白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Xperia X Compactの安売りが止まらず 白ロム相場は45000円前後まで押し下げる

まだ想定範囲内の価格相場ですが、予想より早いペースで下落しています。

ドコモから発売されているコンパクトスマートフォン Xperia X Compact SO-02Jが機種変更でも一括1.5万円、旧機種のXperia Z3 Compact SO-02Gを下取りにすれば本体負担がマイナスになるということで売り上げが急激に伸びているというのは価格と機種の魅力を考えれば当然の流れと言えます。

新規・MNPでの一括0円+巨額キャッシュバックが盛られたタイプの投げ売りが行われても白ロム端末の市場流通価格は下がりますが、「ドコモの機種変更需要」のパワーはやっぱりすごいのですね・・・

3日前の日記では、SO-02Jの白ロム価格がオークションで5万円を切り始めるというお話をしましたけれど、そこからあっという間にさらに1割ほど価格が下落しています。
上記の記事では「45kくらいまでは遠くないうちに・・・」なんて、そうはいっても人気はあるので余裕を持って予想したつもりだったのですが、2月10日の落札実績を見ると複数の新品出品が45,000円を下回る金額で取引が終了しています。

出品内容を見ても特に安く終わってしまうような要因(終了時間が中途半端・商品説明が不十分・評価が低いなど)があるわけでもない出品でも45k前後まで下がっており、もう50kを目指すのはかなり厳しくなってきました。

オークション相場解析ツールの「オークファン」で落札相場を計算してみても、過去30日分のトレンドでも50kまで落ちていますね。
d0262326_05094364.png
短期の落札相場を調べるだけなら無料の一般会員で十分です。

一方で、先日も日記に書いたarrows NX F-01Jはまだ昨日も6万円を超えています。SO-02Jの今の新品出品数が約130件あるのに対し、F-01Jは10件足らず。

2機種の購入コストは1万円しか違わないはずなので・・・需要と供給のバランスが価格を決定するという市場原理が良く解る事例となっていますね(´∀`;)

短期解約をする場合はSO-02Jが機変で21,384円、F-01Jでは31,104円の購入サポート解除料が発生しますので、その差額は購入価格と合わせて2万円になるものの、満12ヶ月以上キープするつもりの回線であればF-01Jも悪くないと思ったのですが・・・やっぱりXperiaの人気には敵いませんね。

ちなみに一括650円スマホとして話題になったMONO MO-01Jはすでに新品未使用品の白ロム価格も2万円を切ることもあり、SO-02Jの方がまだまだ圧倒的に有利です。

下取り・まとめて割を併用していればまだ値下がっても余っているdポイントを換金するという意味以上のメリットはあるはずけれど、今後も回線を使い続けるつもりならSO-02Jに機種変更をしておき、早めに購入して制限が○になるまで待つ・価格相場が戻るかもしれない夏~秋頃に期待をする・SIMロック解除をして付加価値を高める、などの作戦を考えたほうが良いのかもしれません。

☆「ドコモ Xperia X Compact SO-02Jの価格・スペックをみる

SO-02Jの適正価格がいくらくらいなのかはもうよく分からなくなってきましたが(苦笑)、過去のSO-01G/SO-02Gの投げ売り終了後の爆上げっぷりを思い出すと、この先「買い時」が来るかもしれませんね。機種としての評価が高いので、過剰供給が終われば相場回復(3~4月に達するであろう底値と比べて)の可能性は非常に高いと思います。


by ke-onblog | 2017-02-11 05:49 | 白ロム転売法 | Comments(4)
Commented by ななし at 2017-02-11 21:45 x
2週間足らずでここまでいきますか
2年前の12-1月はZ3Cが2-3月はi6とipadが投げ売られましたからねー
特に月サポ目当てでi6大量にいった人は機種変から2ヵ月後○にしてPOなり解約しても違約金かからないですから
契約変更期間2ヶ月になったのも一般人より玄人のが上手に利用する図也
Commented by ke-onblog at 2017-02-11 23:36
> ななしさん

Z3シリーズの投げ売りからちょうど2年というタイミングがポイントでしたね~。ここで更新月延長の効果があったのですね(笑)機変なら解除料もちょっとだけ安いですし単に純解約するよりは端末を手に入れてから・・・という人が多かったかもですね
Commented by 通りすがる at 2017-02-12 10:56 x
お世話になってます。
過去のソイジ、ソニジの時は、その次期モデルであるZ4が
糞端末(Snapdragon 810が爆熱、電池持たない)ってことが
発売前、発売後に知れ渡ってしまったことと、
auではSOL26からSOV31ということでVoLTE専用機になってしまったことが重なり、
Z4は糞端末、使えない端末、ということが市場で決定的になり、
その分、十分使えた、使えるZ3がプレミア化して、
その人気に跳ね返ったってことがありますね。

ただ今回の場合は、次期モデルが糞ということはないので、
安売り後に値が戻ったとしても、ソニジ程にはならないかと。
むしろ、次期コンパクトモデルにSnapdragon 8番台が復活したら、
値が上がらないかもしれません。

それはそうと、昨日ドコモショップにSO-02Jに機種変に行ったら、
なじみのお姉さんに、「もう少し待った方が良いかもしれませんよ」
と、含み笑いをされましたので、機種変せずに帰ってきました。
3月から何が購入サポート入りするんでしょうかね(すっぼけ)。

Commented by ke-onblog at 2017-02-12 17:58
> 通りすがるさん

ありましたね~、810機種。ソニジ・ソイジは下がる要因と上がる要因が奇跡的に揃いすぎていて、それに比べれば上も下も同じレベルになることは確かに無さそうですね。次の夏機種はスナドラ835?になるのでしたっけ。それが失敗しない限りは過剰な期待は禁物そうですね(´∀`;)

よく考えればまだ2月なんですよね。例年通りなら値下げ・投げ売りの本番は3月も続くはずなので、さらに次を期待しちゃいますね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン