白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

実質5万円以下で買えたHuawei Matebook開封!高級感のある高性能タブレットPC

先日のプレミアムフライデーで購入したファーウェイの2in1タブレットPC Matebook(Core M3モデル)が届きました~

Matebookは2016年7月発売のモデルですので細かなレビューは今更だと思うのでかる~く紹介するだけに留める予定ですけれど、タブレットPCの中では高額な部類入る機種だけあり開封してまだ数時間ながら、高級感がひしひと伝わってきて良い感じです。
d0262326_16563187.jpg
今回の購入は「ひかりTVショッピング」にて販売されたキーボードとのセットをポイント還元クーポン・dケータイ払いプラスのキャンペーンを適用し、実質負担額はおよそ4万7千円ほどになっているはずです。

Atom搭載機の2in1 Windowsタブレットには、安いものであれば2万円前後で購入できる低価格モデルも市場に多くありますが、そういったモデルに比べてこのMatebookは2ランクくらい上の製品。

12.0インチ・2160×1440ドットの高解像度ディスプレイで、CPUはCore m3-6Y30 ・RAM 4GB/SDD 128GBという仕様(OSはWindows 10 Home)。Windowsタブレットの中でハイエンドというほどではないですが、一般用途であればよほどのソフトはスムーズに動くレベルの処理性能なはずです。これとほぼ同等のスペックを持つ機種はMicrosoftのSurface Pro 4の一番安いモデルです。

Windowsタブレットの性能と価格に関してアレコレと考察した過去記事もあるので、他機種とMatebookのカテゴリーの違いをざっと知りたい方は、以下の記事を参考にどうぞ。
Matebook M3モデルのメーカー定価は69,800円(税別・キーボードセットも同額)。7万円をそのまま支払うのは私にとってやや大きな負担だな・・・と思っていたところに、キャンペーンを併用することで実質3割り引きを超える価格で買えるチャンスに巡り会えたので、上記の日記での考察から3ヶ月越しでの入手と相成りました。

トップの写真のように、ひかりTVショッピングで購入したものはちゃんと未開封で届きました(笑)
d0262326_17142134.jpg
別売りで買えば1万円以上の価格になる、専用MateBook Portfolio Keyboard。これはキーボード兼・ケース兼・スタンドになりますので、Matebookをパソコンスタイルで使い・持ち運ぶのなら便利です。
d0262326_17162341.jpg
今まで使っていた、ASUS Transbook T100TA(10.1インチ)との比較。ベゼルがとても狭く、画面占有率が高い。
d0262326_17171547.jpg
この厚みの違い。Transbookのキーボードドックはハードディスクも内蔵しているので役割が違いすぎますが、Matebookの薄さは本当に「タブレット+ケース」としか見えないくらいに薄型ですね。

Matebook本体が実測641グラム、キーボードが503グラムなので、合計重量はTransbookとほぼ同じ。10インチと12インチという違いがあるため、さすがに超軽量というわけにはいきません。

片手で持って「タブレット」として使うとやっぱりちょっと重いですけど、私はあくまで「モバイルパソコン」として使いたかったので、このくらいの重さなら許容範囲です。

専用のキーボードとは金属端子で結合させて使います。けっこう強力にガッチリとくっつくのがちょっと面白いです。普通のクラムシェル型モバイルPCに比べるとどうしても不安定になり、例えば膝の上に置いて操作する場合などは使いづらいと感じますが、それ以外の場面ではマグネットでぴったりと張り付いているため、キーボード操作中にディスプレイが揺れるようなことはありません。

d0262326_17355430.jpg
キーボード面を下にしてしまえば動画閲覧用スタンドスタイルにも。

インターフェイスがType-C USB 1口しかないため、充電しながらだとワイヤレス機器しか接続できません。メーカーオプションの「MateDock」を買えばUSB3.0・有線LAN・外部出力用端子まで拡張は出来ますが、値段が1万円弱もしますので・・・私は要らないかな。有線接続や外部出力させることなんて無いですし(そういう用途には別のPCを使うので)。

実質5万円(通常価格から2万円を超える値引き・還元)で買えるチャンスは滅多にないと思われますが、このスペック・品質で5万円だと思うと安すぎて本当に良いのかな?と思うほど。

私の用途だとちょっとオーバースペックかな?と思っていたので当初はレノボのYOGA 710(約6.5万円)を狙っていたものの、ここまでお買い得になるキャンペーンに乗れたのは僥倖でした。

ほんの2週間前にもWindowsノートパソコンを買ったばかりで、また初期設定・・・もう面倒くさいです(苦笑) 

Matebookは外出・出張時にしか使わない予定ですけれど、せっかくなので色々触ってみて何か面白い点があればまたレビューをお届けします。

お正月にヤマダ電機で売っていたSurface Pro 4の在庫処分セールで買い逃したのを悔やんでいましたが、ようやくモバイルパソコンを買い換えられて満足です(´∀`)


by ke-onblog | 2017-04-02 17:57 | 白ロムコラム | Comments(2)
Commented by ブラックサンダル at 2017-04-02 18:11 x
ずっと思うですが、この手のpcタブレットはスマートフォンの改造の母艦として使いるですが?(性能及び汎用性)
Commented by ke-onblog at 2017-04-02 18:41
> ブラックサンダルさん

いえ、私にとってスマホの改造はそんなに日常的にやるものではないので、このモバイルは資料作成や画像・動画処理がメインの予定ですね~。なので今までの古いAtom機種でもなんとかなるといえばなったのですが、長く使うことを考えてちょっと良い機種を買ってみました^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。