白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

SO-02Jよりおトク度が高い?arrows NX F-01Jの機種変購入サポートと白ロム相場

人気度は圧倒的にXperia X Compact SO-02Jなのだと思いますけれど、arrows NX F-01Jも悪くなよいように見えます。

d0262326_20254213.jpg
2月1日より機種変更でも端末購入サポート入りをしたドコモのスマートフォンでは一番画面が大きいのがarrows NX F-01J。コンパクトタイプが好みの方にはちょっとF-01Jはゴツイ作りになっているので向かないかもですが、内部に硬い金属フレーム素材が使われていたり、傷つきにくいコーティングがされていたりと頑丈さを売りにしています。

F-01Jは5.5インチのフルHDディスプレイ・本体重量は169グラムとかなり大きめなのでSO-02Jとは対照的なサイズ感。CPUはQualcomm MSM8953 Snapdragon 625なのでちょっと性能は低め(ZenFone3と同じ)なので処理性能としてはハイエンドではないのですが、一般利用ではこのくらいで十分なのでしょう。

ハイエンドでもないのにドコモの定価販売価格は93,312円という、ちょっと目を疑う価格だったのですが・・・今は端末購入サポート入りをしてXiからの機種変更でも一括25,920円、新規・MNPなら15,552円になりました。

☆「ドコモ arrows NX F-01J

定価が高く・割引額が大きいため端末購入サポートをぶっちぎると巨額の違約金(割引解除料)が生じる点には注意が必要ですが、SO-02Jと比べて機種変更でも+1万円でF-01Jが買えるわけです。購入サポなのでシェアパック5,データSパックでも割引は同額ですし、維持費は比較的安く済みます。

で、今朝方の日記でも書いたように、機種変更向け端末購入サポート機種追加からわずか1週間で人気のXperia X Compact SO-02Jは大量に白ロムが流通しはじめて、オークションの相場が崩れ始めています。
SO-02Jは一括15,552円で白ロム落札相場が5万円弱まで下がっているのに対し、F-01Jは1月頃では6万円台後半、2月に入ってもまだ6万円を超えています(もっとも、制限が○のものでないと高い値段は付きにくいのはF-01Jも同じ)。某買取店でも今日更新の価格はSO-02JよりN-01Jの方が12kほど上ですね。

F-01JもSO-02Jも使える割引はほぼ同じはず。端末購入サポート(割引解除料は違いますが)はもちろん家族まとめて割・学割・下取りも全部使えます。

2月12日までに購入して応募すれば市場価値が1万5千円以上する高級ヘッドホン「H500M」があたるキャンペーンもやっていますし、状況次第ではF-01Jをゲットしてみるのもアリかな~と。

ただ、やはり市場の人気・需要は圧倒的にXperiaです。今月期の下取りプログラムを見ても判るように、同時期に発売されたXperia Z3 SO-01Gが22kなのに、ARROWS NX F-02Gは17kと明らかにソニー端末をドコモは優遇しています。F-02Gも当時はハイスペックモデルと言っていい機種だったはずなのですが(´∀`;)

絶対的な需要が少ないため、価値が下がり始めればSO-02Jより厳しい状況になってしまうことは避けられないかもですが、そこは上手く相場を見ながらということで(中~長期的な見通しならSO-02Jに分があると思います)。


by ke-onblog | 2017-02-08 21:01 | 白ロム転売法 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。