白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Xiaomi Notebook Air 13インチ上位モデルもブラックフライデーで激安の8万円台

つい先日の独身の日セールでは12.5インチモデルのXiaomi Notebook Air 12が安売りされていましたが、その上位モデルである13.3インチモデルのブラックフライデーセール情報が出ています。値段は12インチモデルよりは高いものの、こちらも現地価格並の安さで輸入できそうです。

いま出ているクーポン情報も後半で書きますが、ブラックフライデー・サイバーマンデーでいろんなショップからセール情報がこれからさらに追加されるかもしれませんので、予習しておきましょう。
d0262326_03565848.jpg
Xiaomi Notebook Air13のスペックはMicrosoftのSurace Book・Surface Pro4並で、15~20万円くらいしても不思議ではないくらいのハイエンドモデルです。

詳しいスペックは公式サイト「Xiaomi 小米笔记本Air」に書かれています。主なスペックデータを挙げておくと、

・13.3インチ フルHDディスプレイ 本体重量1.28 kg
・現地価格 4999元(およそ80,500円/ 1元16.1円で計算)
・CPU Core i5-6200U, RAM 8GB、 SSD 256GB
・グラフィック NVIDIA Geforce GT 940MX
・USB 3.0/ Type-C USBインターフェイス
・バッテリー容量 7.4V/5400mAh、連続web動画再生で約8時間駆動

このスペックで8万円台! オフィスソフトは入っていませんが、スタンダードノートパソコンよりも一歩上のビジネス・クリエイター向けでも対応できそうな高性能さ。

比較的安いBTO/海外メーカーパソコンでもこのクラスになると15万円~(最近だとZenbook3が近いでしょうか)、国内メーカー品なら20万円(NEC LAVIE Direct HZあたり)を超えそうです。

Mi Notebook12に比べて価格は3万円ほど高いのですが、ディスプレイがただ大きいだけではないのですね。

Core m3→ i5にアップグレード
RAM 4GB → 8GB
SSD 128GB → 256GB (最大書き込み速度3倍)
グラフィック Intelチップ内蔵→ NVIDIA Geforce

サイズが違うので求める用途次第ながら、アップグレードする価値のある価格差と言えそうです。

これで先日の12.5インチモデルが509.99ドルであったのに対し、13.3インチモデルは通常の輸入価格は中華サイトで850ドル~900ドル前後が相場。それがブラックフライデーのクーポン利用で800ドルを切ります。

☆「Banggood Xiaomi Notebook Air 13.3"」/【クーポンコード:xiao13 適用時767.99ドル】

*この記事を準備している間にクーポン適用回数の上限に達したようですm(_ _)m  ブラックフライデーの本番前後ではまたセールの復活や他サイトでも似たような特価案件が出る可能性はあるので、あとは参考程度にどうぞ

1ドル110円計算でおよそ8万5千円ほど。国内パソコンの半額以下と考えていいでしょう。Gearbestでの販売価格が約900ドルなので、中華サイト系の中でも圧倒的に安いです。先日の12.5インチモデルはGearbestのほうが安かったと思いますので、ブラックフライデー本番の11月25日前後に期待。

Banggoodのブラックフライデーセール特設ページ →「BANGGOOD Black Friday Sale For ALL Categories

Gearbestのブラックフライデーセール特設ページはまだ出ていないみたいです(まだ11.11のReloadedセールが継続中のため)。

Geekbuyingのブラックフライデーセール特設ページ → 「Geekbuying 2016 Black Friday SUPER SALE

GeekbuyingではXaiomi関連のスマホが最安値クラスで登場するタイムセールが24日から始まります。ここはMi MAXが安いサイトとして何度か紹介しましたが、タイムセールにラインナップされているので更に安くなるかも。Mi Notebook 13は889.99ドルなので然程でもなし。

フラッシュセールやクーポン情報はまだこれから更新されるものも多いはずなので、随時チェックしてオトクな商品を探すのは面白そうです。

by ke-onblog | 2016-11-21 06:32 | 端末輸入 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。