白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ふるさと納税「感謝券」も総務省に刺される 返礼品転売で勝浦市が取り下げ

おトクなふるさと納税はどんどん劣化していきそうです。

ヤフーのニュースを見ていると、こんな記事が。

☆「勝浦市、人気返礼品見直しへ 総務相が指摘

携帯業界でも高い知名度を誇るのあのヒトが登場しています。

概要としては、2016年4月から千葉県勝浦市のふるさと納税で導入されていた返礼品のひとつ、「かつうら七福感謝券」というものが、総務省の指導により販売停止になったということです。

勝浦市のふるさと納税を扱う「さとふる」からも、確かに削除されています。

ふるさと納税をすることで貰える返礼品では以前より換金性の高い「金券」の類は転売が問題となり規制が掛かってきましたが、これからは「地元でしか使えない地域振興券・感謝券」も一掃されそうです。

感謝券って結構多くの自治体が出していたと思うので、今後ふるさと納税をあてにしていた地方自治体の運営は苦しくなったりするのかもしれませんね・・・

今もまだ貰える感謝券系だと、

・岩手県陸前高田市 陸前高田地域共通商品券 (5000円の寄附で1000円×2枚)
・群馬県中之条町 中之条町ふるさと寄附感謝券 (1万円の寄附で5000円+特産品)
・静岡県小山町 おやま地域振興券(2万円の寄附で 500円×16枚)
・群馬県みなかみ町 ふるさと納税感謝券(みなかみハピネスチケット 2千円の寄附で1000円)
・静岡県南伊豆町 ふるさと寄附感謝券(寄附の半額相当 1000円未満切り捨て)

などがあります。これらはふるさと納税サイト「ふるなび」にてインターネットから申し込み、支払いが出来るので誰でも(該当地域に住んでいる人は対象外のことも)返礼品を貰うことは出来ます。

さらにこれらの返礼品の名称でヤフオク、フリマサイトを検索してみると・・・

やっぱり廃止は近そうです(´∀`;)  ニュース記事にあるように勝浦市の感謝券が廃止される前にも同様の理由で廃止された感謝券系のふるさと納税品はあり、そこから派生してケチがついたようなので、当然勝浦市がダメなら他の振興券もNGになる可能性が高いでしょう。使えるお店・サービスに特色があればOK、という流れが2017年では通用しなくなりそうです。

そのエリアでしか使えない感謝券であれば自治体にとっては転売されようがどうしようが「自治体の収入」という面では問題はなさそうに見えますが、感謝券を発行していない自治体・ふるさと納税の使っていない人に不公平感を感じさせるというのは判らないではないですけどね。

まだ2017年も始まって一ヶ月ですけれど、おトクなふるさと納税は早めにやっておくのが吉です。

☆「ふるなび-税金控除の年収めやす


by ke-onblog | 2017-02-11 19:18 | ふるさと納税 | Comments(4)
Commented by ななしさん at 2017-02-12 11:24 x
去年山ちゃんの50%にお世話になったのですが
あれっていつからなくなったのですか?
Commented by ragen at 2017-02-12 15:30 x
JTBトラベルギフトが規制させるのも
時間の問題でしょうか。

自治体はわかっていて期間限定にしている気がします

Commented by ke-onblog at 2017-02-12 18:02
> ななしさんさん

あっ、あれなくなったのですね!確か昨年創業者の方が亡くなられたというニュースが出た頃にはまだあったはずですが、、、売り切れたということは無いでしょうし、今も商品セットはあるので世界の山ちゃんが協賛から外れたわけでも無さそうなので、規制で取り下げたのかもしれないですね(´Д`)
Commented by ke-onblog at 2017-02-12 18:36
> ragenさん

JTBの旅行クーポンは一応本人しか予約出来ないという縛りがあったかと思うので大丈夫そうな気はしますね(何か抜け道があるのかもしれませんが(苦笑)

どういう基準で返礼品を選び、登録しているのは私は詳しい選定方法を知らないのですが、良い意味でも悪い意味でも「お役所仕事」ってことで、一時的にでも税収が増やせるならということで規制のリスクのある返礼品を盛り込んでいる可能性は確かに十分ありそうですね(笑) 普通の企業で納品されたものが取扱廃止になれば売り上げを見越して製造した商品ストックの問題や流通経路確保のために掛けたコストが大変なことになりそうですが、自治体にとっては「取り下げになって赤字になりました」でも責任を取る人はいなさそうですね・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。