白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

mineo 100万回線到達のための戦略発表 紹介キャンペーンでアマギフ配布2000円に倍増

つい先日契約回線数が50万回線を突破したことを発表していたケイ・オプティコムの格安SIMサービス、mineoは今年も攻め続けるようです。
d0262326_17214970.png
本日行われたmineoの事業戦略説明会の資料では、順調に利用者を増やし、これからもさらに事業を拡大していく野望がはっきりと伝わってくる内容になっています。

詳しい資料はPDFが公開されています → http://mineo.jp/assets/pdf/pdf02.pdf 

2016年9月末時点での「独自サービス型SIMの事業者シェア」では、OCN・IIJ・楽天に続き4位に入っているそうですね~。調査結果ではビッグローブ・U-NEXTを上回っているというデータもあるようです。

現在の50万回線から、2018年3月には100万回線→2020年3月には200万回線までも達する可能性を表したグラフまで。MVNO市場が今後順調に伸びた場合のシミュレーションなのだとは思いますが、あと3年で4倍とは凄い。

この春の新規ユーザー獲得戦略としては、

1. 新機種の投入 (スマホ・タブレット)
2. 音声SIM契約で800円×3ヶ月値引き、紹介キャンペーンの強化 (1月20日から)
3. 5分間かけ放題オプションの追加(3月から)
4. 訪問サポートサービスの開始(3月から)
5. テレビCMの拡大
6. リアルショップの増設・サポート充実 (渋谷店が2月1日にオープン)

などがあるようです(詳しくは資料をみてくださいね)。新スマホではZenFone3(ZE520KL)とZenFone3 Laserの投入が2月1日から、未公開の機種が1台追加されるようです。また、mineo初のタブレット端末もMedia Pad T2 8 Proが追加され、いずれもau, docomo両回線で使える端末に。

楽天やOCNなど主要MVNOでもすでに導入されているところも多いですが、mineoでも5分のカケホオプションが追加され、これも心待ちにしていた人は多そうですね。格安SIM回線にデータ通信よりも通話をメインに使う人であれば、最安プランで音声SIM+データ500MB+5分かけ放題オプション=月額2,160円~(auプランの場合。ドコモ回線は+90円)から利用が可能です。

かけ放題のオプションはプレフィックス回線を使うため、アプリからの発信となるようです(相手には090/080/070から始まる通常の番号で表示される)。

そして1月31日で終了予定となっていた紹介キャンペーンが明日20日からリニューアルされ、20日0時の申込み分から紹介者・被紹介者ともにこれまでの2倍、2000円分のアマゾンギフト券が貰えるようになるとのことです。

mineoの事務手数料はエントリーパッケージを使えば千円もしませんし、1契約あたり4千円分もamazonギフト券をバラまいて採算が取れるのか、他人事ながら心配です(´∀`;)

☆「白ロム転売法管理人用 mineo紹介キャンペーンURL

上記が私の紹介用ページですが、もし他に紹介者が居ないという方は使って下さい。ギフト券は開通後3ヶ月目の月末頃にメールで配送されますので、それまで回線を有効になっていればOKです。

エントリーパッケージはアマゾン等で購入してもいいですが、今朝ブログに書いたように白ロムのフリマサイト「ムスビー」でmineoで動作確認が取れているドコモ・auの白ロムを購入するともれなくパッケージが無料で貰えますので、白ロムを購入してmineoデビューをしたい方はムスビーで白ロムを仕入れるのも良いかと思います。

mineoは回線の通信速度はハッキリ言って他社トップクラスの評価を得ているMVNOに実感として劣るレベルで混雑しちゃってますが、混雑時間帯以外ならそこそこ快適に使えますし、何よりもこうしたキャンペーン・フリータンク・パケットギフトなどのユニークなサービスが使える点が魅力的なので、回線通信品質の弱さを補って余りある魅力があると考えることも出来ます。

なお,回線品質重視の人にはUQ mobileかIIJのauプランをオススメします。mineoとは次元が違う安定性を体感出来ます 。
UQ mobileはau本家のパワーがあるので別として、IIJは150万回線を維持しながらあの通信速度安定性を実現していますので、ぜひともmineoも将来100万回線・200万回線とユーザーを増やして資金が潤沢になった暁には回線品質のアップにも力を入れて欲しいものですね~

MNOは総務省の規制により身動きが取りづらくなっている今、今後もmineoのサービス拡大・向上に大いに期待したいところです。


by ke-onblog | 2017-01-19 18:00 | 格安SIM(MVNO) | Comments(4)
Commented by てる at 2017-01-20 00:54 x
5分のカケホオプション、850円で大手の半額っていうのはちょっとちがうかな~と思います。
大手は、5分カケホが1700円ですよね。
楽天とかは、通話(700円)を付けたうえで5分カケホオプション(850円)なので、1550円相当かなと思います。
Commented by ke-onblog at 2017-01-20 02:23
> てるさん

そりゃそうですよね、相手は基本料金のみ・mineoの850円はオプションだけの料金という条件で比較すること自体が意味がなかったですね(´Д`) 明らかに私の書き方がおかしい表現なのですぐに直しておきます。ご指摘ありがとうございますm(_ _)m
Commented by ななし at 2017-01-20 23:41 x
mineoの話がでてたので少し質問なのですが
au系のMVNOでiPhone6無印は使えるようになったんでしたっけ?
6はVoLTE対応ですがSIMロック解除しないとau系のVoLTEは使えないので
解除に対応してない6はMVNOじゃダメって認識であってますか?
Commented by ke-onblog at 2017-01-21 05:28
> ななしさん

MVNOのau VoLTE SIMの場合はその通りだと思います。mineoやUQの場合は従来のLTE SIMも選べるので一応SIMロック解除をしなくてもauの6/6+/5s/5cも利用可能です。

UQの場合はnanoSIM(専用)というiPhone向けのSIMが発行出来ます。これを使うとmineoやIIJ回線では出来ないテザリングが公式に動作対応となっていますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン