白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

楽天SS 半額スマホ最後のタイムセール ZenFone MAXのお買い得度はいかほどか?

今回は大盛況となっている楽天スーパーセールの楽天モバイル関連商品、その最後の刺客(?)はASUS ZenFone MAX(ZC550KL)です。

Z530もZenFone3 Ultraも、そして一昨日のP9 liteもタイムセールの開催時間終了を待たずに完売していますので、もし購入予定があるのなら開始時刻直後に注文完了できるようにスタンバっておきましょう。

P9 liteのときに「2-3分で売り切れることは無さそう」と書いておきながら予想を大幅に外しておいて、またこんなことを言っても信用されないかもなのですが(苦笑)、個人的にはやっぱりZenFone MAXもそこまで瞬殺されうようなアイテムには思えないのですが・・・どうでしょう(´∀`;)

まぁ、そのあたりも含めて予習をしておきましょう。

ZenFone MAX ZC550KLは他のZenFone2シリーズと同じく5.5インチのSIMフリースマートフォンですけれど、かなり極端なモデルとなっています。
d0262326_19045181.jpg
はっきり言って処理性能はかなり控えめです。Snapdragon 410, RAM 2GB/ ROM 16GBという構成はZenFone2 Laserと同じであり、Antutuベンチスコアで言えば3万点に届かないくらいのはずです。全く使えないということはないですけれど、3D系のゲームをガンガン遊びたいというのならちょっと考えた方が良いでしょう。

最新のZenFone3シリーズにはスペックでは大きく劣っています。SIMスロットは2つありますが、DSDSではありません。au回線でもほぼ使えないはずです。

ディスプレイも5.5インチでノーマルのZenFone2と同じサイズですが、解像度がHD(1280×720ピクセル)に落とされています。MAXの国内発売は2016年3月だったと思いますが、スペックは実質2015年の低価格スマホクラスだと捉えるべきです。

ZenFone MAXの長所は「バッテリーの大きさ・持ち時間」にステータス極振り、この1点集中だと考えておけば良いでしょう。

ZenFone MAXには5000mAhの電池が搭載されており、MAXと他のスマホを繋ぐことでモバイルバッテリーのように電源供給まで可能、3Gでの連続待受時間は最長で38日間という脅威の長持ちを実現します。動画の連続再生も約23時間と、普通のスマホの倍近いですね~

最近ではフリーテルが似たような大容量バッテリースマホも出していましたけど、MAXもそんな感じです。

細かいスペックはこちら→https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-Max-ZC550KL/specifications/

このZenFone MAXのASUSでの販売価格は30,024円(27,800円)となっています。これが今日のスーパーセールでは楽天モバイルのデータSIM・または音声SIM回線のセット契約で事務手数料込み・16,800円で販売されます。

☆「楽天モバイル楽天市場店 ZenFone Max+SIMカード(事務手数料込み)

楽天のサービスサイトではZenFone MAXは扱いがないので、これまでにあまり安売りされたことはないはずです。そういう意味ではこの大容量バッテリーモデルを安く入手出来る珍しい機会と言えるのかもしれませんね。

今回は音声SIMがセットではないのでデータSIMを選べば最低利用期間もなく、いつでも回線解除が可能です。このお手軽さが一番の魅力です。

ZenFone MAXの価格相場を調べて見ると、goo SimSellerが25,920円(OCNSIMパッケージ付き)で売っていますね。たぶんこれが普通のショップの最安値でしょう。

Yahooショッピング系ではソフマップにも取り扱いがあり、いつものようにTポイント還元を考えればかなり安くなります。

☆「ソフマップ ASUS(エイスース) ZenFone Max ホワイト ZC550KL」 27,240円(税込)

これでTポイントの還元が私のアカウントだと今は最大で12倍の3,264円分と出ています。さらに「最大2000Tポイント 得々キャンペーン」(12月8日末まで)にエントリーしておけば2万円以上の買い物なので2000Tポイントが別途貰えるはずなので、これで実質22000円くらいで買えることになります。

ヤフオクの落札相場を見てみると新品だと21k~24kくらいが国内版の落札相場になっているようです。

そう考えると、やっぱり楽天セール品の事務手数料込み16,800円は安いと言えるでしょう。データSIMの料金もMVNO業界の水準並に安いですし。

☆「楽天モバイル

CPUやRAM・ディスプレイ解像度だけを見ると16,800円でようやく価格相応というレベルのモデルですけれど、他にはあまりないレベルの大容量バッテリーを搭載しているという点を重視し、スマホとモバイルバッテリーを一緒に買って常時持ち歩くようなことを考えるのならお買い得だと言えそうです。動画視聴・読書用・SNS用・カーナビ代わりなどになら便利そうです。

限定数はブラック300・ホワイト300・アクアブルー200の合計800台。果たして楽天モバイルの快進撃は続くのか、開始時刻まで眠くならなかったら私もチェックしたいと思います。これが音声SIMだったら瞬殺は難しかったかもですが、データSIMで契約できるというメリットは小さく無さそうです。購入したい方はあまり油断しすぎないほうが良いかもしれませんね。



by ke-onblog | 2016-12-07 19:52 | キャンペーン情報 | Comments(2)
Commented by みおふぉん at 2016-12-07 23:55 x
こんばんは。
全く気にしていませんでしたが、さっき見たら800台完売していましたね。
データSIMだからってのもあるかもしれませんね。
Commented by ke-onblog at 2016-12-08 08:48
> みおふぉんさん、こんばんわ^^

速度は他のセール品よりかなりゆったりでしたが売り切りましたね~。遅い時間だったのでどうかと思いましたけれど、データSIMのお手軽さは魅力でしたね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。