白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

パソコン工房の17.3インチ大画面ノートPC STYLE-17FH052を購入

前々からずっと欲しかった、自宅用のノートパソコンをついに買い換えました!

これまでのメインパソコンは4年ほど前に購入した15.6インチのスタンダードノートパソコンであり、作業を行うのにもう少し大きな画面が欲しいな~とずっと思っていました。

過去には17インチクラスのパソコンをいろいろ調べたりもしました。
基本的には据え置きとして使うのでデスクトップにするかどうかも悩んだのですが、家の中で動いたり、長期出張時にはモバイルだけでなくメインパソコンも持ち出したいというちょっと特殊な個人的理由で大画面のノートパソコンをずっと狙っていて、先日パソコン工房のヤフー店に17.3インチのノートパソコンが入荷していたので買っちゃいました。
d0262326_16201834.jpg
購入した機種は「STYLE」というパソコン工房のBTOスタンダードノートシリーズで、グラフィックスは弱いのですが処理能力は高めのCore i7搭載機種です。

☆「パソコン工房ヤフー店 iiyama PC STYLE∞ ノートパソコン STYLE-17FH052-i7-FES-M

購入価格は99,800円でした。そこにTポイントが13%分ほどついて、実質負担は8万円台後半です。パソコン工房のショップサイト・楽天市場にも同じ在庫があるみたいなのですが、ヤフー店が一番ポイント還元率が高かったので。昨年よりちょっと値上がっていたのですが、これ以上待っても安くならなさそうだったので購入に踏み切りました。

主なスペックは17.3インチフルHDディスプレイ・OSはWindows 10 Home, Officeはなし、CPU Core i7-6700HQ, RAM 8GB(4GB×2)、SSD 240GB。ゲーミングPCではないのでグラフィックスはHD Graphics 530です。

今見たら納期は5-7日程度となっていましたが、私の場合はたまたま在庫があったのか注文して2日で届きました。
d0262326_16193384.jpg
さすがに17.3インチはでかいですね~。重さは約3キロあります。タッチパッドは1枚タイプ、SDカードのスロット・DVDスーパーマルチドライブ・USB3.0×3個+USB2.0が1個あります。
d0262326_16194501.jpg
上記の緑色の枠が今まで使っていたノートパソコンの液晶パネルです。旧機種は一度液晶パネルを割ってしまっており、修理して使っていました。その時の交換パネル(15.6インチ)を捨てずにとっておいたのですけれど、こんなところで比較用に役立ちました(笑)

OSは最初からインストールされた状態で届き、簡単な初期設定だけですぐに使える状態でした。今朝からワーッと環境を移して、今まさにこのブログは新パソコンから投稿しています。

d0262326_16195366.jpg
メーカーパソコンと違い、ほとんど余計なソフトウェアは入れられていません。デスクトップアイコンにはゴミ箱のみというシンプルっぷり。

旧機種もCore i5・SSD搭載機種でそれほど速度に不満があったわけでもなく、そこからCore i7になってもブログを書いたりネットで調べものをするくらいならほとんど処理性能に違いは感じられませんが(Passmarkのスコアは2倍くらい違う)、キーボードのストロークが前のPCより深めで打ちやすいです。
d0262326_16193809.jpg
キーボードの配置がちょっと変わっているので慣れるまでは少し時間がかかりそうですが・・・(Backの隣にNumLockがあるのでもう何度も誤って押してしまっています^^;)

特に特殊な機能があるわけではない機種なのでレビューするようなこともあまりありませんけれど、ファンも比較的静かでいい感じです(音が低めな気がします)。

今どきのパソコンはモビリティ重視で12~13インチくらいのコンパクトモデルが流行りだそうですが、がっつり仕事をするのならやっぱり大きな画面が良いですね。15.6インチでも一般用途では十分だと思いますけれど、大きな画面のほうが操作がしやすい・見やすいと考える人にはこの STYLE-17FH052-i7-FES-Mは安くて高性能なモデルと言えそうです。

17インチサイズのノートが欲しいという人はそれほど多くはないと思いますけれど、私が比較したところではビジネス向けには十分な性能で10万円以下(ゲーミングノートにすると15~20万円を簡単に超える)・このSTYLEシリーズは注文時のカスタマイズもいろいろできるのでオススメできます(ヤフー店ではカスタマイズできないので、オフィスなどを入れたい場合は本家サイトの「パソコン工房」から注文可能です)。

パソコン工房の本家サイトだと、オフィスソフトの追加・RAMを16GBにアップ・冷却グリスの塗布・ハードディスク・SSDの容量変更などが可能です。

Core i7搭載機種を量販店のメーカー製パソコンで探せばたぶん10万円では全然予算が足りないと思いますので、用途を自分で理解して取捨選択できるのならBTOメーカーパソコンはコスパが高いです。

国内のBTOメーカーはパソコン工房の他、ドスパラ・マウスコンピューター・ツクモ・FRONTIERなどがあります。それぞれのメーカーで出ているパソコンは似たようなスペックなら似たような価格になるので、あとはキャンペーンとカスタマイズ性で選べばよいでしょう。

パソコン工房「10万円以下で買えるノートPC」特集

by ke-onblog | 2017-03-18 17:31 | 白ロムコラム | Comments(4)
Commented by 金取乞食 at 2017-03-19 12:00 x
なかなか良さそうですね。
私は携帯乞食終了し今は株にシフトしてます。
瞬時に値が動くチャートを何枚も開いてタイミングを逃さずスキャルピング売買をするのに必要なスペックとかまだわからず悩んでいますが参考にさせていただきます。
Commented by ke-onblog at 2017-03-19 12:24
> 金取乞食さん

旧利用機種と比べて劇的に違うということもないのですけれど、ところどころでやっぱりCore i7の効果なのか動きが良くなっていて快適に使えています^^

ちょうどパソコン工房は「kabuパソ」という株トレーダー用のモデルも販売していますね。1画面はPentium、2画面がCore i3、4画面がCore i5、6-8画面になるとCore i7を使っているようです。画面をたくさん使って操作するレベルになるとそれなりの処理能力がいるんですかね~。デスクトップ用のCore i5-6500より私が購入したCore i7-6700HQのほうがベンチマークのスコアはちょっと上みたいなので、ノートパソコン+拡張ディスプレイで取引するのなら4画面くらいまでなら行けそうですw
Commented by も☆△ at 2017-03-19 15:46 x
大画面は良いですよね。
今、デスクトップに27インチのモニターを使っていて、最近安くなってきた31.5インチモニターも買い足し2画面構成にしましたがPCモニターで31.5インチは「でかっ!」というのが素直な感想ですね。
まあ作業をするにしても2画面以上だと色々やりやすいですし、映像を見るにしても、すごーい、たーのしー、と感動も一入ですよ。
Commented by ke-onblog at 2017-03-19 18:07
> も☆△さん

合わせて58.5インチとはまた別世界ですねw パソコンの場合は大画面だと一度に見れる情報量という決定的な差があるのでスマホやタブレットのように「小さい・軽い」というのは必ずしもメリットにならないですよね~。

15.6→17.3インチでは微々たる差ですが、新しいパソコンはやっぱりいいものです^^ スマホはあまりにも頻度高く買いすぎて、何を買っても目新しさを感じなくなってきているので(苦笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


RSS Feed Widget


by テンバイン
ブログトップ | ログイン