白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

3キャリアのガラケー向け1200円新料金プラン Wi-Fiスポットが使えるのはドコモだけ(?)

ちょっとまだ調べ中なのですけれど・・・どなたか詳しい方が教えてくれないかな?と思って調査途中ですけど日記を書いています(´∀`)

ドコモが新機種のSH-01Jを21日に発売したことにあわせ、新しくガラケーの料金プランに5分間話し放題になる「カケホーダイ・ライト(ケータイ)」が追加され、さらに月額料金が300円~という低価格からスタートする変動性プランが導入されました。新料金プランを使うと新規契約でも本体料金込みで月額1800円から利用できるという、たしかにスマホプランに比べれば「安い維持費」で利用できるのは良いことなのでしょう。

関連記事:ドコモ新ガラケー AQUOSケータイSH-01J 機種変更時の維持費シミュレーション

この新しいドコモケータイでは、Wi-Fi接続が出来ます。パケットプランは変動性であり、維持費を安くするためにはモバイル回線経由のデータ通信をできるだけ減らしたいと考えるはず(あるいは全く使わない手段を採る)ですから、Wi-Fi環境をいかに上手く・便利に使えるかがポイントとなります。

ここで、ドコモのSH-01J/P-01Jでは、この基本料金だけでドコモが提供している公衆Wi-Fiサービス「docomo Wi-Fi」が使えます(購入後にオンラインや窓口で申し込みは必要)。
※「ケータイパック」をご契約いただいた場合、docomo Wi-Fi永年無料キャンペーンの対象となります。ただし、お客様から「docomo Wi-Fi」(月額300円)をお申込みいただく必要がありますので、ドコモオンライン手続き、ドコモインフォメーションセンターまたはドコモショップにてお申込み下さい。「docomo Wi-Fi」をお申込み頂いた月から月額300円を割引いたします。
docomoでスマホやタブレットでデータプラン契約中の方が使えるのは高い基本料金払っているんだから当然、という感じもしますけれど、月額1800円~の基本料金プランに300円相当のWi-Fiサービスを付帯させるのはお値段的にも、サービスの組み合わせ的にも良いですね。

☆「ドコモ AQUOSケータイ SH-01J」/10月21日発売

☆「ドコモ P-smart P-01J」/11月上旬発売予定

で、同じく追随して発表された他社の新料金プランを見ると、Wi-Fi spotサービスが含まれていない(あるいは利用できない)ようです。ドコモを含めて新携帯プランはネット通信をさせてしまうと簡単にスマホ並の高い料金請求(月額6千円強)になってしまいますので、そのあたりよく考えないとせっかくの低価格維持プランも無意味です。

auの場合、ケータイ機種でもau Wi-Fi Spotは使えることは使えるのですが、現在の提供条件にはLTEダブル定額・ダブル定額(VK)は対象外と書かれています。
4G LTEケータイ(ガラホ)向け料金プラン「LTEダブル定額」、「ダブル定額(VK)」にご加入の場合、au Wi-Fi SPOTはご利用いただけません。- au Wi-Fi Spot
auの新料金プランはスーパーカケホ1200円+LTE NET300円+新しいデータプラン「0円~4500円」=月額1500円~維持ということだけがリリースされているようなので、、、でも、ダブル定額も対象外なので高確率で0円維持の新データプランも対象外でしょう。ちょうど値段がドコモより300円安いのは、そこなのかな~と。有料で「Wi2 300 for auマルチデバイスサービス」としてたぶん後から300円で追加出来るようになると見ています(このあたりが未確認ということなのですけど、どなたか知ってますかね? もう発表済みで私が探し出せないだけでしょうか。。。

auの新料金プラン提供は11月9日からの予定となっています。

続いてソフトバンクの場合。

SBでは「ソフトバンク Wi-Fiスポット」というサービス名称で、通常は「フラット系プラン・定額データプラン」に加入することでWi-Fiオプションが無料になります。通常の料金は467円なので、他社よりもちょっと高い。
d0262326_13355179.png
モバイル通信のプランなどもあるのでちょっと複雑ですが、例えば以下のプランがWi-Fiサービスが無料で使えるパケットプランとして挙げられています。
フラット型パケット定額サービス・プランの例は以下の通りです。
「パケットし放題フラット」「パケットし放題フラット for スマートフォン」「パケットし放題MAX forスマートフォン」「( iPad 専用)データ定額プラン」「( iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン」「( iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE」「パケットし放題フラット for 4G LTE」「パケットし放題フラット for 4G」「データ定額パック」「(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G」- ソフトバンク
ソフトバンクの携帯向け新料金も、「通話定額ライト基本料(ケータイ)1200円」+「S!ベーシック300円」+「データ定額S(4G ケータイ) (0円~4,200円)」=合計1500円~という、下限はauと同じ1500円・上限はドコモと同じ5700円(かけ放題ライト分を超える通話料は別)で設定しています。

料金の内容を見る限りこちらもauと同様にWi-Fiは別料金オプションで用意して、やっぱり3社横並びになるという流れかなと。

もともとソフトバンクでこれまで販売されていたDIGNOケータイ、AQUOSケータイはWi-Fi接続は出来ないはず。新しく発売されるAQUOSケータイ2が初のWi-Fi対応機種になるみたいなので、このあたりの対象が発売後に変わるのかもしれません。

☆「ソフトバンク AQUOSケータイ2」/10月下旬発売予定

ソフトバンクの新料金プラン提供は10月28日からとされています。

今回の3社一斉ガラケー値下げ騒動は、キャリアの格安スマホ・ケータイ(ワイモバイルを含む)へのユーザー流出阻止のための苦肉の策、なんて言われているようですが、確かにキャリアにとっては顧客一人あたりの収益が減ってしまう可能性が高い料金プラン体系であり、このWi-Fiサービスとの組み合わせはきっと歓迎したくないものではないかと察せられます(苦笑)

でも、従来通りのケータイ程度にしか使わないユーザーにとってバカ高い固定料金のデータ通信プランを必ず契約しなければならない、みたいな風潮に回避ルートを残したということで、たとえ3キャリアがすべて横並びであっても導入してよかったなと思います。

Wi-Fiサービスは上手く使わないと節約にはつながらないので、そこもまた難しいところではありますが・・・私なんかはもう計算したくないくらいのパケットデータ量をMVNOで契約しているので、外出時も湯水の如くパケットデータ通信を使いまくっても使い切れていないですけども。 それなのに昨日またしても楽天で3GBプランを追加してしまいました( ゚∀゚)アハハ~

料金節約のために新料金プランで契約するにせよ、MVNOに移るにせよ、賢く使わないと料金が高くなってしまいかねませんので、プラン・サービス内容を正確に把握して、計画的に変更する必要があります。ショップ店員の言われるがままに契約していては毟り取られます。


by ke-onblog | 2016-10-23 17:59 | 白ロムコラム | Comments(2)
Commented by 出遅れたん at 2016-10-23 22:32 x
思い切ってご挨拶。
今まで時々ロムらせてもらってました。

このガラホのWi-Fiの事もわかっているつもりでわかってないと知り、勉強になりました。ありがとうございます。

ガラホ用のカケホ(新料金プラン)は各社横並びになったのに、各キャリア公式Wi-Fiスポットの利用料金については、現状ドコモが一歩先を行って安いんですね。知らなかったです。これからもありがたい記事を読ませて頂きます。
Commented by ke-onblog at 2016-10-24 09:17
> 出遅れたんさん、こんにちわ~

これからのガラケーはWi-Fi環境が重要になりそうですよね!サービスごとに結構クセがありそうなのが気になりますが、まだまだこれから勉強しなければいけないところです。私も今回のガラホにかなり興味を持っており、また何か面白いネタがあったら書きたいと思いますので、是非また気軽にコメントをお願いします^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。