白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Xiaomi Mi5sを日本語化してみた(Morelocale2の導入)

2016年秋モデルのハイスペック中華スマホ Xiaomi Mi5sの日本語化についてのメモです。

私が輸入したショップではもともとGoogleサービスの利用・日本語が選べるショップROMが入れられており、細かいことを気にしないのであればそのまま使うことも出来なくはありませんでしたが、先日安全のために中国用の公式ROMに書き換えを行いました。
オリジナルの中国ROMには日本語は入っていませんので、ROM焼き後に一度でも日本語以外の言語を設定してしまうと、日本語表示が出来ない状態になっていました。

スマホなんて大体どれも同じような使い方で操作は可能なので別に英語のままでも不自由はありませんけれど、一応日本語化が出来るかどうかを試す目的で、Morelocale 2を利用したMi5sの日本語化をやってみました。

できました。
d0262326_16522415.jpg
全てが日本語になるわけではないのですが、日本語化前には「Playストア」も英語表記に戻ってしまっていたところから、再び日本語表示になりました。
d0262326_16531853.png
漢字はまだ中国用のもののままですが(苦笑)、英語だと読むのが面倒くさいという方には例え中国の漢字表示でも便利でしょう。
d0262326_16552625.jpg
MIUIのオリジナルである設定画面などは日本語表示に変わりません。
d0262326_16561637.png
上記はXiaomiのシステムアプリとして入っているメモ帳(Notes)。Mi5sと書くところが、「Mi5」になっていますがスルーしてください(笑)

Notesアプリでは「化」という文字が中国漢字になっているのですが、Google Storeからダウンロードした無料のアプリで入力すると・・・
d0262326_16580164.png
こちらは日本語フォントになりました。Xiaomi端末の日本語化は、システムとしての言語表記と「アプリ内」でのフォント設定が違う場合があるようです。詳しい技術的なことは私にはわかりませんけれど、プリインストのアプリ以外ならたぶんMorelocale2による日本語化で日常利用には十分だと思います。

日本語化の導入方法は以前 Mi5でやった通りです。
全く同じ方法で日本語化が出来ました。ちなみに過去記事の画像だと設定画面も日本語表示出来ているのですが、MIUI8.0になった頃から?設定画面等は日本語にならなくなりました。

また後で記事を書こうと思っていますが、私が購入したアリエクスプレスに出品しているショップでもうすぐMi5sの激安セールがありますので、輸入を検討している方はまだ注文すべきときではありません。どうしてもすぐに欲しい(あるいは現地で買う)のなら止はしませんけど、330ドルで買ったことが悲しくなるくらい安くなるっぽいですから( ゚∀゚)アハハ


by ke-onblog | 2016-10-30 17:14 | 端末輸入 | Comments(4)
Commented by at 2016-10-30 18:51 x
公式中国ROMでもGoogle playは入っているのでしょうか?
Commented by ke-onblog at 2016-10-30 20:29
> あさん

入っていませんよ~
Commented by ももも at 2016-10-31 12:36 x
11.11ってMi5sだけでなくて色々な機種が安くなるんですか?
99ドル限定数台、みたいに絶対買えない楽天セールみたいにならずに、299ドル位に適度に値下げして皆が買えたらいいな~( ´∀`)
Mi5が199ドル位になったら最高だな~( ´∀`)
Commented by ke-onblog at 2016-10-31 14:14
> もももさん

はい、もう一部価格も出ていますよ~。Mi5はどうだったかまだチェックしていないですが、かなり多くのスマホが対象になっています。Mi5sもそこそこいい感じのお値段になりますよ^^ 

ただ、数量はやっぱり限定があるみたいでどのくらいの競争率になるのか読めないですね。Mi5sの4GBモデルは注文が殺到しそうなレベルな安さだったので、瞬殺もありえますね(笑)

今晩あたりには注目の機種をまとめて記事にしたいと思いますので、興味があればご覧ください^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。