白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

iPhone7発売から3ヶ月 進む円安と進まないiPhone買取価格上昇

今週はFOMCの利上げを受けて円安が進みましたね~。1ドル118円・・・118円!  私はちょっとだけ遊んでいたFXで120円台を待てずに、昨晩のうちに利確をして撤退しました(´∀`)

アメリカの大統領選後から円安ドル高が進み続け、たった3ヶ月ほどの間に20円近く円相場が動いているということになります。

今日は12月16日。その3ヶ月前というと、ちょうど9月16日といえばアップルのiPhone7/iPhone7 Plusの発売日でした。今年はiPhoneの値下げ規制が強く実施されたためまだ投げ売りは始まっていませんが、各社で購入サポ入りにより一括0円販売が続いているiPhone6sシリーズの価格相場も9月~12月にずいぶんと動きましたね。

私も9月頃からとあるショップのiPhone買取価格のチェックを続けているのですが、6sの投げ売りと為替変動、そして海外の諸事情によって3ヶ月の間に買取額は上がったり下がったりしています。

9/21 → 9/23(1k ↓)→ 9/29(5k ↓)→ 10/1(2k ↓) → 11/14(3k ↑)→ 12/16 (1k ↑)

詳しい解説はしませんが、10月頃が底値となり、そのあとは均衡状態を長く保ちながらじりじりと回復傾向が多くのショップで見られました。

9月末あたりで大きく価格相場が崩れたのはiPhone6sの一括割引が始まったことが原因かと最初思ったのですが、そうでもなかったらしいですね(詳しくは私は知りません)。少なくとも9月中旬→9月末頃の下落は為替変動による影響ではないです。海外事情はたぶん今も改善はしていないのですが、10月上旬では為替相場が1ドル103-104円程度であり、そこから1割以上も円安が進行しました。

日本で回収されたスマートフォンは海外へ流れているという話は確か公になっていますよね。某会合でもそういった話題が出ていたはずです。全部が全部海外に売られるわけではもちろん無いものの、こと輸出に関しては今の円安相場は有利な傾向なのでしょう。

10月頃に比べてiPhone6sの買取価格が1割くらいアップしているショップがあるのも確かですが、この程度の変動は「為替相場の変動」だけで説明がつくレベルだと考えられ、もし為替がこの3ヶ月で動いていなければ回復傾向はなかったかもしれません。

総務省による値引禁止令が強化されることで新品のiPhone白ロム流通量が減り、買取価格が上昇する可能性も無くはないと9月頃から気には留めていましたが、11月・12月になって案件の悪化はあったかもしれませんが、一括0円・キャッシュバックが完全になくなったわけですよね。

他方で「海外の諸事情」が解決されるようなことがあれば価格が跳ね上がることも・・・と期待した時期もあったのですが、そちらも2ヶ月近く改善の兆しが見られないので、このまま変わらずでしょうか。キャリアのSIMロック解除を行った端末の価値は高まっているので、海外のiPhone需要自体はあるのでしょうから。

今後、さらに総務省が締め付けを想像を絶するレベルで厳しくでもしないかぎり、現状と同等のiPhone供給量が保たれ、6sの買取価格が大きく上がるような展開はちょっと考えづらいです。むしろ、これからの年末・年度末商戦に向けてキャリアはアレコレと手を打ってくるはずなので、供給量的には増える可能性の方がずっと高そうです。

SIMロック解除が出来るのならその時期を待ったほうが良さそうですね。ロック解除が出来ない端末は・・・今の状態から価格が大きく崩れることもなさそうな雰囲気ですが、前述のように為替相場の影響で多少上がった下がったりすることは十分あるでしょう。

要はここ1ヶ月ほどで「iPhoneの買取額が均衡状態~やや回復」をしているからといって、今後大きな回復を期待するのはちょっと厳しいかな、というのが私の予想です。iPhone6sは今でも十分に高性能だと思いますけれど、国内における需要も7/7+に移行しているようですし。

為替相場が急激に動いた結果として今のiPhone買取相場が保たれていると考えれば、今の1ドル120円近い相場から9月頃の100円前後まで逆戻りすればiPhoneの価値も戻ってしまうくらいのことは想定しておくべきかもしれません。

今年の3月前後はそれでもある程度の盛り上がりがありましたが、来年2月~3月はどうなるのか・・・あまり楽観的には考えられませんが、現状よりも安く買えるような新しい販売方法の開発を期待したいですね~



by ke-onblog | 2016-12-16 07:50 | 白ロムコラム | Comments(6)
Commented at 2016-12-16 09:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by newMobile at 2016-12-16 10:01 x
ドル円について、来年100に戻るはしばらくないでしょう。前回も予想したですが、たぶん来年アップルのiphone7新品販売価格に調整があるかもしれません。

こちらも為替利益を確定しました(´∀`)、120円前後からそろそろ5円前後の調整にはいるではないかと想定していますが、あくまで想定です。
Commented by わくわく at 2016-12-16 10:37 x
完全に7シリーズの買取価格の不調からでしょうね。かつては初日前後は定価の倍以上なんて買取もあったのにジェットブラック以外は最初から定価割れしていましたし。せいぜい品薄効果でプラスが少しプレミアが付いた感じでしたからね。そもそも6sや7ではないですがSEのSIMフリーみたいに年間2回も(しかも結構な金額の)値下げなんて異例とも言えます。だからアンロック問題が出た6sだけ顕著とも言えず7の上値が弱い分が全体を押し下げている構図な感じです。今やアンドロイドのハイスペモデルの方が高値というのが定着しつつありますね。性能面はむしろアンドロイドのハイスペ機種の方が超えている部分も大きくiPhoneの方がギミックに走りがちになってますし。多分買取価格は円安みたいな要因以外は私も上がるのを期待するのは難しいかなと感じています。
Commented by ke-onblog at 2016-12-16 13:55
> ななしさん、おはようございます^^

下取り別でその条件は良いですね~。最近ちっともGalaxy案件をチェックしていなかったのですが、そのお値段ならありですね。

お母様がご一緒で救われましたねw 下取り端末も無駄にならず、プレゼント代を出すだけで済むならそのほうがずっと良いですよね(笑)
Commented by ke-onblog at 2016-12-16 14:01
> newMobileさん

トランプ大統領がよほど何かをしでかさない限りは最近のドル主導の為替動向はそうそう変わらなさそうですよね~。ドル円のロングも0にしたので個人的にはここから下がってくれたほうがまたスマホ輸入が楽しめて良いのですけど(苦笑) 急激な変動の反動にも乗れたらよいですが、調子に乗ると失敗しそうなので今年はもうおとなしくしていようと思います(´∀`)
Commented by ke-onblog at 2016-12-16 14:07
> わくわくさん

7も確かに思ったほど上がりませんでしたね~。買取店に持ち込む人もまだほとんどいないのかもしれませんが、為替の動きを無視すれば、「実質値引」がうるさく言われている現状では定価そのものを下げて販売しやすくするほうが世間受けもするでしょうし、買取価格が上がると期待できる要因・見込みが少ないですね。昔はiPhoneといえば中古でも安定した高値で買取が期待出来る機種でしたが、いまや逆に扱いづらいですね(´∀`;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン