白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ウィンターシーズンに間に合う!ふるさと納税でモンベルで使えるポイントが貰える

12月に入りいよいよ冬らしい朝晩の冷え込みが感じられるようになりました。北海道では大雪になっているとのニュースも見かけましたけれど、ウィンタースポーツを楽しみにしていた人にとってはこれからが本番ですね!

スキーやスノーボードだけでなく、トレッキングやアウトドア関連の有名メーカーであるモンベル(mont-bell)では長野県小谷村のふるさと納税とコラボレーションしており、寄付をするとなかなかの高還元率でモンベルの商品を買うことが出来るポイント(バウチャー)が貰えます。

☆「ふるなび 長野県小谷村のふるさと納税返礼品一覧

寄付額は11000円からとなっており、1回の寄付で通常年1500円の有料会員費用が無料(既存会員の場合は1年延長)となり、寄付額に応じてバウチャーが発行されます。

11000円の寄付 → 5000pt
30000円の寄付 → 15000pt
60000円の寄付 → 30000pt
80000円の寄付 → 40000pt
・・・

このあとさらに10万円・30万円・50万円でそれぞれ50%の還元率でポイントが貰えます。ポイントの発行は入金確認(クレカで支払い可能)から7~10日程度と結構早く貰えるみたいなので、冬休みシーズンのお買い物に間に合いそうですね。

私が前回同じくふるなびで申し込んだときには寄附金受領証明書と返礼品が届くまで3週間掛かりました。1ヶ月が目安とされていた自治体でしたが、ちょっとだけ早かったですね。

ポイントの加算は送られてくる引き換えチケットに書かれたID/PINコードをモンベルの専用サイト(https://www.montbell.jp/reg/hometax/)で入力すればOKです。ポイントはモンベルのオンラインショップだけでなくモンベルの直営店やノベルティへの交換などにも使えます。

あとは都内に2店舗ある「スパイスマジック」というモンベルが運営しているダイニングカフェでも使えるみたいですね。これならアウトドアに興味がない人でもポイントの有効活用が可能です。

スパイスマジック・・・マジックスパイスというスープカレー屋さんもあった気がしますが、たぶん無関係(笑)

で、このポイントには有効期限がありません。会員カードの有効期限内であればいつでも使えますので、今すぐに欲しいものがなくても後から交換出来ますので、2016年分のふるさと納税控除金額上限にまだ余裕がある方はとりあえず交換しておくのもよいでしょう。

他にも有効期限が無い商品券系では「ふるなび 静岡県小山町のふるさと納税」でサーティーワンアイスクリームの商品券が還元率4割で貰えますので、こちらもオススメです。

今年も残すところあと3週間足らずですので、もう本当に急いだほうが良いでしょう。商品券系は無くなることはあまりないと思いますが、出荷数量が限定されている人気のパソコンや家電製品は売り切れてしまっているものも結構ありますので。

☆「ふるなび-ふるさと納税 人気返礼品ランキング

今のナンバーワンはダイソンのファンヒーターですか~。やっぱり季節感が出ますね。2位は以前紹介したこともある米沢市のNECのノーパソ(還元率8割超えの超おトク)、3位は炊飯器?!  モンベルのバウチャーは7位にランクインしています。


by ke-onblog | 2016-12-12 19:02 | ふるさと納税 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン