白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

総務省携帯販売有識者会議を読み解く- 2017年のスマホ販売予想図

2016年11月7日に実施された第3回目となる「モバイルサービスの提供条件・端末に関するフォローアップ会合」、なかなか興味深い意見が飛び交っていたようです。

会合の内容はまだ公式の広報には上がっていないようですが、ニュースサイトには概要が出ていますのでまだチェックしていない方はチェックしておきましょう。

☆「産経新聞
☆「日本経済新聞

会合での各発言やその方針についての是非や意見、感想を語るとネガティブなことばかり書いてしまいそうなので、ここはひとつ最大限に有識者様たちのお陰で実現するかも(?)しれない、2017年の携帯・スマホ販売の未来予想を好意的に、超楽観的にやってみましょう。

*ちなみに昨日の会議はあくまで「会合」であり、有識者たちの発言にしても「提言」です。この会合の発言が何らかの制限に関する具体的なラインになることが決まったわけではないはずです。そのあたりをちゃんと理解して、以下私の妄想にお付き合いください(´∀`)

【最新機種が1~2世代前の端末の下取り価格や中古価格を下回らないように】
→ 来年はiPhone6/6Plus(2世代前)の中古価格が激下がりし、タダ同然で買えるようになる
→ iPhone6s/6s Plus(1世代前)の下取りを大幅増強、【1年で買い替え】を優遇するようになる

[解説]:会合では「最新機種の具体的な値引きのライン」についての提言がありました。もう「合理的な額」という中途半端でお茶を濁した状態の継続が出来なくなりそうです。ならば今度はそのラインの方をなんとかすれば、最新機種を安く提供してもOK、ということに。「iPhone6の価値を1円にすればiPhone7だって1円まで値下げ出来る」という論理です。デメリットとしては2世代前の端末がゴミのような扱いになる可能性があるので、買い替えのサイクルを見直す必要があるという点。
【SIMロック解除までの期間を”3カ月~の端末の分割払いの確認に必要な日数”に】
パターンA → そのまま、SIMロック解除までの期間が短くなる
パターンB → 分割払い選択時、購入後3ヶ月間はお試し期間として端末代金を無料化(ロック期間はそのまま)

[解説]:パターンBでは「クレジットカード等で分割支払いの初回請求を確認できるタイミング」がキーポイントに。現状の請求システムの方を変えるために最初の3ヶ月ほどを端末代金の発生しない仕組みを作れば、SIMロック解除期間は現状のままに出来ます。デメリットとしては、非公式アンロックをお試し期間内にやられて転売されると大変な事件になりそうな点、3ヶ月を無料にしたとしてもその後の分割代金が値上がるだけに終わりそうなこと、そしてお試し期間内に端末の不具合・不満が出てきて端末販売数が伸びず撤退するメーカーが増えそうなこと。 パターンAは面白くないので省略。

【土日・祝日の”期間限定”で実施される大幅な割引を防ぐ】
→ 週末のショップ混雑の緩和
→ 平日セール・突発的セールの実施

[解説]:週末セールがダメなら、平日に安売りすれば良いのです。子供の屁理屈のようですが、それが今の携帯販売業界ですから、このくらいの論法がまかり通る可能性があります。そして休日だけに集中したセールがなくなれば、単純に購入者も分散されるでしょう。あるいは購入者を限定する「お誕生月割引」といった、別の形での「期間限定感」を出すことも出来るかも。

【販売店が獲得した通信契約数に応じて携帯電話会社が払う奨励金も制限】
→ 頑張って売らなくても良くなるので、ショップ店員さんのストレスが減る

[解説]:・・・ちょっとこれは無理がありますかね。むしろ携帯販売での利益が見込めなくなれば抱き合わせ商法・副商材の押し売りに方針転換するショップが出て来るだけかも。奨励金は別の業者から貰えばいいだけの話ですから。


各提言とも、悪い方向に考えればユーザーにとって値上げ・不利にしかならない結果も予想しうる内容ですけれど、キャリアにはなんとか上手く考えて出し抜いて欲しいですね。

それが出来ないなら・・・あぁ、ネガティブな言葉を書きそうになったのでDel,Del,Del...

2017年の携帯販売はきっとみんなが幸せになれる新しい形態になっているに違いありませんね!\(^o^)/ 日本を牽引する素晴らしい頭脳と権力をもった人たちが、こんなにも長い時間をかけて考えているのですから!!

冗談はさておき、総務省はMVNO/格安SIMの推進には熱心かつ方向性も妥当なようなので、2017年はさらに格安SIM関連については市場拡大の方向に進みそうです。

時代の流れを嘆くだけではどうにもなりませんので、たとえ改悪だとしても上手く立ち回って行きたいものですね。「長いものには巻かれろ」と言いますが、国内メーカー・キャリアはもう「長いもの」ではなくなるのでしょう。



by ke-onblog | 2016-11-08 11:02 | 白ロムコラム | Comments(4)
Commented by わくわく at 2016-11-08 20:40 x
この際だからソフトバンクあたりが
通信通話10万円分付きプリスマiPhone7
価格は10万円で販売とかやってくれたら
面白いのですがね。
販売店は何かしらやるとは思いますがね。
下取りも完全に中古屋と組んで古物商取ってやるようにすると総務省がそこまで茶々入れて古物商管轄の警察と場外乱闘なんて面白い展開もちょっと期待してたりします。
ちょっと
Commented by ななし at 2016-11-09 03:21 x
こんばんわ茸が5s下取り値下げたせいで更新月に動けなくなりました(吐血
知り合いの国家の僕は五輪時の観光客需要を見込んでるんじゃ?みたいに言ってました
五輪の話が本格化して国内wi-fiの遅れなんかが取り上げられてから沸いてきた感じも確かに
上層の方々は先を見越して利権の種を蒔いてるんですね!
Commented by ブラックサンダル at 2016-11-09 06:09 x
わくわくさん>(通信通話10万円分付き、iPhone7 価格は10万円で販売とかやってくれ)
これ、中国ではこの売り方だよ
Commented by わくわく at 2016-11-09 08:23 x
>ブラックサンダル様。初めまして!
そうですか。犯罪防止とかという建前もあるのでしょうがもう少し日本でもプリペイド復権があってもいいかもと思うんですがね。でも月定額とか安定を求める国民性だから難しいかも。
そういえば総務省発表を私自身見てみたのですが3Gから4G移行への巻取はこれらの規制の対象外みたいですね。しかも文章見るとMNPも含めみたいです。docomo、au、ソフトバンクと相次いで3G電話の発売をそろそろ止めるみたいですから寝かせやすい点も含め3G回線を少し仕込んでおいても面白いかもしれませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。