白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

日本通信によるソフトバンク網MVNO本格始動 SIMロックiPhone白ロムの価値は上がるか

先日発表された日本通信とソフトバンクの相互接続サービスによるMVNO,格安通信回線の提供は大きな反響があったようですね~。

これまでにもソフトバンク網を使った一般向けMVNOとして飛騨高山ケーブルネットワークが運営している「Hitスマホ」やら、ワイモバイルの料金プランそのままな代理販売のような形態はありましたが、ついに今ドコモやau回線を使って提供されているような「格安でキャリアの端末を使うことが出来る回線」としてサービスが始まるということでいいのですよね。

☆「日本通信、 ソフトバンクと相互接続に関して合意 3 月 22 日にサービス開始

最初に提供されるSIMはiPhone用とわざわざ書かれているので、ソフトバンクらしい例の複雑なSIM規格のうちでiPhone向けのSIMを日本通信(とその接続を介するMVNO)に提供するということなのでしょう。Androidでは使えない(動作保証をしない)可能性がありますが、SIMロック(キャリアのロック)が掛かったiPhoneが使えるようになることは間違いないので、これまであまり出番のなかったSB版のSIMロック解除義務化前に発売されたiPhone5s/5c/6/6 Plus、それからSIMロック未解除のまま放出された6s以降の白ロムの出番がやってきますね。

ソフトバンクのSIMならワイモバイルで販売されたiPhone5sも使えるかもですね(少なくともソフトバンクが普通に発行しているiPhone7用のSIMでは使えることは確認済み)。

今後提供されるソフトバンクのMVNO向けプランは現在のドコモ・auプランとそれほど変わらない価格で提供されるであろうという情報も見かけたので、Hitスマホみたいに3GB1,980円(CATV利用者は1,580円)のようなボッタクリ価格なって利用者が全く増えないということも無さそう・・・なのでしょうか(´∀`;) 料金プランについては実際のサービスが判明するまでは安心出来ない感じです。

沢山のSB MVNO利用者が見込まれるのなら、ソフトバンク版のiPhone白ロム価格の相場が上がることが予想されます。

現状ではiPhone5s~6シリーズあたりの中古価格相場は ドコモ >au ≒ SB 版くらいです。
上記は2ヶ月ほど前の相場をまとめたものなので微妙に現時点の相場との相違もありそうですが、大きくは変わっていないはずです。

iPhone5s 16GBならドコモ版も最近は12k前後、au/SB版は安いショップだと1万円前後くらいから在庫が見つかるでしょう(非ジャンクの場合)。

すでにMVNOが普及しているau版とSB版が同じくらいの価格である理由は、SB版iPhone白ロムの流通量がau版に比べれば少ないからでしょう。

では、SB網のMVNOが今後始まるとして、中古iPhoneの需要が高まった時にどの程度まで値上がりする可能性があるかと考えてみると・・・それほど大きな変化は無いかなと予想されます。SB網MVNOが無茶苦茶に快適で料金も安く、良質なサービスがバンバン出て来るような事態になればSB版のiPhone白ロムを欲する人は増えるのかもしれませんけれど、ドコモ網・au網と同じくらいのサービスであれば、やはり「ドコモ >au ≒ SB 版」という価格相場は変わらない見込みです。仮にSB版がドコモ版より高いようなショップがあれば、普通にドコモ版・au版を買って既存のMVNOに行きますよね。

auではVoLTE SIMを使う場合にMVNOでもキャリアロックを外さなくては使えないという制限があるため、もしSBのMVNOでiPhone6s以降のモデルがドコモ版のようにキャリアロックが掛かったまま自由に使えるような仕様になれば、「ドコモ ≒ SB 版 >au 」くらいの順番になる可能性も無くはないですね。au版なら購入後にユーザーがキャリアロック解除を出来ると言っても、国内需要に限って考えれば有料でSIMロック解除をしなくても使えるMVNOがあるのならそれで構わないでしょうから。au版のSIMロック解除可能なiPhone6s以降・Android機種がさほど高い価値になっていないのはそういうことでしょう(いろんなキャリアのSIM・海外利用を想定している一般人ならフツーにSIMフリー機種を買うのでしょう)。

ソフトバンク版のiPhone5s/6/6 Plusあたりの安い中古在庫は少なくなる可能性があります。新品の相場はそんなに変わらないとしても、中古のお買い得品はザーッと市場から無くなってしまう可能性はありますね~。これはau版のMVNOが登場した頃にも観測された現象です。

SB版の5s 16GBモデルなら普通に使えそうな1万円以下の中古白ロムは需要が高まりそうです。現時点の価格から大きく高騰することはまず考えられないですが、「安い在庫が見つけにくくなる」ことは想定されます。もし3月22日に備えて中古iPhoneを買っておきたいのなら、早めに在庫を確保しておくと良いでしょう。

ちなみに私は6 Plusの安い在庫が無いかなと探している最中です(´∀`) 普通に使えそうな中古ランクでも16GBモデルで25k~30kくらいが相場。すでにSB版でも結構高い・・・目標は20k以下で美品。あるいは安く画面割れ品を買って修理するのもアリかな~なんて。まだサービス開始まで1ヶ月半ほどありますので、価格相場変動の前兆がないか見ながら動いてみようかなと思っています。


by ke-onblog | 2017-02-03 18:55 | 白ロム転売法 | Comments(2)
Commented by にぱいあーる at 2017-02-04 08:55 x
気になってるのは、今は正式に公開されているわけではない、SoftBankのiPhone用SIMのAPNその他の接続用設定が公開されるのか?ということです。
未公開のままで、iPhoneに差せばそのまま使える、その他は設定すら出来ない…となるのかもしれませんが。
Commented by ke-onblog at 2017-02-04 12:29
> にぱいあーるさん

なるほど~、既存MVNOではありえないそういう可能性も危惧しなければならないのですね(´Д`;) 「iPhone用」というのを強調しているあたり、にぱいあーるさんの「未公開のままで、iPhoneに差せばそのまま使える、その他は設定すら出来ない」という予想はしっくり来ますね^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン