白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ソフトバンクエアーにも学割始まる 25歳以下で2万円キャッシュバック ただし条件あり

ソフトバンクの携帯回線のほうについてはU18で2980円から利用できるキャンペーンが追加された学割関連の戦略ですけれど、ソフトバンクのインターネット回線であるソフトバンク光・ソフトバンクエアーについても今日1月16日から施策が切り替わっていますね。

ちょっと条件がアレなので、申し込む場合はよ~く検討してから決めたほうが良いと思うのですが、ソフトバンクエアーでは5月7日までの申し込みで25歳以下の人であれば20000円のキャッシュバックが貰えます。
d0262326_19360902.jpg
ソフトバンクエアーでは普段から他社固定回線・フレッツ光からの切り替えで生じた違約金・工事費などの全額負担(最大10万円まで)をキャッシュバックで還元するというキャンペーンもやっており、これとU25の2万円CB(JCB商品券の配布)は併用可能です。

一方で、これまでにこのブログで定期的にチェックしている「Tポイントが貰えるウェブ限定キャンペーン」とU25の2万円CBキャンペーンは併用が出来ません。どちらもウェブから申し込むことは出来るのですが、U25施策は「ソフトバンクの公式サイト経由」、Tポイント施策は「Yahoo BBの公式サイト経由」という違いがあるのです。ソフトバンクエアーのサービスはもちろん「ソフトバンク」が主体で運営しているのですが、その接続サービス自体はYahooが関わっていますのでどちらから申し込んでも受けられるサービスは全くの同一ながらキャンペーンに差があるようですね。

☆「SoftBank Air」/ こちらはTポイントが貰えるYahoo版

Yahooのキャンペーンだと1月16日~1月31日までの期間で先月までと同じくYahoo基本サービスでプレミアムプランを選ぶとTポイントが11,111円分貰えます(他社切り替えの10万円還元も併用可能)。

この2社のサイトの違いは申込画面で最初に表示される「重要事項と適用条件」の一覧で判別可能です。
d0262326_19452477.png
上記が「ソフトバンク公式サイト」の申込画面で表示されるページです。ここではちゃんと今日から始まった「Softbank Air U-25限定キャンペーン適用条件」と「web限定総額100万円プレゼントキャンペーン適用条件」のリンクがあります。

一方、Yahoo経由の場合だとこうです。
d0262326_19475008.png
先程はあったU-25・100万円キャンペーンに関する案内がありません。かようにキャンペーンの両取りは出来ないようにしっかりと申込画面が分けられているのです^^; Tポイントが貰えるのはウェブ経由のみで、店頭ではこの施策はやっていません。

ウェブ版での申し込み手順は以下のページに細かく書いてきましたので、興味がある人は参考にどうぞ。

☆「 [実体験]Softbank Airの申し込み方法・必要な準備・日数 利用方法まとめ

さて、U-25の2万円CBのほうに話しを戻すと、Tポイント11,111円分よりも還元額が大きいのでおトク!と感じるところなのですが、2万円キャッシュバックの適用条件がTポイント施策とは違います。
1. キャンペーン実施期間中に、新たに「SoftBank Air」(以下「対象サービス」とします)にお申し込みいただき、お申込日より90日以内に課金開始(契約成立)されたお客さま。
2. 対象サービスお申し込み日時点でお客さまが満25歳以下であること。
3. Airターミナルを割賦契約にてお申し込みされたお客さま。
4. 課金開始月の当月末日までにご利用料金お支払い方法の登録が完了されたお客さま。
重要なのは3項目めの「Airターミナルを割賦契約にてお申込み」という点です。Airターミナルとはソフトバンクエアーを使うために必要な受信機です。中に無線LANルーター機能が備わっており、これ一つで家のパソコンやスマホ・タブレットなどを接続させることが出来る機器なのですが、エアーターミナルをレンタルではなく買い取りしないと適用されないのです。

通常はソフトバンクエアーの契約時にはターミナル機器はレンタルか割賦を選べる(ウェブ申し込みの場合はかつてレンタルのみでしたが、本施策のためにソフトバンク公式サイトではウェブからでも割賦契約が可能になった)のですが、割賦契約では3年間の分割支払いが生じます。一方で、ソフトバンクエアーの契約期間は2年更新なので、2年の満期で解約してもエアーターミナルの分割代金支払いが残ってしまうというトラップが仕掛けられています。

これは以前に計算していますので、詳細は過去記事をどうぞ。
上記はエアーターミナル2になっていますが、現状機種のエアーターミナル3でも全く同じです。

エアーターミナルの価格は1,620円×36回=58,320円もします。3年間使うと毎月同額の月額割引がスマートフォン契約のように適用されて「実質0円」で使う事はできるのですが、2年でやめてしまうと19440円分(24回分適用したとして)の端末残債が解約時に請求されてしまいます。2年未満の短期解約をした場合には違約金9500円も掛かり、酷いことになります。

インターネット回線を契約し直すのも面倒だし、確実に3年以上使うというのなら割賦購入の方がレンタルを続けるより端末を購入してしまったほうが安くなりますので、そういう方はソフトバンクのU-25施策を5月7日までの期間中に申し込むと普段よりお得になるというのは間違いないでしょう。

こちらは抽選ですが、3月末までの申し込みで総額100万円(10万円×3名、5万円×4名、1万円×50名)という還元施策もありますし、春から一人暮らしを始める予定の学生・新社会人で25歳以下の人はレンタル購入で11,111Tポイントの方を選ぶか2万円CBを選ぶか、よく考えてから申し込むことをオススメします。

とにかく、今回の施策は「申し込みサイト・窓口によって適用されるキャンペーンが違う」ということと、「U-25の2万円CBの場合はレンタル契約は対象外」という2点を見逃さないように注意して下さい。


by ke-onblog | 2017-01-16 20:49 | ソフトバンクエアー | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。