白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

2016年10月お昼に強い格安SIM 3サービス 混雑時でもYouTubeが見れる余裕の10Mbps超え

今週から手持ち回線に楽天モバイルが増えましたので、久しぶりにいろんな端末をひっぱりだして契約中のSIMでスピードテストを行いました。

利用した回線は、

・楽天モバイル (docomo回線)→10/26 9時時点でhonor,Zenfone2 9800円在庫入荷しています→「楽天モバイル
・LINEモバイル(docomo回線)
・IIJmio au回線
・Mineo docomo回線
・fiimo au回線
・Y!mobile 500円プラン


この6つです。朝の9時と、12時から13時まで15分毎に測定しています。
d0262326_08455426.png
混雑時(12時15分~45分)と平常時の速度差がありすぎて、ひとつのグラフに結果を載せるとひどいことに(苦笑) LINEモバイルは諸事情により12時30分からの参戦です。

結果はグラフを見れば一目瞭然なので細かい考察は省略しますが、混雑時間帯において現時点ではワイモバイル・IIJのauプラン・LINEモバイルの3つが圧倒的な強さを見せています。間違ってWi-Fiにでも繋がっているのかな?と疑ってしまうほどに。

私の環境ではワイモバの契約後から、30~50Mbpsくらいの速度が安定して出ています(測定端末はNexus6)。お昼も夕方も関係なく、いつでも快適です。

ワイモバイルはMVNOではないのですが、「Yahoo!プレミアム」に加入していると1GBのデータ通信を月額500円で使うことが出来ます。このプランも通常のワイモバ契約と同じものなので、速度の安定度は抜群です。

500円プランを使うためにはヤフプレ必須(通常契約では月額980円)・ドコモやauの白ロムはそのままでは使えないという根本的な差がありますが、ワイモバ・ソフトバンク系のバンドに対応したSIMフリーモデルの端末を持っているならワイモバ最強です。

☆関連記事: ワイモバイル 500円データ専用SIM 申し込み方法・全手順解説

LINEモバイルもまだサービスが始まって日が浅いため、圧倒的な速さ。つい先日も新たにSNSサービスのパケットフリープランに対する対象拡大を発表したようですが、おそらく想定よりも申込者が少なくて、回線がまだガラガラなのでしょう。

LINEも1GB月額500円から使える低価格プランがあるので、将来のことはちょっとわかりませんが今しばらくは快適な環境が続きそうですよ。

☆関連記事: LINEモバイルの申し込み方法・審査日数・使い方まとめ

そして10月からサービスが始まったばかりのIIJのauプラン!これが意外に頑張っています。IIJmioのdプランはもっと速度が遅いと思うのですが、auプランは常時15Mbps前後を保っています(測定端末はiPhone7)。ただ、真夜中でも15Mbpsしか出ないので速度上限には制限を掛けているかも。

IIJの関係者がツイッターで「auプランがdプランより速いということはない。最初は差があるかもしれないが将来的には同じくらいなるはず」と公言していたのでこちらも将来はわかりませんが、今はまだ空いています。。

☆関連記事: [au,docomo両対応]IIJmioの格安SIM契約手順・申し込み方法・必要日数 全解説

mineo,fiimoも平時は速いのですが、お昼時間帯はゴミです。通信ができないほどではないですが、0.5-1.0Mbps程度しか出ていないので動画サイトの閲覧は無理。mineoは他のサービス・特典が良いのですけどね・・・回線増強は繰り返しやっているということですが、ユーザーの利用時間帯が偏りすぎて調整が間に合っていないようです。

なお、測定に使っている端末はバラバラなので全回線の性能を最大限に引き出せているわけではないことだけご留意ください。

楽天はスピードテストだけ通信速度が出やすくなっているという話ですけれど、今回のテストではあまりそのような印象はないですね~。普通に速度低下してます( ゚∀゚) ちょっと大きめの画像データなどを読み込んでみましたが、やはり数値通りの1Mbps前後の遅さでした(通信速度がリアルタイムで出せるアプリを入れて確認しても、表示と大差無し)。楽天には速度を求めていないので良しとしましょう(´∀`) スマホが9800円で買えただけで大満足です。

☆関連記事:楽天モバイルセール品の注文手順・契約方法・審査&配送日数 全解説

ということで、お昼の時間帯に快適に使いたい人にはワイモバイル・IIJmioのau回線・LINEモバイルを今はオススメします。この3回線は通常の格安SIMの「混雑時に遅い」という常識を無視した速さを今なら体験できます。

格安SIMの回線速度品質は時期・接続エリア・利用端末によってバラつきが大きくなるのでIIJとLINEについては将来もずっと安心とは言いがたいところですが、「現時点では」という前提付きで常時10Mbps超えの安定回線になっていました。



by ke-onblog | 2016-10-27 09:16 | 格安SIM(MVNO) | Comments(4)
Commented by at 2016-10-27 18:24 x
ずっと前からブログを読ませてもらっていましたが、コメントでは初めまして。

楽天モバイル、在庫は復活しましたがデータ回線では値上げされています。
9800円→14800円…。
1.5倍の値上げになるので断念しました。
Commented by ke-onblog at 2016-10-27 19:13
> 水さん

ちょうど今その話を日記に書いておりました。いきなり5千円アップは無いですよね・・・。来月もっと良い案件のために枠を温存したと考えてスルーするしか無いですね~(´Д`;)
Commented by おえど at 2016-10-29 22:19 x
いつも楽しく拝見させていただいております^_^

mineoゴミですね(/ _ ; )

この記事を見つつ、昨日、もばいる日和の紹介キャンペーンリンクからmineo申し込みましたm(_ _)m

aプランですが、どんなもんか楽しみです。
Commented by ke-onblog at 2016-10-29 22:56
> おえどさん

紹介キャンペーンのご利用ありがとうございます!

auプランにいかれましたか~。最近はどんな感じかわかりませんが、今年の春頃にはdプランよりひどい有り様だったので・・・混雑時以外はそれなりに使えると思いますので、上手く使い分けて通信料金の節約に使えると良いですね^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン