白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

Matebookも充電できた!千円台で買えるPD対応マルチハブ TUTUO Combo17レビュー

Type-C USB端子が1個しかないMatebookをもう少し活用するため、格安で買えるUSBハブを買ってみました。

今回購入したのはアマゾンで売っていた「TUTUO Combo 17 Type-C USB-C PD急速充電 カードリーダー」です。購入時価格は1599円。

ファーウェイ純正の拡張USBハブ「Matedock」は1万円もしますので、それに比べて1/5のお値段でした。あまりにも価格が安かったのでちゃんと利用できるかどうか不安でしたが、一応動いています。

Matebookの他、Macbookやスマホ・タブレットでも動きます。
d0262326_21421211.jpg
ケーブルの長さは約10センチ、本体の長さが縦8センチ横4センチくらいで、とてもコンパクト&軽量な作りです。

拡張されるポートは、

・標準USB 3.0 × 1口
・標準USB 2.0 × 1口
・SDカード × 1口
・TFカード × 1口

の4つ。充電用の入力端子もType-Cです。
d0262326_21421351.jpg
電源の入出力は「Power Delivery(PD)」規格に対応しており、スマホよりも高出力が必要なモバイルパソコンの充電が可能です(もちろんこのハブだけでなく、電源のほうにも対応が必要)。

d0262326_21421398.jpg
d0262326_21421358.jpg
特に面白みのある機能はないのですが、普通にMatebook付属の電源→Type-Cケーブル→ハブ→Matebookの順番に接続して、充電が出来ました。

Matebookの充電はPD規格に対応していない電源・ケーブル・アダプタを介するとまったく充電できなくなるため、PD対応製品が無いと厄介です。

このTUTUOハブでポートを増やすと、今までは充電しながら他のUSB機器を使うことが一切出来ませんでしたが「マウスを接続&SDカードを読み込ませながら充電」が一度に出来るようになっています。
d0262326_21421365.jpg
ただ、、、

どうも、Matebookで充電機能を使う場合、OTG機能・カードリーダーなどを接続する順番によって、このハブを単なるUSBストレージとして認識してしまうらしく、抜き差しをしても充電が始まらないことがあります。

対処法はまだ良くわかっていないのですが、接続不良などではありません。Type-Cのスマホは普通に充電出来ますし、Matebook側でもカードスロット・マウスの利用は途切れること無く使えているのです。

TUTUO Combo17はおそらく中国の製品で、一応日本語の説明書も付いていますが、その中に「一部の機種ではOTG機能を使いながら充電出来ません」みたいなことが書いてあります。

Matebookの場合、上記の画像のようにマウス・充電・SDカードの3種を同時に使うことが出来ないわけではないことは実際に使ってみたので確実なのですが。

いや、やっぱり不良品でしょうか。いま電源を切ってMatebookの充電をしていたはずなのですが、ふと見たら充電が出来ておらず、ケーブルを少し動かしたら再開されました(´∀`;)  給電能力がやや不安定なのかも。う~ん、ひとまず様子を見ようかと思います。

ちなみに、このTUTUO Combo17は、最初中華サイトから輸入しようと思って見つけたのですけれど、Aliexpressでも15.99ドル(4/16時点)ですので、アマゾンのほうが安く買えました。アマゾンでも私の購入した先はアマゾン出荷の在庫だったので1日で届きました。

私は滅多にモバイルパソコンを使わないですし、持ち歩くときはなるべく軽く・小さくしたいのでMatebook本体だけあれば良いかな~と追加オプション品は買わなかった(キーボードはセットだった)のですけれど、このくらいの値段・サイズなら嵩張らないし良いです。不良品でなければ。

Matebookは電池容量が小さく、バッテリー駆動時間が3-4時間ほどしか動かないので長時間の利用を想定している場合はPD対応のバッテリー・電源・ハブなどを買い集める必要があり、結構面倒くさいです。Matebookの性能は申し分ないのですが、周辺機器についてはある程度覚悟も必要です。

MacbookやSurfaceでも付属品・周辺機器の値段の高さは同じなので、ハイスペック系モバイルパソコンのジレンマです。

Huawei 純正 Matebook用 MATEDOCK ブラック 有線LANポート VGA HDMI USB3.0 USBタイプC 02452053 【日本正規代理店品】

新品価格
¥9,109から
(2017/4/16 22:16時点)


by ke-onblog | 2017-04-16 22:24 | 白ロムコラム | Comments(2)
Commented by マダオ at 2017-04-17 14:00 x
中華製品は、どうも電源周りが弱いですよね。

以前、お話ししたDaxian W189も、1年あまりでmicroUSBポートがグラグラになって、とうとう充電不可となって文鎮化しちゃいましたし…(^^;)
まぁ元々$100切って購入した端末なので、それほど期待はしていなかったですけどね。
Commented by ke-onblog at 2017-04-17 18:41
> マダオさん

確率の問題なのかもですが、やっぱり中華製品にはまだまだ安かろう悪かろうなものがありますよね。日本で買ったからといって「日本製クオリティ」とは限りませんし(´∀`;)

利用頻度が高いもの・必需品ならちゃんとしたメーカー品を買っても良いのですが、こうしたアクセサリーやサブスマホは壊れるまでの間に十分値段分の働きをしてくれればいいか、とついつい安物を買ってしまう貧乏性です(苦笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。