白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

楽天モバイル 480円で買えるMediaPad T1は通話可能な大画面7インチタブレット

先週末改めて楽天モバイルでセール中の機種のスペックや機能を比較するためのリストを作っていて気づきました。現在セール中のMediaPad T1 7.0 LTEって結構面白いですね。
d0262326_06323928.jpg
現在の販売価格は音声SIM契約時で最大95%となる一括480円、データSIMだと2,880円であり、はっきり言って端末のスペックだけを見ればこのくらいの価格設定が妥当なレベルの旧モデルです。音声・データプラン共に最低利用期間もありますし、端末リリース目的での短期解約は意味がないでしょう(それなら単品で別途購入したほうがコストは安い)。

ただし、普通に楽天の回線が欲しい・そしてこの機種の一番の特長である「音声通話可能」というところに惹かれるのであれば検討の余地ありでしょう。この機種を単なる「タブレット」として見てしまうとスペックの弱さを感じちゃいますが、これ一台で電話もできちゃうのは面白いです。

要は、MediaPad T1 LTEモデルは「7インチの超大画面スマートフォン」でもあるわけです。6.8インチのZenFone3Ultraより一回り大きい。もちろんZenFone3 Ultraのように高性能ではありませんし、DSDSも出来ない(microのシングルSIM)・au VoLTEも使えませんけど。

詳しいスペックは公式サイトを参照ください(楽天で扱われているのはRAM 1GBのシルバーのみです)

☆「http://consumer.huawei.com/jp/tablets/features/mpt1-7-lte-jp.htm

6インチオーバーの大画面スマホは現在10数種類が国内技適を取得したものが買おうと思えば可能ですが、やはり一般的なサイズではないため、あまり安売りはされていません。昨年のZenFone3 Ultraの半額セールは例外的でした(´∀`)

☆「5インチじゃ満足出来ない人向け 6インチ超の大画面スマホ(ファブレット)比較

通話ができるタブレットとして、ドコモではかつてXperia Z4 SO-05G, AQUOS Pad SH-05Gとかもあったのですが、現在販売されているdtabやarrows TabはVoLTE通話に非対応なので、電話代わりにすることは出来ません。

SIMフリー機種であれば同じくHuaweiシリーズにおいて後継機種のMediaPad T2 7.0 LTEモデル, M2・ZenPad 7.0 Z370KL(Wi-Fiモデルと混同しないように)・ZenPad 8.0 Z380KNL,そして新しいところではASUS ZenPad3 8.0 Z581KLも通話が出来るため、「超巨大スマホ」として使えないこともないです。

これらの機種の価格相場は新品であれば2万円~4万円程度になっており、「スマホ+タブレット」の役割を持たせてこの値段を高いと感じるかどうかは人それぞれだと思いますが、楽天モバイルのセールで激安で今買えるのは旧モデルのMediaPad T1 7.0 LTEだけです。

大画面スマホ(あるいはファブレット・通話可能なタブレット)にスペックを求める人には480円だとしてもMediapad T1では不満を感じるでしょう。あくまで「楽天回線とセットでなんでも良いから通話可能な大画面モデルが欲しい」人向けです。

初期コストが端末480円+事務手数料3394円、そこから一番安い音声ベーシックプランにして月額1,250円×1年縛りです。

☆「楽天モバイル

端末だけ欲しいのならファーウェイの公式サイトでもまだ販売があります。

☆「ファーウェイオンラインストア MediaPad T1 7.0 LTE(シルバー)」/税込み 11,858円

6インチ超えのファブレットとして比較しても価格だけをみれば圧倒的な安さです。画面の解像度(600×1024ドット)は低いですが、小さな文字が見づらい・スマホの画面は小さくて使いづらいというご高齢の方にスマホ代わりとしてプレゼントするのにも向いているかもしれません。


by ke-onblog | 2017-01-24 07:09 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン