白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

フリーテルのKIWAMI2、RAIJINがDSDS対応 1年で国内DSDSスマホラインナップも豊富に

フリーテルが発表したKIWAMI 2,面白いですね~。まだまだ国内では数が少ないDSDS(デュアルSIM/デュアルスタンバイ)をMVNOが専売で出してくるとは・・・

海外モデルは別として、これで国内で利用できるDSDS機種は11種類くらいですかね。

Zenfone3(ZE520KL), Zenfone3 Deluxe (ZS550KL), Zenfone3 Deluxe (ZS570KL), Moto G4 Plus, Moto Z, Moto Z Play, Axon7, Axon7 mini, Blade V7 MAX,そしてKIWAMI 2にRAIJIN。これで11モデルです。

まだ他にもあったかな? これらはすべて2016年に発売されたモデルのはずです。
d0262326_06503919.png
こちらは今編集中のDSDSスマホのスペックリスト。まだもう少し整理したいので、後日モバイルびよりで完成版を公開予定です。

KIWAMI2は5.7インチ(2K)へ初代の6インチからサイズダウン。スペックに特別際立ったところがある感じでもないですが、ドコモのネットワークによく合致したバンド対応と49,800円という価格は他のDSDS機種と比べてちょうど中間的なポジションになっています。

CPUはデカコアのMT6797(Helio X20)。国内のスマホにはあまり使われていませんが、以前ブログで紹介したことのある中華スマホだとvernee Apollo Lite、Doogee F7 Pro、他にもElephone S7 、LeEco le 2 X620 などなど、200ドル前後のモデルに搭載されています。

Helio X20の処理能力は2015年夏モデルのハイエンド機種(Snpadragon810)並。Antutu Benchmarkなら8~9万点くらい。実際の動作はメーカーの調整次第ですが、単なるスコアだけなら5.2、5.5インチモデルのZenfone3に搭載されているSnapdragon 625より上なはず。

その他スペックは RAM 4GB, ROM 64GB、カメラメイン16M/フロント8M, バッテリー 3400mAh, ホームボタン内蔵指紋認証など。

☆「https://www.freetel.jp/product/smartphone/kiwami2/spec.html

KIWAMI2は既存DSDS機種の中では「画面が大きめで価格が安い」という感じです。

KIWAMI2は特別にコストパフォーマンスが高いというわけでもないのですが、同5.7インチサイズのZenfone3 Deluxeよりは4万円も安いです(スペックも2ランクくらい低いですが)。

機能・性能面を見てみるとZenfoneの場合はau回線にも対応(ZS570KLはau VoLTEには非対応)している、AXONシリーズは音質の良さをウリにしている、Moto Z/Z Playはパーツ拡張性というオリジナリティもあるので、やっぱりKIWAMI2と全く被るライバルでは無さそうです。

しかしサイズについてはDSDS機種は尽く大画面モデルばかりですね。一番小さいのはZenfone3の5.2インチモデルということに。低スペック・ローエンドモデルが少ないのはDSDSを求めるユーザー層がライトユーザーでは無いという事情から解るのですが、同じようなサイズ感の機種ばかりなのでもう少し幅が欲しいところです。
d0262326_07065959.jpg
RAIJINは来年の発売ですが価格は一番安い29,800円という価格は魅力的。バッテリー5000mAhという思い切った仕様も良いですね~。ただ、CPUのMT6750Tはロースペック。海外のスマホなら100ドル台前半のスマホに搭載され、Antutuのベンチなら3万点台~4万弱といったところ。

でもRAMは4GBですし、ディスプレイも5.5インチでフルHD。日本のスマホではこういったちょっとアンバランスに感じるようなスペックを持ったスマホは珍しいですね。

DSDSが出来るというだけならMi5の方がRAIJINより今はさらに安く輸入できますが、やっぱり国内で使うにはいろいろと問題があるので(苦笑)、RAIJINでお手軽にDSDSを試せるのは良いですね。

かつてはDSDSモデルといえば海外モデルを輸入してこっそり使うくらいしかありませんでしたが、わずか1年(というか、ほぼ2016年後期のみなので半年?)で10機種を超えるDSDSスマホが投入されていますので、今後もさらにMVNOの市場拡大に伴いバリエーションが増えれば使い方に合わせた機種を選べるようになり、価格競争も進みそうなので楽しみですね。

SIMフリー ASUS ZenFone 3 ZE520KL 3GB 32GB ブラック-Black 4G LTE (5.2inch/Full HD/Android 6.0/Qualcomm Snapdragon 625/2.0Ghz)ブラック 海外正規品 [並行輸入品]

新品価格
¥30,000から
(2016/11/22 07:18時点)


by ke-onblog | 2016-11-22 07:23 | スマホニュース | Comments(2)
Commented by アニキ at 2016-11-22 14:39 x
いつも参加にさせていただいております

DSDAスマホの購入を検討しているのですがスペック問わず主さんオススメの機種があれば教えてください。
Commented by ke-onblog at 2016-11-22 15:10
>アニキさん

価格を問わず、ではなくスペックを問わずですか!なかなか難しいことをおっしゃいますねw(でも価格を問わずだと最高スペックのものを薦めるに決まっているので、質問としてはある意味で正しいのですね(笑)

今発売されている機種はそれぞれ特徴があり、何を重視したいのかによって選ぶべき端末は異なると思うのですが、、、細かいことを考えずトータルでオススメするのであればMoto G4 Plusか、5.2インチのZenfone3ですね~。ハイエンドではありませんが、スペックに拘らないのであればお値段が安めで安全牌な2機種です。発売から時間も経っているので、致命的な不具合を抱えているということもないはず。

お急ぎでないのならそのうちここに挙げたDSDS機種すべての特徴に触れた解説記事を準備中なので、そのときにまだご興味があればご覧ください^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン