白ロム転売法

shiromcom.exblog.jp

白ロムを高く売ったり、安く買ったりして節約します

イオシスにもExynos版 Galaxy S8+(SM-G955FD)が入荷 通販購入も可能に

国内発売に先駆けて各海外端末取扱店でどんどんGalaxy S8, Galaxy S8+の在庫が入荷しています。海外スマホをいち早く手に入れるのであれば現地購入・個人輸入が最速ですが、もうS8/S8+は国内に実在庫があるショップが出てきていますので、ほしいと思ったときにすぐに手に入れられるようになりました。

6.2インチモデルのGalaxy S8+は海外通販サイトを使っても11万円程度の高額な買い物になるため、代金支払いが不安という場合はイオシスでもそこそこ安く買えるようになっていますね。

☆「イオシス Galaxy S8/S8+ Dual SIMフリースマホ

5月2日時点の価格は税込みでS8 Dual SIMモデル(SM-G950FD, 4GB/64GB)が109,800円、S8+(SM-G955FD, 4GB/64GB)が119,800円です。1日に入荷したらしく、もうすでに売り切れ始めているモデルもあります。



エクスパンシスのS8は100,600円・S8+は同型番で116,800円の関税別途になりますので、S8+はエクスパンシス(概算で12.2万円になるはず)よりイオシスのほうが安くて早く手に入るでしょう。イオシスの通販は送料一律500円なので、店鋪までの交通費と通販の利便性を考えてお店に行くか通販で頼むかを考えれば良いでしょう(まだ入荷数が少なく、店鋪の場合は在庫切れの可能性があるので要電話とのこと)。

型番の「SM-G955FD」はグローバル向けモデルなので、LTE対応バンドも豊富です。
B1(2100), B2(1900), B3(1800), B4(AWS), B5(850), B7(2600), B8(900), B12(700), B13(700),B17(700), B18(800), B19(800), B20(800), B25(1900), B26(800), B28(700),
B38(2600), B39(1900), B40(2300), B41(2500)
また、Galaxy S8シリーズには販売国によってスナドラ835版とExynos 8895モデルがあり、「G955FD」はExynosだそうですね。日本版がどちらになるのか情報を把握していませんけれど、過去にはスナドラ版よりもExynosモデルのほうがバッテリー消費・発熱が少ないとかなんとかあったはずです。

Galaxy S8/S8+はeBayで個人輸入をすればもうちょっと安くてにはいります。
発売日であった4月21日の時点で調べていたアメリカからの出荷品で、Galaxy S8+ G955F(シングルSIM版)が957.97ドル+送料23ドル→ 909.99ドル+22.99ドルへ値下げされています。ここ数日でちょっぴり円安方向に動いてしまったので為替的には不利な変動ですが、1ドル112円として約104,500円になります(この出品者のデュアルSIM版は918ドルで、今は売り切れています)。

個人輸入した場合と比べてイオシスの価格は1万円くらいしか変わりませんので、輸入手数料としては妥当な価格設定ですね。

まだGalaxy S8/S8+の国内正式発表はありません。ドコモの新料金プランである「プランシンプル」が5月24日からの受け付けになっていたので・・・早くて夏モデルの発売開始は5月下旬くらいでしょうか。

グローバル版は国内で使うと技適がないために電波法違反になりますが、ゴールデンウィークの海外旅行のお供に、イオシスで実機を見てくるのも良さそうですね。


by ke-onblog | 2017-05-02 19:34 | キャンペーン情報 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。