白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Huawei Mate9 エキサイトモバイルで49,800円 最大2.8万円CBあり

ZenFone3 Deluxe ZS570KLの対抗馬と言えそうな新端末 Huawei Mate 9が明日12月16日から発売されます。

グローバルではもう発売されており、輸入系ショップにはちらほらと在庫が見られるのですが、日本の販売価格60,800円(税別)はまずまずの価格設定となりました。アリエクでも600ドル近いので、昨晩からの円急落の影響もあり個人輸入しても節約にはならなさそうです^^;
d0262326_15041681.jpg
Mate 9は5.9インチのファブレットサイズ。Huaweiの端末としてはP8 Max、Mate 7に次ぐ大画面スマホですね。

スペックはKirin 960という最新CPUを搭載しており、海外版のAntutuベンチスコアはSnapdragon 820/821クラスの13万点台となっています。「9」シリーズのP9に搭載されたKirin 955だと10万点弱なので、定価がほぼ同じ6万円の機種にしてはハイスペックだと言えるでしょう。

RAMは4GB, ROM 64GB, バッテリーも大きく4000mAhを搭載しています。本体重量は約190グラムと軽くはありませんが、5.96インチのNexus6でも184g(電池容量3220mAh)ですので、電池の持ちが良いなら納得できる重さでしょうか。

そしてやっぱりMate9の最大の特徴はP9と同じくLeicaのダブルレンズ。12Mピクセルのカラーセンサーと20Mピクセルのモノクロセンサーを使い、「ハイブリッドズーム」とやらが使えるというのも気になります。P9のカメラも相当なハイレベルなものでしたが、それよりも綺麗なのでしょうね~。「4-in-1 ハイブリッドフォーカス」というのもなんだか凄そう。

対応するネットワークは以下の通り。

[SIM 1] FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29

TDD-LTE : B38/39/40/41

LTE CA DL( 国内) : B1+B19/B3+B19/B1+B8/B1+B3+B8

UMTS: B1/2/4/5/6/8/19

TD-SCDMA: B34/39

CDMA2000: BC0 ※2

GSM:850/900/1800/1900MHz

[SIM 2] UMTS: B1/2/4/5/6/8/19

CDMA2000: BC0 ※2

GSM:850/900/1800/1900MHz

B18は入っていませんがB1/B26/B41があり、CDMA2000 BC0に対応しているので一見au系でも使えそうに見えますが・・・KDDIのネットワーク(通常のLTEもVoLTEも)での利用保証はされていません。法的な問題なのか仕様上の問題(CDMA2000対応でもauで使えるとは限らない)なのかはわかりませんが、、、アップデートでau回線でも使えるようになったりする可能性はあるかもですね。是非そうあって欲しい。

そして4G+3Gの同時待ち受け(DSDS)が可能なのだと。ハイエンドなDSDS機種のライバルスマホとしてはZS570KL・Axon7・Moto Zがいます。

関連記事:DSDSが出来る国内SIMフリースマートフォン比較 スペックデータまとめ

より大きなDSDS機種としてはZenFone3 Ultra(6.8インチ)もありますけれど、あれはもうタブレットサイズですので(笑)

ZenFone3 Deluxe/Moto Zよりおよそ3万円安く、AXON7と同価格帯です。 AXONがサウンド重視なのに対しMate9はカメラ重視な人向けということでターゲットは多少違いそうですね。


発売は明日16日から多くの量販店・MVNOで取扱が始まります。ZenFone3 Ultraの例があったので発売日から楽天モバイルが三木谷割で半額!とかやってくれることも期待していたのですが、発売記念CPはあるものの、ちょっと期待ハズレの内容でした。

☆「http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2016/1214_01.html

音声SIMの契約で1万円引き、データSIM契約で5千円引きだそうです。honor8のときもこのレベルだったので、、、楽天の音声プランを使いたいのなら良いですが、端末のみが狙いの場合はメリットは少なめです。

でも、このくらいのキャンペーンが普通レベルなのでしょう。ZenFone3 Ultraは自分も購入しておいてこういうのもアレですが、発売日から半額はちょっとやり過ぎな気がしました(苦笑)

一方でエキサイトモバイルがセット契約限定ながら、本体価格を49,800円に設定しています。最低利用期間はデータSIM契約時は無いはずです。

☆「エキサイトモバイル」/ Mate9は12月16日12時より受付開始

エキサイトモバイルではエントリーパッケージなどは無いので事務手数料3000円が掛かります。それでも楽天モバイルよりは安いです。

また、長期間回線を使うのならキャッシュバック・割引キャンペーンも併用出来ます。プランごとに割引額が異なりますが、最大で28,000円のCBもあり(現在のキャッシュバックキャンペーンは2017年1月5日正午まで)。
d0262326_15471628.png
月額500円からの料金変動性「最適料金プラン」の契約なら維持費も安めです。月額値引は契約の翌々月から適用されます。

三木谷割でもっとガツンと値引いてくれる時期もくる(Mate Sの例もありますし)かもしれませんけれど、現状ではexciteモバイルからの購入の方が割安でしょう。

DMMモバイルでも新規・追加購入・SIM追加で先着700名49,800円(税別、データ・音声SIM可)でエキサイトと同額に!音声SIM契約の場合は事務手数料相当をDMMポイント3000円分還元(パッケージ経由の申し込みは対象外)もやるそうです。DMMはすでに販売が始まっています→ 「DMMモバイル



by ke-onblog | 2016-12-15 17:40 | 格安SIM(MVNO) | Comments(2)
Commented by にぱいあーる at 2016-12-17 09:33 x
ちょっとご無沙汰です。
この画面サイズは、Xiaomi Mi5S Plusを買ってしまいました。グローバルROM版です。
これが、久方ぶりと言える満足度です。Nexus5以来くらいかな?しばらくの間は端末購入欲が抑えられそうなレベルですね。
あとは対応周波数と画面解像度くらいですが、次のGalaxy Note(の後継?)まで待てるかもしれません。
Commented by ke-onblog at 2016-12-17 14:06
> にぱいあーるさん

グローバル版を購入されていたのですね!5s Plus評判どおり良さそうですね~。日本でのMate9の価格は海外に比べても結構割安だそうですが、それでもMi5s Plusの方が数割は安いですし、カメラはさすがにMate9の方が上かもですがその他はトップクラスですよね。Galaxy noteの穴を埋めるというタイミングでもMate9に先んじて販売出来ていたのは有利だったかもですね(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。