白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Huawei Nova liteレビュー スタンバイ時の電池消費をhonor6 Plusと比較

結局まだほとんど触れないまま放置されているHuawei nova lite。放置したからこそのレビューをちょっとだけお届けします。
d0262326_22053575.jpg
私はgoo SimSeller経由で購入したのでOCNモバイルのパッケージがセットにはなっていましたが、開通はさせずにYモバのSIMを使っています。ナビゲーションバーには「Y!mobile」の表示が出ます。

ワイモバのSIMを挿すだけでAPNが自動で出現します(個別入力の必要は現時点ではありません)。ソフトバンクのプリスマ用とワイモバの2種類が表示されますので、利用したい回線に合わせて設定を選びましょう。

私は昨年楽天モバイルのセット販売にてHuaweiのhonor6 Plusも購入しているのですが、そちらがスタンバイ時にバッテリーが暴走するというバグに当たったため、実はnova liteもそうだったら安いだけのゴミになりはしないかと危惧していました。

でも杞憂だったようです。
d0262326_22134226.png
上記が今日一日、ワイモバのSIMを挿してデータ通信ON/Wi-Fiオン/Bluetoothオフ/GPSオフにしたまま1日放置した状態のバッテリー消費具合です。11時台に少し触ったときに電池が減っていますが、それ以外の待機時はおよそ0.3%/hくらいの消費電力でした(Battery mixのスクショではディスプレイが点灯していることになっていますが、もちろん点けていません)。

いくつか購入後にアプリは入れていますが、常時稼働するものは入れておらず、初期設定から何も電池消費に関係する設定は変えていません(Google Playの自動更新のみOFFにしてます)。

nova liteの電池容量は3020mAh、公式データ値ではLTEの連続待機は531時間(約22日)ということですが、普通に使っていればそこまではたぶん保たないでしょう。

一方、honor6 Plusの場合はこうです。
d0262326_22210274.png
全く使わず、これです。こちらもほぼ初期設定のままです。

私は一旦Android 6.0にした後、5.0にダウングレードもしたのですが、その後もしつこくアップデート通知が出るようになっていたのでもしかして不具合は直ったのかな?と思っていたのですが・・・まだ全然直ってないですね~
私が試したかぎりでは、honor6 Plusの待機電力消費の暴走を止める術は、OSを戻すか機内モードにするしかありませんでした。通信関連の何かが悪さをしているのだと予想していますが、今もって原因は不明です。

もうhonor6 Plusを今後使う気もないので良いですけど。Huaweiにはこうした面倒な思い出があったので、nova liteがまともでホッとしています(´∀`)

他に追加で確認出来たことは、GPSもちゃんと動きます。少しだけGoogleマップで使っただけですが、位置の追従・方角も問題ありません。

安売りされていたgoo SimSellerでは本家サイトもヤフーも楽天も全て売り切れてしまっており、次回の入荷も未定になってしまったのでちょっと残念なところですが、機種としての問題点は今のところ感じていませんので、P9 liteより更に一回り安い格安スマホが欲しい人には向いているでしょう。

au VoLTE対応・DSDS対応のnovaの方ならまだクーポン利用で29,800円(税別)で買えますので、デュアルスタンバイ機種が欲しい人はnovaもいい感じらしいですよ~。国内モデルでDSDSが出来るスマホとして5.0インチは一番小さいはずです(重さはMoto Z・本体のみの方が軽い)。

☆「goo SimSeller



by ke-onblog | 2017-03-05 22:45 | 白ロムコラム | Comments(4)
Commented by マダオ at 2017-03-07 14:41 x
最近、SIMフリー機を出品していると時々「Y!mobileでも使えますか?」といった質問が飛んでくるんで、訊きたいんですけど、SoftBankはアンドロイドSIMでIMEI制限をかけていますが、Y!mobileのSIMではどうなんでしょうかね?

もちろん、SIM単体契約では心配ないでしょうが、要はY!mobile端末で普通に契約したSIMもやっぱりIMEI制限かけてるなかなぁ?と思い、Y!mobileショップのお兄さんに訊いたのですが、「僕らにも開示されていない情報なのでわからないんでよね」という頼りない回答で、はっきりとした答えが見つけられないんですよね。

まぁ、万が一制限かけられても、SIMを再発行すればまた使えるようになると、お兄さんは言っていましたが、回線が端末と紐づいている以上、通信状況見られてまた制限かけられたら、元の木阿弥ですしね。

残念ながら、SoftBankグループは絶賛喪中で、PHSとプリモバしか契約していないので、試して確認することもできないんですよね。

おそらく、お使いのSIMはワンコインSIMだとは思いますが、なにか情報をお知りでしたら、ご教授ねがえないでしょうか?
Commented by ke-onblog at 2017-03-07 15:23
> マダオさん

私も聞いたことはないですね~。ワイモバ用のiPhone5s SIMならSIMフリーのiPhone7で試したことがありますが、普通に使えました(テザリングは不可)。逆にソフトバンクのiPhone用SIMをワイモバイルのiPhone5sに挿した場合でも音声・データ通信ともに普通に出来ることだけは確かめたことがあります。

もし今でもロックを掛けていればもっと話題になっていると思いますので、たぶん大丈夫だとは思いますが・・・SBグループのやることはわからないですね^^;
Commented by マダオ at 2017-03-07 16:44 x
自分は去年1月末に、ドコモへPIするのに、出先でSoftBankのアンドロイドSIMに制限を喰らって、しかも157へも周知がされておらず、はじめスマホが壊れたのかと思いましたよ。

確かにiPhoneはユーザーが多いからかなんなのか、現在もiPhoneSIMではIMEI制限の措置は採っていないようなんですよね。元々アンドロイドSIMでSIMフリー機を使うには野良アプリで突破しなければならなかったので、そういう使い方をしているユーザーが少なすぎて、大した騒ぎにもならなかったんですよね。実際、IMEI制限だと判明するのに2~3日ほどかかりましたし。

一応SoftBankでは、技適有のSIMフリー機を持って行ってマルチSIMへ変更すれば、契約内容はそのままで継続して使えるようなんですが、Y!mobileではそれにあたるのが、SIM単体契約への移行なんだと思うのですが、その場合いろいろ罠が発動しそうで、最近はSBグループへのPIはご無沙汰なので、よく解らないんですよね。
Commented by ke-onblog at 2017-03-07 18:27
> マダオさん

今のワイモバといえばSIMのみか、SIMフリー機種とのセット販売ばかりなので、やっぱりワイモバ端末用SIM(というのがあるのかどうかすら知りませんけど)でIMEI制限が掛かるようなものは、あったとしてもほとんど使われていないかもですね(苦笑) とりあえずは「説明と違う」として悪評価をされるようなことにならない無難な返答をしておくしかなさそうですね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。