白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

2017年3月1週目 Xperia X Compact SO-02Jの白ロム売買価格動向

昨日Android7.0へ更新出来るようになったドコモ版Xperia X Compact SO-02Jの2017年3月上旬時点での白ロム価格相場をチェックしましょう。

前回のチェックは3月1日時点・2月17日時点でも日記を残してあります。

☆「 2017年3月ドコモ機種変一括機種 お買い得なスマホはどれか? 白ロム価格相場の比較

☆「docomo Xperia X Compact SO-02J 白ロムオークション取引相場は漸く下げ止まり

3月1日~3月7日におけるヤフオクでのXperia X Compact SO-02Jの新品白ロム落札数はおよそ70件。フリマサイトなどでもたくさんの出品が3月も続いているようです。2月後半に比べても取引数の勢いは減っておらず、やはり年度末ということでどんどん機種変更で入手された端末が出てきているのでしょう。

新品・未使用品の落札価格の相場は44,000円~46,000円の幅に多くの取引が収まっており、価格は安定しているようです。安く終了しているもので42,000円台・高いもので48,000円ほど。

将来におけるSIMロック解除を宣言した出品の場合はやや落札額相場が上がり、45,000円~47,000円ほどで売買されています。すでにSIMロック解除済みの場合は高値が付くことがあります。

3月1週目の中での傾向を見ると、2月末~3月1日までは若干価格相場が上がっていた印象もあるのですが、後半に向けて値下がっているようにも見えます。

3月8日午前の時点でも、ヤフオクにはSO-02Jの新品本体が50台以上出品されており、まだまだ流通量は減っていません。今後の見通しは現状維持~やや値下がる可能性が高いでしょう。3月8日~15日までの予想相場は42,000円~46,000円ほどになる見込みです。

出品数は増えても需要も多いため、相場が一気に崩れることは無いと予想します。

3月1日~3月12日まで実施されているヤフオクくじ(Tポイント還元による5%~還元)があるため、SO-02Jの場合は最低でも購入者は1,500Tポイントをゲットしているはず。どのくじ結果でもSO-02Jの落札相場では還元率の上限は超えてしまいますが、SO-02Jが欲しい人にとっては現在は買いやすい期間であり、Android 7.0に更新しても致命的な不具合は発生していないことは私自身も確認済みですので(ちょっとバッテリーの減りが早くなった気も?k)、今後も入札は活発に行われるでしょう。

くじは13日以降の予定がまだ判りませんが・・・たぶん継続するのではないでしょうか。これが終わってしまうと末等で1,500円~最大30,000円相当のTポ還元がなくなるため、ちょっと入札が渋くなるかも。

更に別の要因として、SO-02Jが機種変更向けに端末購入サポ入りをした2月1日から1ヶ月以上が経過し、そろそろ直後の購入品はネットワーク制限が○になる頃でしょうか(端末購入サポートを使った一括購入品は41日以上?で○になるとか)。オークションの場合はしっかりと一括購入で制限に関する保証を宣言していれば落札価格に大きな影響は出ていないように見えますが、○の安心感を買う人もいるでしょう。

制限が○の白ロムが多く出回るようになると、相対的に△状態白ロムの価値が下がったり・・・これは考え過ぎえしょうか^^; 2つが並んでいればもちろん○の方が売れやすいはずですが、価格相場に影響が出るかどうかは微妙。


先日SONYはMWC2017にて、Xperiaシリーズの2017年春夏モデルとしてXperia XZ Premium、Xperia XZs, Xperia XA1, Xperia XA1 Ultraの4機種を発表していますが、コンパクトシリーズは出ませんでしたね。まだこっそりと追加する可能性もありますけれど、スマホ新機種の販売サイクルはほぼ1年にするという話もありますので、すぐに次のモデルチェンジが行われてXperia X Compactの価値が上下する可能性はやや後退したと考えるべきでしょうか。

機種変向けのドコモ公式キャンペーンは変わっていないため、2月以前と3月ではXperia X Compactの機変購入コストは変わっていないはずです。3月3日からケータイ機種からのMNPではじめてスマホ割が使えるようになりましたが、MNPでSO-02Jを買うのはちょっと勿体無いでしょう。MNPならXperia XZ SO-01JもXperia X Compact SO-02Jも同じ一括15,552円(端末購入サポートの割引解除料には差あり)ですので。

Android7.0に更新されてもそれほど使い勝手は変わりませんでしたが、マルチウィンドウやアプリごとにモバイル回線を使ってデータ通信をさせないようにするデータセーバー機能により利便性は上がっていますので、SO-02J人気はまだ続きそうです。自分用にも普通にオススメできる機種ですね~

☆「ドコモ Xperia X Compact SO-02J



by ke-onblog | 2017-03-08 12:14 | 白ロム転売法 | Comments(5)
Commented at 2017-03-08 22:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ke-onblog at 2017-03-08 23:05
> shogunさん

あ~、なるほど、一括払いが済んでいれば回線状況に関係なく時間経過により判定は変わるものだと私は思っていました。

△の定義は「代金滞納となる恐れがある期間中(ドコモの分割払いの場合は、分割払いの期間中)」または「不正契約等の調査を実施するご購入から一定期間」ですので、大丈夫だとは思うのですけど・・・確かに実例は聞いたことがないですね。

あまり参考にならずすみません ><
Commented by 仮名 at 2017-03-09 01:02 x
相場下がっちゃって15kでは機種変行きたくないですね。すまほといえば一括0ですよねw
普通に使う用ならいいですが。


ケータイ補償がザル過ぎてネットワーク利用制限の判定は意味ないですよね。

交換を申し込みしたら即赤ロムになるとか出来ないんですかね?

で、茸の各種ロックを担当している部署?の方と話したことあるのですが、公式に記載されている説明と全然違うようですね。補償使われたら丸から×になりますしね。

不良外国人が悪用しそうなので(笑)、詳しくは書けませんが(。・ω・。)

iPhoneとAndroidでも、不正発覚時にどのロックがかかるかも違うようですね。

庭は不良外国人が分割払い踏み倒してりんご泥棒するのを防ぐためにに預託金が存在するとのことで我々には関係なさそうですね。

禿げはどうなんでしょうね
Commented at 2017-03-09 12:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ke-onblog at 2017-03-09 18:41
> shogunさん

端末購入サポ機種での短期解約はブラック覚悟じゃないと出来ないので、むしろこの界隈の人々の方が経験はないと思います(笑) ぜひまた結果が判ったら教えてくださいね^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン