の認証に慣れると、GalaxyやHTCみたいに背面中心線上にカメラレンズがある機種に持ちかえた時、ついカメラレンズを指でベタッと触ってしまったりしますが(笑)
Commented by ke-onblog at 2016-10-21 11:43
> にぱいあーるさん

そういえばHTC10もタッチ式ホームボタンなのですね。利用頻度が高い重要な機能なので、指紋認証自体は最近はどこの機種も良いものを使っているということですかね~。

レンズに指紋をつけてしまう習慣は早めに慣れないと厄介ですねw
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。