白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

VAIO Phone Aは成功なるか?!流行のDSDS対応&低価格でターゲットを変更

DSDSスマホ(Dual SIM, Dual Standby)にVAIOも参戦してきました。本当に次から次へとDSDS対応機種が増えますね~
d0262326_15525283.jpg
VAIO Phoneといえば国内では鳴かず飛ばずのセールスを続けている(のかどうか実際のデータは知りませんけど)印象しかないものの、まだ撤退せず頑張っていたのですね。

初代のVAIO Phoneが発売されたのが約2年前。当時の日記も残っています。
驚きの価格で販売開始されたVAIO Phoneは某けっこう安いショップで大量入荷されて明らかな在庫処分を行っていたりもしました。

そしてこちらも最近値下げされて安く買えるようになってきたVAIO Phone Bizも発売は約1年前となる2016年4月でした。

VAIO Phone Bizの場合はターゲットをビジネスパーソンに絞り、Windows PhoneにOSを変更していました。端末としての評価は特に大きな問題は無かったのかもしれませんが、如何せんWindows Phone自体に需要がなかったということでしょう。今はおよそ3万円前後で販売されています(公式価格も32,400円へ2月に値下げされています)。ちなみにVAIO Phone Bizは安曇野市のふるさと納税でも貰えましたが、今は在庫切れ(多分提供終了)になっています → ふるなび 長野県安曇野市のふるさと納税返礼品一覧

そして今回のVAIO Phone Aでは再びAndroid OSに戻し(Bizとは別シリーズと考えれば戻したということでもないのかも)、流行のDSDSに対応させてきました。

スペックは「DSDSが出来る国内SIMフリースマートフォン比較 スペックデータまとめ」のテーブルにも追加しておきましたが、ハイスペックではないながら価格を24800円(税別)に抑えたところは評価出来ますね。

☆「ソニーストア VAIO Phone Aicon」/初回出荷分は4月7日頃着

CPUはSnpadragon 617,RAM 3GB , ROM 16GB, バッテリー容量2800mAhと、ハード面はほとんどWindows版のBizと同一であり、Bizの金型がそのまま使われているとのことです。ただOSとSIMスロットを変更した効果でDSDSとドコモのVoLTEに対応したバージョンと考えて良さそうです。
特定のキャリアに縛られないSIMフリーであることだけでは、 もはや大きなアドバンテージにはなり得ない。
というフレーズが使われていますが、、、VAIO Phone Aは果たして成功するでしょうか。今のDSDSスマホは戦国時代に突入しており、はっきり言って「安いだけ」でも「DSDSに対応しているだけ」では弱いでしょう。そして「安くてDSDSに対応している」端末でも、ユニークな特徴とは言えません。

スナドラ617・5.5インチ・RAM 3GBまでなら、Motolora G4 Plusと同じです。G4+は最近価格相場が下がってきて3万円前後で買えるようになったところなので、それに比べても安い価格でVAIO Phone Aを投入してきたのは良かったですね。ここでまた4万円だの5万円だのといった世間知らずの価格を設定してきたら失笑ものでしたが、24800円なら「VAIOブランド」という点を抜いても十分安いと感じらます。

また、初代VAIO Phoneでの反省を活かして、
国内拠点での出荷前全数チェックを実施 - 専任の技術者の手で1台ずつ仕上げを行ない、全数チェックを実施した上で、お客さまにお届けします。もちろんキッティングにも対応。
ということで、安かろう悪かろうなことも無いとはいえない格安スマホ業界の中では「信頼性」というところをアピールするのも良いですね。信頼を裏切らないクオリティであれば、という話ですけれど(´∀`;)
3G : WCDMA対応 (バンド 1,5,6,8,11,19) 4G/LTE : LTE対応 (バンド 1,3,8,19,21) LTE-Advanced受信 :最大225 Mbps
VAIO Phone AはドコモのVoLTEにも対応。格安スマホ端末でドコモのVoLTEに対応してる機種は少ないですよね。国内向けDSDS機種では初? LTE対応周波数は豊富というほどではないですが、ドコモ回線で使うだけなら特に問題もなさそうです。

販売はVAIOストアで3月31日から予約受付、4月7日販売開始です。MVNOではイオン・BIGLOBE・DMM・LINE・IIJが取り扱います。ソニーストアでも販売が予定されています。

先程も書いたように24,800円という価格・DSDS対応というだけではまだ「他社製品を圧倒する」ことは出来ないでしょう。VAIO Phone Bizと同じ仕上げということで質感もこの値段なら十分ですけれど、同程度のスペックであるMoto G4 Plusの後継機 G5 Plus/G5の発売も控えています。各格安スマホ系メーカーがこぞって力を入れている「DSDS対応SIMフリースマホ」のフィールドでVAIOがどこまでライバルと戦えるのか、Androidスマホとして初代VAIO Phoneのリベンジに期待です。

☆「ソニーストア
ソニーストア
by ke-onblog | 2017-03-22 16:59 | スマホニュース | Comments(9)
Commented by XYZ at 2017-03-22 18:43 x
シン・バイオ(フォン)
第一形態、例の箱
第二形態、ポンツーバイオ
第三形態、VAIO phone Biz
第四形態、VAIO phone A←イマココ
第五形態、スナドラ上位版、NFC、防水防塵、指紋認証等を搭載し、「premium」の名を冠して登場。

…と妄想してみた。
Commented by pon at 2017-03-23 02:07 x
こんばんは。
記事と関係ありませんが、auのSCV33の買取価格がここ一週間で5000円ほど下落しています。
あくまに予測となりますが、今後4月になれば回復する見込みありますでしょうか。
Commented by ke-onblog at 2017-03-23 06:53
> XYZさん

火を吹いて暴れなければいいですねw(ゴジラは見たことないので火を吹くのかどうかしりませんけど^^;)

もうそうなるとVAIOシリーズとXperiaの境界はなくなりそうですね(笑) 旧ペリアのハードを流用してちょっとシステムを入れ替えて「VAIOスマホ」と名前を変え、安いSIMフリーモデルとして国内販売するというのはどうでしょう(´∀`)
Commented by ke-onblog at 2017-03-23 07:03
> ponさん、こんばんわ~

そうですね~、今のSCV33の急落は明らかに年度末商戦による過剰供給が原因なので、供給が止まるころにはある程度価格は戻すと思います。一方で4~5月にはおそらくGalaxy S8が出ますので、そこでまだSCV33の在庫が余っているようならさらに4月以降も在庫処分的投げ売りが継続する可能性もあり、回復の時期は遅れる可能性も高そうです。

現状の買い取り相場は35-40kくらいですかね?S7 edgeの性能を思えばもう少し上が適正価格な気もしますが、auモデルは白ロム価格が全体的に安いので、ここから数ヶ月後に大きく戻る(4万台後半~5万円台に載せるような状況)という展開は期待薄かもしれません。S8が大コケして、S7 edgeの供給が早めに終わるようなことがあればあるいは、というくらいですね~
Commented by ななし at 2017-03-23 22:15 x
scv33は直近半年で見るなら売り逃げすべきかと
元々note系に比べると人気が弱いから戻しは弱いと思います
S5とnote4は底値はさほど変わらなかったですが今は中古で1万以上差がありますしね
auは回線保有者でなくともロック解除できますからホールドしても旨味は薄い
大回収をした直後で大失敗端末持ってくるほどアレではないでしょうしw

これまたまったく記事とは関係ないのですが
今日茸の下取りに行ったらsol26は買い取れない言われました
(;゜0゜)な顔にリアルでなったんですが買取リストにないとのこと
Z3はあるのにsol26は買い取れないってなに!?っと思ったのですが
話を聞いてみるとsol26=Z3だと知らないんです
確かにリストにはZ3は書いてあるけど型番の記載はない!
我々からすればZ3は01Gでありsol26であり401soなわけですが茸店員はそんなこと知らないんですよねw
併売や量販なら別だったんでしょうが茸端末しか普通扱いませんからねー
サポセンにお電話して通してもらったのですが同じようなのを何件か断ったと言っていました
メルカリの安いのなんかはこんな理由で下取られなかったのかなーと思いました

長文失礼しやした!
Commented by ke-onblog at 2017-03-24 03:14
> ななしさん

それはさすがに店員さんのレベルが低すぎ(あるいは新人さん?)ですね~。でも改めてそういわれると何故かドコモのHPにもZ4はSOV31と書かれているのにZ3にはSOL26と書かれていないのですね。逆に「じゃあauのXperia Z3はなんのことだと思っていたのか?」と聞いてやりたいくらいですね(´∀`;)
Commented by ななし at 2017-03-24 03:57 x
一軒目のお姉さんは回線情報出しながら直近で機種を買った回線ありますか!?って聞いてきたんで新人さんだったのかもです
その画面に出てるやろと思いましたが優しく答えたら、下取り適用しましたか!?直近3ヶ月で下取りしましたか!?と矢継ぎ早に聞かれ流石にげんなりしました自分で調べてーや
最後にはリストに載ってないからダメ!で古事記対応にて定評のあるお店のほうでも載ってないからダメ!と言われました
こっちは茸マイスターバッジつけてたんで1年は勤めてるはずなんですけどねー
この前auで茸のS5持ってた時はこんなことなかたんですがね
スレとかに書いたらネタ扱いされそうなくらいアリエナイーですよねw
Commented by ke-onblog at 2017-03-24 07:39
> ななしさん

マニュアル通り(質問のくだり)が悪いとは言いませんが、マニュアル通りすぎる(「Z3」=SOL26を認識してない)のも困ったものですね(苦笑)
Commented by はるきん at 2017-03-24 22:32 x
私も先週土曜日にscv33を2台いきました。下取りガラケーでCB46k、wallet12k、コンテンツ@1.08kです。
買い取り金額は、ホントにお安いですね~(T_T)
月々割もお安いので、普通に運用した場合の維持費はお高いです(T_T)
ガジェット目的のこじきとしては、1台放流、1台半年運用といきたいところですが、翌月には3g化必至です。
管理人さんとななしさんのおっしゃる通り、下落傾向は変わりないと思いますので、少しオクに出して、ダメなら早々に放流予定です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。