白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ZenFone3シリーズ ZenFone3 Ultra ZU680KL スマホ買取価格相場は?

正式には2016年12月9日に発売されるASUS ZenFone3 Ultra (ZU680KL)の買取価格に関するアレコレを考えてみたいと思います。

なぜ発売前にこんなことが書きたくなってしまったかは、昨日の流れで察して下さい(´∀`)

ZenFone3シリーズは日本では10月7日に5.2インチモデル・5.5インチモデル、10月27日5.7インチモデル、さらには11月26日にZenFone3 Laserが発売されており、「3シリーズ」ではZenfone3 Ultra ZU680KLが5モデル目になります。

海外ではすでに数か月前からそれぞれ販売が始まっているので国内版だけでなく輸入版も結構国内で流通し始めていますので、国内外モデルが全く同じスペック・仕様ではないとは言え、まだ発売前であるZU680KLの価格相場の予想は比較的容易です。


まず先にASUSの公式価格をチェックしておきましょう。日本で出ている5機種はサイズ違い・名称違いのものはありますが「RAM/ROMだけが違う」というモデルは無いため、比較的覚えやすくはありますね。

・ZenFone3 ZE520KL 5.2インチモデル: 39,800円
・ZenFone3 Deluxe ZS550KL 5.5インチモデル: 55,800円
・ZenFone3 Deluxe ZS570KL 5.7インチモデル: 89,800円
・ZenFone3 Laser ZC551KL 5.5インチモデル: 27,800円
・ZenFone3 Ultra ZU680KL 6.8インチモデル: 59,800円

2016年12月4日時点、すべて税抜きの「ASUS ZenFone Shop」の価格です。

ZU680KL以外はすでに日本で発売済みなので、情報更新の早い白ロム買取店ならばウェブサイトで簡単におよその買取価格相場はチェック出来ると思います。通常の白ロム買取価格はショップのストック数・端末の人気度、需要と供給によって変動しますので「定価の○割くらい」と簡単に決められるものではないのですが、SIMフリー端末の場合は比較的均質になることが多いです。

特に、このZenFone3シリーズは5機種ともまだ発売から日が経っていないので、大きく値崩れするほど在庫が持ち込まれているショップは無いはず(最近はちょっと量販店やMVNOが強力なセット割引をSIMフリー端末で出しているので一概にも言えない)。

以下、私がテキトーに選んだ買取店7店舗分(一部価格表記がない端末は除外)の買い取り額の平均値です。個別の店舗名を出すのはやめておきますが、すべてそれなりに有名なところをチョイスしました。

・ZenFone3 ZE520KL 5.2インチモデル: 平均27,571円(最高32k)
・ZenFone3 Deluxe ZS550KL 5.5インチモデル: 平均37,426円(最高45k)
・ZenFone3 Deluxe ZS580KL 5.7インチモデル: 平均50,714円(最高55k)
・ZenFone3 Laser ZC551KL 5.5インチモデル: 平均15,400円(最高20k)

GOとかMAXとかSelfieを調べても良いのですが、先述のように「セットで投げ売られている機種」は本来の価値より買取価格が下げられていることもあるので、今回の分析からは除外。なるべくシンプルな系で、要素の近いサンプルで予想をすれば十分でしょう。

今実際にZU680KLの査定を出しているのはイオシスくらいでしょうか?他のオンラインサイトでは過去に5万円で買ったというショップくらいしか見つかりませんでした(気になる方はネットで探せばすぐに見つけられるでしょう)。

上記4機種の平均買取価格は定価(税込み)に対して、51.3%~64.1%のレンジに入っています。Zenfone3 Laserと5.7インチのデラックスが51-52%、5.2/5.5インチのモデルが62,64%と2つの価格帯に分かれているようです。
d0262326_13263362.png
どうして520KL,550KLの査定が高く、Laser, Deluxeの査定が低いか。それはおそらくトレンドの機種ほど高く、最上位・最下位のモデルは敬遠されがちということなのでしょう。デラックスは流通量が少なそうなのでもう少し高いところもあるかと探したのですが、定価の6割を超える査定を出しているショップは見つかりませんでした。

では、ZenFone3 Ultra ZU680KLはどちらのグループに入るのでしょう? これはちょっと奥が深い問いかもしれません。単純に考えるなら「6.8インチなんてデカすぎるからマイナー価格」と片付けてしまうところなのですが、昨晩のあの売れ行きを見てしまうと・・・

そして、何と言っても今はまだ発売前です。最新機種なら発売日に定価で買うつもりで居た人も多いハズ。

そのあたりを総合的に考えると、Zenfone3シリーズの査定から推算される一般的な買取ショップのZU680KL買取査定予想額は34,000円~41,500円(定価に対し52~64%の幅)、そこから発売日直後であることを考慮して、少し価格帯を上げて38,000円~45,000円程度を予想します。

トップレベルの買取店でも5万円を超えることはかなり難しいでしょう。だって9万円のデラックスの買取相場がそのくらいですから。この楽天のセールさえなければどうだったか判りませんけれど(笑)

一方でオークションの相場はもっと上になるでしょう。特に、今ヤフオクでは毎日くじ引きで12月25日まで購入額に対してTポイント還元をやってますよね。この効果はかなり大きそうです。ポイント付与に上限があり、3万円を基準にしているみたいなのでZenFone3 Ultraの価格相場を考えると何等を当てたとしても付与上限を超えてしまいますが、定価よりも割安に買えるとあれば入札は増えそうです。

出品価格の目安は・・・どのくらい流通するのかわからないので具体的な予想はここではやめておきましょう(´∀`)

買取店にリリースするのは確かに簡単ですが、楽天のセット端末(特にZenFoneシリーズ)は開封状態で届くというケースがあるらしいので、開封状態は減額と言われそうなショップでは売らないほうが良いかもしれません。

あ、いえ、みなさんもちろん自分用に買ったに決まっていますから、少しくらい開封されていたって利用には関係ないデスヨネー( ゚∀゚)アハハ~  私はまだZenFone3 Ultraの実物すら見たことがないので、届くのが楽しみです。自分用ですからもちろん開封しますよw


昨日のセール分の楽天モバイル契約の案内は12月5日以降に届くとされています。私は楽天カードで支払ったのですが、さきほど利用速報が来ていますね。32800円分。

私は音声3.1GBプランを契約予定です。honor6 Plusの購入時から3ヶ月目に入ったので、もうそろそろ入れ替えても良いかなと(笑)honor6 PlusのSIMがnano SIMだったらもう少し便利だったのですが、手持ちのSIMフリー機種はnanoばかりなので・・・

そういえば楽天ではZenFone3(ZE520KL)を買うと強制的にmicroSIMになりますね。SDカードとセットで使うことが前提ならそのほうが良いのかもしれませんが、ZU680KLはnano+nanoのデュアルなのでセットSIMサイズはnano SIMになるはずです。

☆「楽天モバイル


by ke-onblog | 2016-12-04 14:09 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。