白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

実売2万円以下の格安スマホ Huawei nova liteゴールド開封レビュー 金色っぷりを比較

2017年2月末に発売されたばかりのHuawei nova liteを購入しましたのでレビューをしてみたいと思います。

メーカー定価も約2万円という超格安モデルながら、現在は「goo SimSeller」で実施された発売記念クーポンを使うことで、回線契約無しで14,800円(税別)にて購入が可能です(今日3月2日に予約が再開されたのですが、あっという間に再度売り切れてしまいました。次の入荷もあるかもなので、クーポンの発行だけは先にしておきましょうもうクーポンの新規発行は出来なくなりました。発行済のクーポンは次回入荷があれば使えると思います [過去記事] → 回線契約任意・Huawei Nova liteが14,800円で買えるクーポン 台数限定 )。

まだほんの少ししか触ってませんけど、マジでこんな端末を発売直後から15kで売ってていいの?!ってくらい、良い感じです。

さて、では早速開封しましょう。
d0262326_17565389.jpg
nova liteの外箱は真っ白にシルバーの文字が入っており、とてもシンプル。「縦長」な箱はちょっと珍しい?
d0262326_17580883.jpg
goo SimSellerではSIMパッケージセットでの販売が行われていますが、ちゃんと未開封のようです。中身についてはまた後日レビューを各予定ですが、OCNやショップ,関連サービスアプリなど余計なものはインストールされていません。
d0262326_18072095.jpg
本体以外の付属品はOCNモバイルのパッケージ(データ専用・SMS付きの場合はSIM付き、音声パッケージの場合は申し込んでからSIMが届くタイプ)とチラシ、端末アフターサポートというNTTレゾナントがオプションでやっている「端末サポート」の案内、あとは購入明細くらいです。
d0262326_18104667.jpg
箱を開けると、縦にスマホが入っています。今はP8 liteやP9 liteもこんななのでしょうか?honor 6 Plusを買ったときは普通に横になっていた気がするのですけど、こういう入れ方の端末は私は初めてみたのでちょっと笑えました(´∀`)
d0262326_18122165.jpg
本体以外の同梱品はmicro USB+ACアダプタ(1.0A)、イヤホン、SIMピン、保証書・クイックスタートガイドに、背面と4隅を保護できるクリアケースが入っていました。
d0262326_18133995.jpg
簡素なケースですが、薄型で軽量(実測で13グラム)。ケースやフィルムはまだ買ってないので、日本で買うか海外から仕入れるか迷っていたところですが・・・ひとまずこれを使うとします。

では続いて本格的に本体の外観をチェックしましょう。
d0262326_18160687.jpg
正面から。スピーカーはディスプレイ上とボディの下フレームにあり、Phone7と似た配置・・・に見えますが、ディスプレイ上のスピーカーは通話音声用で、通常の音楽再生は下のスピーカーからのみサウンドが出るようです。
d0262326_18290620.jpg
イヤホンジャックは上にあります。
d0262326_19123910.jpg
本体右側には音量ボタンと電源キー。honor6 Plusと同じ配置です。

充電接続は「micro USB」。novaの方はType-Cらしいですけど、個人的にはここはnova liteもType-Cにしてほしかったところです・・・。
d0262326_18234956.jpg
iPhoneのようにアンテナのラインは無いのですが、このディスプレイガラスとサイドフレームの隙間にある、ディスプレイの外を1周している非光沢の枠がアンテナ代わり?かもしれません。
d0262326_18235884.jpg
前面も背面もつややかな2.5Dガラス仕様みたいです。honor 8のように反射な輝きではないものの、背面の指紋が目立たないのが良いですね(笑)
d0262326_18263088.jpg
カメラはシングルレンズ。フラッシュもレンズもフラットになっており、ボディから飛び出してはいません。
d0262326_18272542.jpg
指紋認証センサーは背面に。物理ボタン式ではなくタッチのみ。搭載位置は違いますが、リングの輝き具合はiPhoneのホームボタンに良く似たデザインです。

Huawei novaは5.0インチなのに対し、「lite」だとその小型モデルような印象を受けるかもしれませんけれど、nova liteは5.2インチ(フルHD)。nova liteを持った印象は結構大きく感じました。

公式の数値データは縦 約147.2 mm × 約72.94 mm × 約7.6 mm、本体重量は147グラムとなっています。5.2インチモデルとしてはそこまで大きなわけではないものの、4.7インチモデルのiPhone7と比べると縦横に大きいです。

Huawei製 5.5インチのhonor6 Plusと比べてみましょう。
d0262326_18333818.jpg
honor6+もnova liteもデザインはとってもシンプル。でもhonor6 Plusよりnova liteの方が断然高級感があります。

iPhone6とも比べてみましょう。
d0262326_18415058.jpg
5.5インチ→5.2インチ(同梱のクリアケース装着)→4.7インチというサイズ感。
d0262326_18364874.jpg
上から順番に honor6 Plus・iPhone7・iPhone6、そしてnova liteです。本体のサイド部分は横向きに金属の削りだしのようなデザインになっており、なかなか格好いいですね。honor6 Plusのサイドはすごく安っぽく見えたので、多少マシになりました。

写真では色の差が伝わりづらいかもですが、nova liteのゴールドは比較的薄めの金色です。

私の手持ちの端末から、ゴールドカラーの機種を並べてみました。nova liteは左から2番めです(この中にひとつモックがあります)。
d0262326_18465759.jpg
別に私はゴールドが大好き!というわけでもないのですけれど、気がつけばこんなに金色の端末が集まりました(´∀`)

nova liteには他にブラック・ホワイトもあります。実は最初ブラックを買おうと思っていたのですが、迷っているうちに売り切れたので・・・。でも、Huaweiツイッターアカウントの中の人にもゴールドをオススメされました。



ということで、nova liteの外観は確かにかなり綺麗でした。

これが3万円以上の価格ならほしいとは思わないですけれど、少なくとも外観に1万円台の安っぽさを感じさせない良い出来になっていると思います。デザインはちょっとのっぺりしていて面白味・特徴はないものの、実売2万円を切る端末としては十分すぎる出来という印象を受けました。

以上、開封レビューでした。中身に関するレビューは後日ちゃんと触ってからお届けします。

☆「goo Simseller Huawei nova lite発売記念キャンペーン


by ke-onblog | 2017-03-02 19:25 | 白ロムコラム | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。