白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

ソフトバンク網MVNOは「b-mobile s」1GB 880円~でSB iPhoneが利用可能に

ソフトバンクの回線を使ったMVNOの詳細、出ましたね~

サービスの名称は「b-mobile S」だそうです。発売開始は明日3月22日なので、ギリギリ前日でのサービス詳細発表・料金プラン確定となりました。

明日販売されるパッケージでは音声プランはまだ無く、データSIMオンリー。利用できるのはソフトバンクのキャリアロックが掛かったnano SIM/micro SIMサイズの端末ということです。LTEに対応するiPhone5以降, iPadのセルラーモデルで使えそうです。

☆「日本通信、ソフトバンクの格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」を明日発売
d0262326_15560545.png
・・・え~と、Hitスマホよりはマシかもですが・・・au系で快適に使える「UQ mobile」が3GB980円なのに(´Д`;)

パッケージが3,000円で販売され、最低利用期間はないということながら、1年使えばUQの3GBプランより7200円もコストが高くなります。
d0262326_16095084.png
初代iPad~第3世代までは3G対応だったはずなので、au系MVNOのように「LTEのみ」の通信ではなく3G通信も使えるようですね。iPad用のmicro SIMは4sでは使えないのでしょうか?ちょっと当時の記録がないのでわかりません。

ただし昨日も書いたように、iPhoneの中古白ロム相場はau版もSB版も似たようなものであり、5s・6あたりでは同ランクの状態ならばせいぜい2~3千円位の差でしょう。それでこの値段って。

7GBプランの2,980円は多少安いと言えるかもですが・・・7GBまでのワイモバPocket Wi-Fiならもっと安いながら、そこはルータとiPhoneで使えるという差・最短利用期間がないという違いはありますので、無意味ではないでしょう。

UQには3GBと500kbpsの低速無制限プランしかないので、差別化を図る事ができているとすれば7・30GBのどちらかでしょう。

ソフトバンク版のiPhoneが余っていてどうしても使い道がない、何かに使いたいというのであれば利用価値はゼロとは言いませんが、あえてソフトバンク版の白ロムを買って使いたくなる価格ではないですね(R-SIMなど特殊な方法は別として)。サービス開始直後でどんなに快適な回線であっても、この値段はないです。UQで十分。

日本通信はMVNEとして複数の他MVNOにサービス仲介を行っていくはずなので、これから価格競争が起こっていくことに期待・・・してもいいのかどうか(´∀`;)

とりあえず、ソフトバンク版iPhoneの白ロムが市場から一掃されるような事態にはならなさそうです。

魅力のあるプランが出たらお試しで買ってみようかなとも思っていましたが、しばらくスルーの方向で。私は手持ちの端末もSIMフリーばかりなので、ワイモバSIMで十分です。


by ke-onblog | 2017-03-21 16:24 | 格安SIM(MVNO) | Comments(2)
Commented by りょう at 2017-03-21 20:17 x
十二分におわかりでしょうが、これが狙っているのはソフトバンクのユーザーであって、auのユーザーではごさいません。uqというかau(cdma2000)とソフトバンク(w-cdma)は3Gの通信方式が異なります。なので、ソフトバンクのiphoneはauの3gの回線では使えません。実はこれがauが3gを捨てだがっている理由でもあるのですが。ソフトバンクのiphoneユーザーは一番多いはずです。いかんせん、日本で一番最初にiphone扱いはじめた会社ですから。そのユーザーを取り込もうとするのは、自然の流れではないでしょうか。
Commented by ke-onblog at 2017-03-22 02:46
> りょうさん

ソフトバンクのiPhone率は圧倒的だと聞きますね!今使っているiPhoneをそのまま使えるというメリットは一般ユーザーにとっては重要なことですよね。本番は音声回線が出てきてからなのかもですが、SBユーザーがこぞって乗り換えるくらいのサービスになると業界全体の競争が加速して面白くなりそうですね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。