白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ヤマダも2017年福袋企画に1万円SIMフリースマホ 中身はたぶんあの機種

昨日はヨドバシのお年玉箱で私も惨敗しましたが・・・今日は平等に購入のチャンスがありそうです。
d0262326_07532047.jpg
ヤマダ電機の公式ウェブショップにて、年末企画として年末大抽選福箱が数量限定で販売されます。ヨドバシとは違い抽選での購入なので、慌てる必要はありません。エントリー期間は4日間ありますのでゆっくりと中身を予想出来ますね~(´∀`)

☆「ヤマダウェブコム 年末大抽選福箱 2016-2017」/12月15日10時受付開始

応募は18日の日曜日まで。抽選結果は祝日の23日金曜日に行われ、25日までに購入手続きを済ませることでゲット出来ます。ヤマダの福箱はウェブから注文できます。アプリのダウンロードは不要です。

福箱には液晶テレビ・デジタル家電、デジカメ(一眼レフ・コンデジ各種)、ノートパソコン・オーディオ系、生活家電・ゲームなど各種ありますが、スマホ関連は6種類のSIMフリースマホセットが用意されています。

もちろん福袋企画なので具体的な中身は明かされていないのですが・・・ちょっとヒントがわかり易すぎですね(笑)

6種類×10セットが販売されるのですが、そのうち3つは色違いになっています。

5.5インチグレー系・ゴールド系・シルバー系というのが2種類ずつあり、中身は2機種固定っぽいです。「中身は届いてのお楽しみ」であって、ランダム封入だとは書いてないですからね。

公式に書かれているヒントは、
5.5インチ液晶のSIMフリースマホ(シルバー/グレー/ゴールド系・Android搭載・リバーシブル仕様)

ASUS:5.5インチ液晶のSIMフリースマホ(レッド/グレー/ゴールド系・ Android搭載・ デュアルSIM)
とのこと。いずれも販売価格は1万円(税別)です。

「リバーシブル仕様」ってあまり聞き慣れない言葉ですが、これはALCATEL OneTouch Idol 3に使われているフレーズ。IDOLには最新モデルの4もありますが、あちらは5.2インチモデルなので候補外。

Idol3はSnapdragon 615、RAM 2GB, ROM 16GB、バッテリー容量2910mAhといったスペックで、通常は2万円前後で売られています。ちょっと古い機種ですけど、1万円なら安いです。

デュアルフロントスピーカーは良いですね。スマホの裏や下にしかスピーカーがない機種だと音が直接届かないのでボリュームを調整しないと聞こえづらいのが不快なのですよね。

詳しいスペックは公式サイトをチェックしてみてください。

☆「https://alcatelonetouch.jp/」

もう一つの方はASUS製とメーカーが指定されています。ASUSのZenFoneシリーズは5.5インチモデルがたくさんあります。サイズ条件に当てはまる機種は、

・ZenFone 2
・ZenFone GO(ZB551KL)
・ZenFone MAX(ZC550KL)
・ZenFone Selfie (ZD551KL)
・ZenFone3 Deluxe(ZS550KL)
・ZenFone3 Laser (ZC551KL)

ZenFone ZOOMは同じく5.5インチですけどシングルSIMなので対象外ですね。2 LaserやUltra, 来年1月発売の3 MAXなどはサイズが違います。

さらにここでカラー情報があります。販売されるのはグレー・ゴールド・レッドがあるということなので、、、「系」という表現は気になりますが、カラーラインナップから候補はほぼ断定できます。

ZenFone GOにはレッドとブラックはありますが、グレー・ゴールドはありません。MAXにはホワイトとブラックしかないので、やっぱり当てはまりません。

Selfieにはピンクはありますが、これを「レッド」というのはキツイですし、グレー・ゴールドもありません。3 Laserにも赤はありません。

ということは・・・初代ZenFone2ですかねぇ。RAM・ROM容量の異なるモデルも複数ありますが、1万円で売るとなると2GBモデルでしょうか。今更なので4GBモデルが入っていても驚きはしませんね。

以上から、ヤマダ電機のSIMフリースマホ福箱の中身は一つはAlcatelのIdol3、もう一つはZenFone2でほぼ間違いないです(ASUS・ブラック/レッドはGO、ASUS・ゴールドはZenfone2という混在も否定は出来ない)。どちらも1年以上前のモデルの在庫処分という感じがしちゃいますが、1万円なら高くはないでしょう(´∀`;)

なお複数にエントリーすると1つの商品に当選すると他のエントリーが自動的に落選になるので注意して下さい。複垢も禁止です。

☆「ヤマダウェブコム 抽選販売の注意事項

他のジャンルもヤマダの福箱はヒントでかなり対象商品が絞られるので、当選人数は少ないですがカメラ類もかなり安そうなことが判ります。

例えば3万円のキヤンノ一眼レフ 標準レンズ+単焦点レンズというものなら、たぶん私が持っているEOS KISS X7と18-55mm, F1.8 50mmのレンズでしょう。普通にそれぞれ買えば5万円以上はするはず(私はそれぞれ5万・1.5万円くらいで買ってますね)。

繰り返しますがヤマダの福箱はは抽選販売なので、購入を急ぐ必要はありません。じっくり中身を予想して市場価格と比べて、欲しいもの・おトクさを考慮して申し込めばOKです。


by ke-onblog | 2016-12-15 08:00 | キャンペーン情報 | Comments(2)
Commented by 凍死 at 2016-12-15 10:36 x
情報、どぉもです。

昨日の敗北後にヤマダのWEBを見たのですが、見つけたのは『感謝をこめて歳末セール』のページでした(笑)。それじゃダメじゃん、連敗確定だ(汗)。

商品ページを見ましたが、昨日のヨドバシと比較するとPC関連はHDDとの抱き合わせなので、他も抱き合わせが多く、『在庫処分』感がちょっと強い感じですね~。もちろん、お買い得ではあるとは思うのですが。

送料も考慮して、主様仰せの様、じっくりと検討します。
Commented by ke-onblog at 2016-12-15 12:47
> 凍死さん

PC関連はどんなものでもとりあえず使えれば良い、という人なら良いかもですが価格が価格なのでかなり低スペックなものが入っていることも想定しないといけないレベルですよね^^; 大当たりでハイスペック機種が入ってないとも言い切れないですが・・・他の中身が容易に予想できる箱から察するに期待しすぎない方がよさそうですね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。