白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

楽天モバイルの新登場30GBプランが激安 1GBあたりの最安値更新

先日楽天モバイルが11月より新しく20GBプラン・30GBプランを提供することを発表しましたけれど、30GBプランの割安感が半端じゃないですね~

最近3大キャリアでは「ウルトラ」やら「ギガ」といったファミリー向けの大容量プランの提供を開始しており、これまでの「1人用大容量プラン」としてはMVNOの大容量コースが割安感があったところに対抗させて来ました。
d0262326_09134043.png
キャリアの20GBオーバーのプランに対抗し、イオンモバイルではいち早く価格対抗をして各プランを10月1日より値下げしていましたけれど、今回楽天モバイルが発表したプランはイオンをさらに下回る低価格に設定しており、大容量プランの戦国時代幕開けのようです。
d0262326_09073667.png
こちらは主要なMVNOの各プラン(特典で一時的に増量するものや料金変動性のプランを除く)のデータSIM専用プラン料金と、各プランの1GBあたりの「データ通信量単価」を求めたものです。

今は120を超えるデータを登録してあるのですが、1GBあたりの価格は楽天モバイルの30GBプランが182円/GBでトップに。トップ5は楽天とイオンの大容量プランの独壇場となっています。

☆「MVNO最安値比較-1GBあたりの単価編

*元のページではMVNO名やプラン名でフィルター掛けをして検索も出来ますので、例えば「3GB」と入力すれば3GBプランだけでの比較も可能です

単価が安いのはやはり絶対的な金額は高い大容量プランになってしまうものの、格安SIMの通信速度はともかく30GBもあれば「スマホ+固定回線」替わりに使えるレベルの容量ですね~。

これまでにも格安SIMでは使い放題のプランもありましたけれど、いずれも速度の低速化が激しく使い物にならないサービスばかりという印象があります。楽天やイオンがここまで大容量プランを安くすると、似たような現象が起きないか少し不安なところですけれども・・・

音声プランを選ぶと最低利用期間が生じてしまうので微妙ですが、データプランならばいつ解約してもOKです。もし速度低下が激しい場合や、期待した速度が出なかった場合にもダメージが少なく試せるというのはありでしょう。

大容量プランの契約用途として例えば引越し予定のある月に、固定回線の開通工事に数週間も掛かりそうなケースなどにおいて、MVNOの大容量プランで代用するというのは便利そうです。3-4月の引っ越しシーズンだと普通に一ヶ月待ちとかありますからね・・・

固定回線代替だとWiMAXという手もありますが、あれはあまり短期契約には向きません。キャッシュバックの早い代理店を通じてCBを貰ってから違約金を払って帳尻を合わせることも出来なくはないですけど。あとは以前人柱をやってレポートした「SoftBank Air」くらいです(こちらも2年契約ですが、端末はレンタル・キャンペーンでTポイント還元により実質の違約金を取り戻せるくらいの特典があることがあります)。

MNOの大容量プランに比べたら速度・安定性は数段の落ちる楽天モバイル・イオンモバイルの回線だとは思いますが、混雑時間帯を外して使うことがほとんどだという人には割安で容量を気にせず使える面白いプランではあります。

☆「楽天モバイル

ここ1年くらいMVNOの3GB~10GBの主流容量プランの価格が下げ止まっており、「3GB900円」で横並びの状態が続いています。おそらくもうこれ以上はコスト的に下げられないところまで来てしまっているようなので(MNOが提供コストを下げない限り)、これからは「割安な大容量プラン」で勝負してくるMVNOが増えそうですね。


by ke-onblog | 2016-10-29 09:14 | 格安SIM(MVNO) | Comments(1)
Commented by ブラックサンダル at 2016-10-29 09:57 x
個人的にmineoのデータギフトが最強ですが(・ิω・ิ)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン