白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

初音ミクコラボで話題となったRedmi Note4X 中華サイトで180ドル前後で輸入可能に

先日のバレンタインデーに販売開始となって話題になったXiaomi Redmi Note 4Xが中華通販サイトに在庫が入り始めたようです。

現地価格はRAM3GB/ROM 32GBモデルの場合は999元、およそ16500円ほど。5.5インチのフルHDディスプレイ・Snapdragon 625、4100mAhの大容量バッテリー搭載機種でこのお値段というのは魅力的でしたが、通販サイトで輸入する場合はもう少しコストが掛かりそうです。
d0262326_17494137.jpg
まだ中華ガジェット系通販サイトには例の初音ミクコラボモデルは出ていません(出荷はまだ1ヶ月以上先?)。在庫ありで販売されているのはグレーとゴールドが多いようです。

☆「Geekbuying - Only $189.99 for Xiaomi Redmi Note 4X 32GB Silver Gray

Xiaomiのスマホがよく安売りされているGeekbuyingでは190ドル(およそ21,500円)でグレーが入荷中。ゴールドは20日後くらいの入荷品の予約、ブラックはまだ未定になっています。

☆「Gearbest Pre-Order Xiaomi Redmi Note 4X

ギアベストはかなり盛っており、日本円にして33,685円の表示(商品メニューでは32GBと表示されていますが、説明のQ&Aでは64GBモデルとも。32GBモデルにしては高すぎるので、在庫が入荷してから注文したほうが良さそうです)。

中華スマホをもっと安く買いたいのなら、やっぱりアリエクスプレスです。

☆「AliExpress.com MC-MART - Original Xiaomi Redmi Note 4X Mobile Phone Snapdragon 625 Octa Core 3GB RAM 32GB ROM 5.5' FHD 1080P 13.0MP Camera Fingerprint ID

ここは私が以前Mi5sを輸入したショップです。在庫があるのはゴールド 175.99ドル、グレー 176.99ドルとなっていますね(送料はAliexpress standard Shippingで無料)。

176ドルなら1ドル/113円として、およそ2万円ということになります。現地価格より3000円くらい高いですが、通販輸入をする場合はこのあたりが最安値クラスですね。

初音ミクモデルの限定版はどのくらいの数が流通するのか分かりませんけど、一体どのような流通価格になるのか色んな意味で楽しみです(笑)

Redmi Note 4XではないノーマルモデルのRedmi Note4との違いはCPUがMTK Helio X20 Deca Core か スナドラ625なのかくらいしかスペック上の差異はありません(現地価格も同じ999元)。Helio X20モデルの場合は同じくアリエクのMC-MARTが最安値で160ドルで出していますので、+16ドルの差。

MediaTekのSoCがダメというわけではないのですけれども、15ドルくらいの差ならスナドラ版のNote 4Xの方がやっぱり信頼度・安定度は高いのでしょうか。

中華スマホではこのくらいのスペックを持っていて2万円というのは別にずば抜けて珍しいということもないのですが、やっぱりSnapdragon搭載機になるとちょっと値段が上がる傾向にあります。Snapdragon 821/820搭載機のハイエンドモデルに比べれば処理性能は劣りますが、スナドラ625機種なら普通のゲームアプリは軽々と動くはずなので、海外旅行用スマホに電池の持ちが良い端末が欲しい人には向いていそうです。

アリエク以外の通販サイトだとまだリリース直後ということで現地価格より高めなので、輸入最安値を目指すならAliexpress経由が良いでしょう(アリエクはいわゆるショッピングモールサイトです。いろんな出品者・ショップが混ざっているので十分注意と覚悟をして使いましょう(´∀`;))。



by ke-onblog | 2017-02-18 18:36 | 端末輸入 | Comments(2)
Commented by にぱいあーる at 2017-02-20 10:19 x
台湾のXiaomiのサイトに、MiNote2とRedmiNote4Xの予告が出ました。明日21日の正式発表予定です。
ということで、両者ともグーグルプレイストアが最初から入っているモデル(とROM)が入手しやすくなりそうです。
ただRedmiNoteのシリーズは、これまでは販売地域によって対応周波数を合わせながらも、対応周波数が少ないもので出てきている傾向があるので、そこは注意が必要かもしれません。

ちなみに台湾の予告には、ミクモデルはないです(笑)
Commented by ke-onblog at 2017-02-20 12:11
> にぱいあーるさん

情報ありがとうございます!確か以前ROM焼きでも上手く動作しないモデル・バージョンなどがあるとも教えて頂いていたと思いますが、これでより安心して買えるルートが増えそうな点は朗報ですね~。まだNote2はお高いみたいですけど、Note4Xはお手軽に試せそうなので対応バンドが豊富なら1台仕入れてみたくなってきましたo(´∀`)o
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン